1. TSUTAYAトップ
  2. 特集一覧
  3. Va net
  4. Va net - UNISON SQUARE GARDEN

VA ANOTHER SIDE VA誌面で使われなかった特別カットやフルインタビューをWEBのみで限定公開中!

UNISON SQUARE GARDEN

COLUMN

守り、信じ、実践してきた信念が歌と演奏でさらなる昇華を魅せた

通算6枚目となるUNISON SQUARE GARDENのニューアルバム『Dr.Izzy』を聴き、まずは驚いた。彼らの音楽に向かう姿勢や作品性がさらにエッジーになり、自身がバンドを続けているアイデンティティやアティテュードが全くブレず、且つこれまで以上に研ぎ澄まされたものだったからだ。

と言うのも、'15年には、初の武道館公演や地上波のゴールデンタイムの音楽番組への出演を果たした彼ら。得てしてそれら“ブレイクタイミング”を経たアーティストの多くは、さらなる広がりやポピュラリティを得るチャンスとばかりに、幅広い人が受け入れられやすい作風や音楽性へと向かいがちだ。そんな渦中でも、彼らはいたって唯我独尊。自身の音楽性を貫くどころか精度を高め、鋭度を上げ、独自性をますます際立たせた作品を我々に発してきた。

「一般的にはそうであれ、自分たちは自分たちの“これだ!!”と思える音楽を好きなようにやっているだけで。今もバンドをやる理由が変わってなかったんで、本作でも、ただそれを突き詰めただけです」(田淵智也/B)

収録曲毎に浮かんできたのは、これまで以上の彼らのイキイキとした演奏する姿。「これやっちゃおうぜ!」「ここでこれ入れちゃおう!」など、楽しそうなレコーディングや制作光景が楽曲毎に飛び込んでくる。

「僕たちの場合、バンドの成り立ち自体が、誰かに何かを伝えるということよりも、この3人で音楽をやる楽しさや、自分の好きな音楽をライヴで大きな音で鳴らせる楽しさからきてますから。それを“好きだ”と言ってくれる人たちがいて、好きなことをやっても許される環境。それらには非常に感謝してます。ますます伸び伸びやりながら、周りを巻き込んでいける、そんな確信をさらに強く持てた作品になりましたね、本作は」(斎藤宏介/ Vo&G)

本作は、そういう意味でのアーティストエゴが満載だ。

「エゴを前面に押し出したほうが、結果多くの人を楽しませられるんじゃないかと。自分が作りたいものを楽しく作り、結果それが人を巻き込んでいけることを理想に作り進めていきました。とにかく自由であること、それが自分にとって一番大事なことなので。それも自分たちに自信があるから出来たことだし。好き勝手やっても負けないし、いい作品が出来る自信のもと、作っていきました」(鈴木貴雄/Dr)

「好きなことをやる。出来ることしかやらない。そのスタンスを今回も徹底しただけですよ」(田淵)

これだけさまざまな要素を詰め込みながらも、非常に聴きやすくポップに仕上がっているのも、本作の特徴の一つだ。加えて、ライヴ感あふれる作風ながら、よく聴くと凄く丁寧に仕上げられている面も耳を惹く。

「どんなタイプの曲でも基本はポップでなくちゃなりませんから、僕らの場合。アグレッシヴなんだけど、けっして耳に痛いものにしたくなかったし。詰め込んではいるけど、詰め込み過ぎない、そのギリギリのところで仕上げました」(田淵)

「トゲをトゲとして認識してもらいつつの聴きやすさを、各所で考えながら自分なりのアプローチを試みました。本作はライヴ感よりもむしろ、キチンと考えて臨む構築感への意識のほうが強かったかも」(斎藤)

「3人のなかでの自分の役割が作品毎にドンドン確立してきた感があって。ドラムに関しては、今回も曲が良くなるようなプレイしか心がけてないです。そのなかで、引き算や足し算を繰り返していくうちに、“これだ!!”と見つかったものを結晶化させただけですね。加えて、全体であれ、一瞬であれ、美しいものにしたいとは本作でも思ってました」(鈴木)

