VA ANOTHER SIDE VA誌面で使われなかった特別カットやフルインタビューをWEBのみで限定公開中!

絢香

“今がいちばん楽しい”と言える状況のなかで完成した3年ぶりのニューアルバム

NHK連続テレビ小説『花子とアン』の主題歌として話題となった「にじいろ」を含むニューアルバム『レインボーロード』が完成した。前作から約3年。音を楽しみ、挑戦を楽しんでいる絢香のポジティブなエネルギーが感じられる作品だ。

INTERVIEW

「にじいろ」が繋いでくれた出会いを大事にしたいという想いもあり、
『レインボーロード』というタイトルを付けることにしたんです

―― 3年前、復帰のタイミングでリリースされたアルバム『The beginning』は、活動休止中に絢香さんがとことん自分自身と向き合って作った作品でしたが、本作ではもっと外に向かってエネルギーを発しているような印象を受けました。

「たしかにあの『The beginning』には、端から端まで、自分のなかから溢れ出た想いが隙き間なく詰まっていました。あれはあれで、あの時にしか書けなかった曲ばかりだし、あの時にしか作れないアルバムだったから全てセルフプロデュースで作りきったんです。でも復帰してからの3年間、初めてのカヴァーアルバム『遊音倶楽部 ~1st grade~』を作ったりするなかで、いろんなところからたくさんの刺激を受け、感覚としてさらに自由になれたんですよ。“自分”というものがあればどんな曲を表現してもいいんじゃないか、音楽をもっと楽しむぞ! そういう感覚でひとつひとつの曲を作ってきたんです」

―― これまで以上に壁も垣根も取っ払って、チャレンジを楽しんでるように感じます。

「とにかく音楽をやってて楽しい、歌ってて楽しいという気持ちがどんどん増してるんですよ。“今がいちばん楽しい”と言える状況のなかで作ったアルバムなので、そんな自分の想いがたくさん出てるのかもしれないですね」

―― 今回のアルバムが出来上がってくる過程では、NHK連続テレビ小説『花子とアン』の主題歌として書き下ろされた「にじいろ」の存在も大きかったのでは?

「そうですね。昨年はその『にじいろ』という曲がきっかけで、幅広い世代の人に自分の音楽を届けることが出来ました。新たな人が私の音楽に出会ってくれたあの喜びはすごく大きなものだったので、今回、その『にじいろ』も収録されているこのアルバムを通して、“もっと絢香の音楽を聴いてみよう”とか“初めて絢香の歌、いいと思った”っていう人がひとりでも増えてくれたら、そんな幸せなことはないなと思っているんです。だからこそ、もっと自分の枠を飛び出そうとか、新しい発想もどんどん取り入れようっていう気持ちでいろんな曲を作って来たんですが、並べてみたら、そこには七色の、もしかしたら七色以上とも言えるようないろんな色があったんですよ。『にじいろ』という曲が繋いでくれた出会いを大事にしたいという想いもあり、今回はこのアルバムに『レインボーロード』というタイトルを付けることにしたんです」

―― サウンド面に限らず、1曲1曲のテーマも幅広いですよね。

「たとえば『Have fun!!』は、ライヴでみんな一緒に楽しめる曲。どっしりと重く意味のある楽曲を作るのも楽しいけど、こうやってシンプルに楽しめて、ライヴで育っていく曲も、アルバムというものにとっては大切なんだなとあらためて思った曲でもありました。『ずっとたいせつなキモチ』は、マネージャーが結婚する時にお祝いとして書きました。永遠の愛を誓う瞬間の空気とか、周りの人の想いとか、あの日に感じたことを自分自身も忘れないように。また、『ツヨク想う』は震災の翌年に『NEWS ZERO』のテーマソングとして書き下ろしたんですが、未来を信じる強い気持ち、その未来に向かってここから歩いていくんだという揺るぎない想いを込めています」

これからも一瞬一瞬を大事にして
その時にしか作れないものを残していきたいなと思っています

―― 「バースデーソング」は、子どもたちの可愛いコーラスも印象的でした。この曲は、妊娠していることがわかった後に書いたそうですね。

「せっかくお腹に子どもがいる時にリリースするアルバムなので、この特別な瞬間に、今感じていることを形に出来たらいいなと思って書いた曲なんです。新たな命が産まれて来るという意味でもあるし、この先、1年に1度の特別な日に、いろんな人が歌ってくれる曲になったらいいなという想いも込めて、シンプルな音と言葉で作ったんです。レコーディングは“せーの”でやったんですが、子どもたちのコーラスは、ブースのなかじゃなくてコントロールルームにマイクを立て、リラックスしたなかで録ったんですよ」

―― もうすぐお子さんも生まれるということで、絢香さん自身、楽曲に込める想いや歌の解釈というのも変わってきてるんじゃないでしょうか。たとえば資生堂マキアージュのCMでも使われていた「ちいさな足跡」も、作った当時とはまた違う感覚があるのでは?

