VA ANOTHER SIDE VA誌面で使われなかった特別カットやフルインタビューをWEBのみで限定公開中!

BIGMAMA

どんなエンターテインメントにも負けない
自信に満ちあふれたニューアルバム

前作『君想う、故に我在り』以降、ロック×クラシックのコンセプト作『Roclassick2』を挟み、BIGMAMAがニューアルバム『The Vanishing Bride』を完成!
バンドの衝動、ドラマ性、新機軸を加え、総攻撃をかけた傑作の誕生だ。

INTERVIEW

日本、いや世界のシーンで
BIGMAMAにしか作れない音楽で攻撃したくて

—— 本作は新しい要素も盛り込まれた、過去最高に表情豊かな作品ですね。

金井政人(Vo&G) ● ここまでキャリアを積み重ねて、ライヴでいかにオーディエンスを含めて自分たちも楽しめるか。それと、より自分たちにしか作れない音楽を作りたい。その2つの意味で攻撃的な部分を欲してました。メンバー5人がフィジカル的に仕上がっていると思うから、その熱量も楽曲に落とし込みたくて。その中で日本、いや世界のシーンでBIGMAMAにしか作れない音楽で攻撃したくて。

—— 安井さんはどうですか?

安井英人(B) ● マスタリングが終わって、全部通して聴いたんですけど、終了したのが深夜だったので寝ちゃうかなあと思ったけど、寝なかったです。飽きさせない音源ができました。

—— つまり、僕が寝なかったくらいいい音源ができたと(笑)。柿沼さんは?

柿沼広也(G&Vo) ● 前作はいろんな音を入れて、CDで聴いた時の世界観を追求した内容で。それからツアーやライヴを通して、伝えたかったものが伝わらないと思う場面もあって。今回はライヴで映えそうな曲が多いなと。

リアド偉武(Dr) ● 自分たちのルーツであるパンクやメロコアを活かしながら、ライヴでアグレッシブに演奏できる曲調に戻った部分はありますね。加えて、エンジニアさんもいままでと変えて、マニピュレーターさんにも手伝ってもらったので。自分たちの核は変えずに新しく響くような作品になったと思います。

東出真緒(Violin) ● いろんなことを吸収して、改めて作る一枚目みたいな印象ですね。初期衝動じゃないけど、芯にある強いものをストレートに伝えたくて。

—— 初期衝動という言葉が出てきましたが、確かにヘヴィな力強さが音に出てますよね。

金井 ● ライヴでも起承転結、喜怒哀楽、ストーリー、さまざまな表情を見せられるバンドだから、それぞれのベクトルで勝負できる曲を作ろうと。例えばシンガロングしたり、フィジカルに盛り上がれたり、その最上級を目指したくて。だから、今回はバラエティのなかでもさらに尖った部分を研ぎ澄まそうと。

—— 本当にBIGMAMAの今持てる武器を総動員した内容ですね。

金井 ● それはありますね。最後にできた「Why You Refrigerate Me?」は気を抜こうと思ったけど。

東出 ● あの曲があるからこそ、さらにこの作品に愛着が沸きます(笑)。

—— 今は『short films』(デビュー作)みたいな音源を作れないと思いますが、気持ち的に戻った感覚があると?

金井 ● メンタルはかなり近いと思います。

柿沼 ● 10年ぐらいバンドをやると、大人っぽい渋いプレイをするようになって。今も一線で活躍してるバンドは「オッ!」と思う瞬間が多いんですよ。そういう瞬間を多く作りたくて、『short films』のようなやっちゃえ感が出てると思います。

—— なるほど。1曲1曲聴き所が明白になってるし、よりバンドサウンドになったなと。

金井 ● メンバーの唯一無二なところを活かしたいし、各々が得意な武器やプレイを意識したんじゃないですかね。

東出 ● 近年稀なほど、曲はスムーズにできたんですよ。

—— そうなんですか?

東出 ● 本来のスケジュールより5日巻きぐらいで終わったから。サクサク録り進めることができました。それは自分のやりたいことが明確に見えていたのかなと。

柿沼 ● ほかのメンバーに対する理解も深まったから、一人ひとりの見せ場を作ってもバランスが崩れなくなった。そこが今までと大きな違いかもしれない。これまでは歌やメロディを引き立てるために、すごく徹していた部分もありましたからね。それを越えて、さらにその先の音を提示できたなと。

—— 本作はいい意味で金井君の歌声も一つの楽器として曲に溶け合ってるなと。

金井 ● 歌ものとして成り立ってる上で、さらに分離は良くなってると思います。それはレコーディングチームで心がけたことだし、建物で例えたら内装がすっきりしたイメージですね。

柿沼 ● 最近、建物に例えるのが多いよね?