やりたいことをやっていながらも、そのバランスの良さが、作品全体を非常に聴きやすくし、印象深いものへと昇華させている。歌詞にしても、これまで以上に何かしらのテーマ性を感じた。

「これまでで最も人生観が出てるかもしれません。使っている言葉は違えど、全体的に言いたいことは似通っているかも。1曲1曲にテーマはもたせてはいませんが、作品全体を俯瞰して見ると、自分でもそれを感じるところはあります」(田淵)

ますます自分たちを昇華させつつ、さらなるポピュラリティを獲得していく…。その難題の両立を本作からは強く感じる。全国44カ所のライヴツアーも、間もなく開始だ。

「ニューアルバムの曲もやりますが、単純にいつものUNISON SQUARE GARDENを見せに行こうかなと。12年間やっているバンドが、ライヴではいつもどんな感じなのか、それを是非感じに来てほしいですね」(田淵)

常に多くの人を取り込み、巻き込み続けてきた、そのポテンシャルと姿勢、かっこよさと凄さを、本作で、全国ツアーで、是非全身で感じ取ってほしい。

INTERVIEW&TEXT:KAZUHIRO “SCAO” IKEDA(LUCK'A Inc.) PHOTO:TAKASHI HIRANO

NEW RELEASE

Dr.Izzy

  • NOW ON SALE
  • J-POP
  • J-ロック/パンク

7.23 RENTAL
TOY'S FACTORY

初回限定盤(CD+2LIVE CD)
TFCC-86564 4,000円(税抜)

通常盤(CD)
TFCC-86565 2,800円(税抜)

収録曲

 試聴する

  • 収録曲の記号はそれぞれ下記サービスの取扱商品を表しています。
    店販…店舗販売、店レ…店舗レンタル、宅レ…宅配レンタル、音ダ…音楽ダウンロード、通販…ネット通販
曲名 アーティスト名 再生時間 音楽配信
1. エアリアルエイリアン UNISON SQUARE GARDEN 00:02:35
2. アトラクションがはじまる(they call it “NO.6”) UNISON SQUARE GARDEN 00:03:58
3. シュガーソングとビターステップ UNISON SQUARE GARDEN 00:04:13
4. マイノリティ・リポート(darling, I love you) UNISON SQUARE GARDEN 00:03:28
5. オトノバ中間試験 UNISON SQUARE GARDEN 00:04:51
6. マジョリティ・リポート(darling, I love you) UNISON SQUARE GARDEN 00:03:47
7. BUSTER DICE MISERY UNISON SQUARE GARDEN 00:03:47
8. パンデミックサドンデス UNISON SQUARE GARDEN 00:04:33
9. 8月、昼中の流れ星と飛行機雲 UNISON SQUARE GARDEN 00:04:31
10. フライデイノベルス UNISON SQUARE GARDEN 00:03:14
11. mix juiceのいうとおり UNISON SQUARE GARDEN 00:04:49
12. Cheap Cheap Endroll UNISON SQUARE GARDEN 00:02:14

全曲表示する

初回限定盤&通常盤初回生産分共通封入特典

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2016「Dr.Izzy」ライブチケット
CD購入者特別先行予約(抽選)シリアルナンバー

対象公演:2016年9月10日(土)新潟 新潟LOTS公演~2016年12月16日(金)千葉 市川市文化会館公演

TOUR INFO

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2016「Dr.Izzy」

7月15日(金)オリンパスホール八王子から12月16日(金)市川市文化会館まで、ホールとライヴハウスを織り交ぜた過去最長の全国40ヵ所44本!

PROFILE

透明感あふれつつトゲを持つ個性的なヴォーカルと、キャッチーなメロディラインが印象的な3ピースロックバンド。2004年7月結成。2008年7月「センチメンタルピリオド」でメジャーデビュー。2009年4月、1stフルアルバム『UNISON SQUARE GARDEN』をリリース。2015年には結成11年目にして日本武道館公演を大成功させた。

HP:http://unison-s-g.com/
※外部サイトへ遷移します。

COVER ARTIST BACK NUMBER

その他の注目情報