「本当にそうなんですよね。書いた時は自分の子どもの頃を思い出したりしながらだったけど、今この曲を聴いたり歌ったりすると、お腹のなかにいる子どものことを考えるんです。歌詞に“初めての音”とか“初めての空”って言葉もありますが、いろんな初めてをひとつひとつクリアしながら大人になっていくんだろうなって、そういう感情も芽生えてきたりしているんですよね」

―― そういった優しい視点がある一方で、「No end」や「Lose control」では、スリリングな世界観を見事に表現した絢香さんのヴォーカルにゾクゾクしました。この2曲は、Tom Collekiyoさんという方が楽曲を提供されてますね。

「もともと、自分の原点は“歌”。“歌うこと”が大好きだというところから始まっているので、歌い手としていろんな曲を歌いたいというのは常にあったんですね。彼は音楽仲間の紹介で知り合った友人なんですが、自分には全くない世界観を持っていて、単純にカッコいい! 歌ってみたい!と思ったのがきっかけなんです。英語と日本語を織り交ぜての言葉遊びやメロディの持って行き方など、彼の曲には、洋楽をたくさん聴いて育ってきた私の好きなポイントがたくさん詰まっている。それに、“奇々怪々”なんて自分からは出てこないような言葉をどう表現しようか、声のトーンはどうしようかと考えるのもすごく楽しかったんですよね」

―― 歌い方などに関して、いつもはそんな風に考えないんですか?

「普段はあまり考えるタイプじゃないんですよね。書いた時の気持ちと、この曲に乗せたい気持ちと、歌詞…ってところでスッと出てくるものが、この曲の正解の歌い方なんだっていうスタイルなんです。でも今回は、現実とは違う世界に連れて行ってくれるような、このクレイジーな世界観をシンガーとして徹底的に突き詰めてみたかったので、すごく新鮮で楽しい作業になりました」

―― どの曲もそうですけど、今年秋から来年にかけて行われる全国ツアーでこのアルバムの曲を聴けるのがとても楽しみです。

「それこそいろんなサウンドが混ざった、音楽的にもすごく楽しんでもらえる中身になるなというのはすでに感じています。前回はピアノとギターと私の歌というアコースティック編成でしたが、今回はバンドでのツアー。私にとって大きな財産となった昨年のツアーをきっと超えるものになるし、そうするぞ! って気持ちで準備をしているところです。また、出産を終えて自分の歌がどういう風に変わってるか、私自身もそこで表現する“歌”が楽しみなんですよね」

―― 来年はデビュー10周年。ライヴでの歌だけでなく、お子さんが産まれてからの生活で感じることが、これから作る楽曲にも反映していくんでしょうね。

「結婚して、家族を持って、いろんなものが削ぎ落とされてきている気がするんです。生活も考え方もどんどんシンプルになってる。この先、自分の価値観がどんな風に変化していくかはわからないけど、これからも一瞬一瞬を大事にして、その時にしか作れないものを残していきたいなと思っています。子どもが産まれて、母親になって、家族が増えてっていう自分にしか書けない曲をどんどん残していきたいし、残していくんだろうなぁって思いますね。そして10周年を迎える来年も、もっともっと歌うことを楽しみたいと思っています」

INTERVIEW & TEXT:KUNIKO YAMADA
PHOTO:TAKASHI HIRANO

PROFILE

1987年生まれ。大阪府出身。2006年にシングル「I believe」でデビュー。2009年の『NHK紅白歌合戦』をもって活動休止後、2011年に自主レーベルを設立して活動再開を発表。2012年2月に復帰後第1弾となるアルバム『The beginning』をリリースした。

HP:http://room-ayaka.jp/

NEW RELEASE

レインボーロード

  • NOW ON SALE
  • J-POP

05.02 RENTAL
A stAtion

3CD:AKCO-90035~7 ¥3,600(税抜)

3CD+DVD:AKCO 90032~4/B ¥4,300(税抜)

CD:AKCO-90038 ¥3,000(税抜)

※DISC2~3は、“にじいろ Acoustic Live Tour 2014 ~3-STAR RAW~”LIVE音源を収録

収録曲

 試聴する

  • 収録曲の記号はそれぞれ下記サービスの取扱商品を表しています。
    店販…店舗販売、店レ…店舗レンタル、宅レ…宅配レンタル、音ダ…音楽ダウンロード、通販…ネット通販
曲名 アーティスト名 再生時間 音楽配信
1. number one 絢香 00:04:32
2. Have fun!! 絢香 00:04:01
3. ありがとうの輪 絢香 00:05:12
4. No end 絢香 00:02:48
5. ツヨク想う 絢香 00:04:55
6. beautiful 絢香 00:05:08
7. 幻想曲 絢香 00:04:57
8. Lose control 絢香 00:03:32
9. Through the ages (セルフカバー ver.) 絢香 00:05:48
10. ずっとたいせつなキモチ 絢香 00:05:05
11. ちいさな足跡 絢香 00:04:08
12. バースデーソング 絢香 00:02:56
13. にじいろ 絢香 00:03:44

全曲表示する

TOUR INFO

全国ツアー決定!

【2015年】
11月23日(月・祝)神奈川 秦野市文化会館
12月5日(土)・6日(日)愛知 名古屋国際会議場 センチュリーホール
12月19日(土)・20日(日)大阪 大阪城ホール
12月26日(土)東京 日本武道館

【2016年】
1月9日(土)・10日(日)福岡 福岡国際センター
1月16日(土)石川 金沢歌劇座
1月24日(日)長野 キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)
2月13日(土)宮城 ゼビオアリーナ仙台
2月27日(土)広島 広島グリーンアリーナ(広島県立総合体育館)

COVER ARTIST BACK NUMBER

その他の注目情報