金井 ● 吹き抜けの曲もあるしね(笑)。基本的に歌詞もそうだけど、教会にあるワンシチュエーションのイメージなんですよ。そのなかの土台、吹き抜け、広いスペースを曲でイメージしました。

—— そして、今回マニピュレーターを導入した理由は?

金井 ● 最初は気分転換ぐらいのノリだったんですよ。凝り固まったものを壊したい気持ちもあったし、自分たちの可能性を広げるためにも換気したいなと。「A KITE」、「Lovers in aSuitcase」、「ワンダーラスト」の3曲が先に仕上がった時に、聴いたことがない音楽を自分たちで作れた気がして。それはバンドを好きになって、音楽を好きになった瞬間と似てるんですよ。ロックバンドとしての屈強さに対して、(東出)真緒ちゃんのバイオリンや鍵盤があって、それに対してデジタルなスパイスが加わることで、新しい感触が生まれるかなと。マニピュレーターを入れることで、その3つのバランスが今回はうまく取れたし、世界中を見渡してもこういうアプローチはないでしょって。自分もビックリしたから、聴いた人もビックリするんじゃないかと。

聴いたことがない音楽を作れた気がして
音楽を好きになった瞬間と似てるんですよ

—— さきほど曲名が出た「ワンダーラスト」は、本作のなかでも特に異彩を放ってますね。

リアド ● この曲はドラムを叩かずに、最初に打ち込みでリズムを作って、最後にマニピュレーターさんに力強くしてもらいました。ここまで100%打ち込みで作った曲はなかったですからね。ただ、昔好きだったメロコアのビートも意識したんですよ。

金井 ● 僕のオーダーはいちばんヘンな曲を作ろうぜって。メロコアの向こう側に行こうって。

—— はははは、そうなんですか。

リアド ● あと、「Royalize」は『Roclassick2』の時に作った曲だけど、今までこういう曲は作ったことがなくて。この曲ができたことで、またバンドのアプローチが増えたんですよ。それで今回「Frozen Diamond~漂う宝石~」、「神様も言う通りに」と変拍子のリズムを使って、飽きさせないアプローチもできました。

金井 ● 変拍子でもキャッチーな曲は書けるんだなと。僕はもともと毛嫌いしてたんですよ。でも「Royalize」ができたことで、ほかのアイデアもたくさん出てきましたからね。

リアド ● 変拍子をやりたいというより、自然さのなかに違和感を出したくて。

柿沼 ● メロディを活かすアプローチとして新たな方法を得られたなと。そこに金井がメロディを当てられるようになったことが大きいですね。そうすると、またスピード感も上がるし、次のサビも活きますからね。

—— わかりました。本作のレコ発もとても楽しみにしてます!

金井 ● 今回はそれぞれがいい曲だから、音源を聴いた人がライヴのほうが凄かった!と思ってもらえたらいいですね。最終的にBIGMAMAのライヴに絶対行きたいと思わせたくて。今ならそれができると思うんですよ。映画やディズニーランドに行ったり、DVDを家で観る機会を越えて、お客さんはライヴに来てくれるわけじゃないですか。今はほかのどんなエンターテインメントにも負けたくないですね。

INTERVIEW & TEXT:RYOSUKE ARAKANE PHOTO:HIROHISA NAKANO PLACE:DAIKANYAMA T-SITE 代官山 蔦屋書店

PROFILE

金井政人(Vo&G)、柿沼広也(G&Vo)、安井英人(B)、リアド偉武(Dr)、東出真緒(Violin)による5人組ロックバンド。2001年結成し、メンバーチェンジを経て、2007年に現メンバーとなる。2006年に1stミニアルバム『short films』をリリース。今年2月、ニューアルバム『The Vanishing Bride』をリリースし、4月より全国ツアー“The Vanishing Bride Tour 2015 ~消えた花嫁を探せ!~”をスタートする。

HP:http://bigmama-web.com/

NEW RELEASE

The Vanishing Bride

  • NOW ON SALE
  • J-POP
  • J-ロック/パンク

初回生産限定盤(CD+DVD):
RX-100 ¥3,000(税抜)

※DVDには、「A KITE(Music Video)」、「ワンダーラスト(Music Video Other ver.)」、「A KITE(Making)」を収録

通常盤(CD):
RX-101 ¥2,800(税抜)

収録曲

  • 収録曲の記号はそれぞれ下記サービスの取扱商品を表しています。
    店販…店舗販売、店レ…店舗レンタル、宅レ…宅配レンタル、音ダ…音楽ダウンロード、通販…ネット通販
曲名 アーティスト名 再生時間 音楽配信
1. The Vanishing Bride BIGMAMA 00:00:00
2. Flameout BIGMAMA 00:00:00
3. Sweet Dreams(bittersweet) 00:00:00
4. A KITE BIGMAMA 00:00:00
5. Frozen Diamond~漂う宝石~ BIGMAMA 00:00:00
6. Swan Song BIGMAMA 00:00:00
7. ワンダーラスト BIGMAMA 00:00:00
8. Lovers in a Suitcase BIGMAMA 00:00:00
9. INVIS BIGMAMA 00:00:00
10. Royalize BIGMAMA 00:00:00
11. Theater of Mind BIGMAMA 00:00:00
12. Why You Refrigerate Me? BIGMAMA 00:00:00
13. alongside BIGMAMA 00:00:00
14. 神様も言う通りに BIGMAMA 00:00:00

全曲表示する

TSUTAYA 予約/購入特典

先着特典:クリアファイル

抽選特典:ツタロックフェス2015ご招待

日程:2015年3月10日(火)
場所:TSUTAYA O-EAST/O-WEST/O-nest/O-Crest 4会場同時開催
出演:BIGMAMA / 荒川ケンタウロス / 片平里菜 / GOOD ON THE REEL / クリープハイプ / 黒木渚 / でんぱ組.inc / 東京カランコロン / The fin. / the band apart / WHITE ASH and more...

【参加方法1】
TSUTAYA RECORDSの対象店舗にて、2月25日(水)発売のBIGMAMAニューアルバム『The Vanishing Bride』初回限定盤(RX-100)、もしくは通常盤(RX-101)をお買い上げの方にお渡しするアクセスカードから応募すると、抽選でBIGMAMAも出演する「ツタロックフェス2015」にご招待します。

  • 一部取り扱いのない店舗がございます。
  • アクセスカードは予約者優先、先着順でのお渡しとなります。

【参加方法2】
2月4日(水)レンタル開始したTSUTAYAレンタル限定ライヴCD『BIGMAMA presents“Milkahoric 2014”~スーツケースの恋人たち~2014/12/14 TOKYODOME CITY HALL』をTSUTAYAでレンタル頂いたお客様のなかから、抽選でBIGMAMAも出演する「ツタロックフェス2015」にご招待します。応募方法に関しては、応募サイトをご確認ください。

http://tsutaya.jp/trfes2015rcp/

LIVE INFO

The Vanishing Bride Tour 2015~消えた花嫁を探せ!~

【4月】
4日(土)横浜BAY HALL/11日(土)高崎 club FLEEZ/18日(土)岐阜 club-G/19日(日)松坂 M'AXA/28日(火)富山 MAIRO/29日(水・祝)福井 CHOP

【5月】
14日(木)奈良 NEVERLAND/16日(土)高松 MONSTER /17日(日)高知 X-pt./28日(木)神戸 VARIT./30日(土)長崎 DRUM Be-7/31日(日)熊本 B.9 V1

【6月】
11日(木)宇都宮 HEAVEN'S ROCK VJ-02/13日(土)青森 Quarter/14日(日)盛岡 CLUB CHANGE WAVE/20日(土)山口 LIVE rise SHUNAN/21日(日)米子AZTiC laughs/23日(火)京都 MUSE

【7月】
2日(木)水戸 LIGHT HOUSE/4日(土)山形 MUSIC SHOWA SES SION/5日(日)郡山 CLUB #9/11日(土)金沢 EIGHT HALL/12日(日)長野 club JUNK BOX /23日(木)浜松 窓枠/25日(土)大分 DRUM Be-0/26日(日)鹿児島 SR HALL 

【9月】
12日(土)・13日(日)札幌PENNY LANE 24/19日(土)仙台RENSA /20日(日)新潟LOTS/22日(火・祝)岡山CRAZYMAMA KINGDOM/23日(水・祝)広島CLUB QUATTRO/26日(土)福岡 DRUM LOGOS

【10月】
3日(土)名古屋ZEPP NAGOYA/4日(日)大阪ZEPP NAMBA OSAKA/10日(土)東京ZEPP TOKYO

The BestMAMA's Day 2015

5月10日(日)東京ZEPP TOKYO(母の日)

COVER ARTIST BACK NUMBER

その他の注目情報