VA ANOTHER SIDE VA誌面で使われなかった特別カットやフルインタビューをWEBのみで限定公開中!

絢香

COLUMN

絢香にしか歌えない、心を揺さぶる名曲の数々を収めた究極のベスト

デビュー曲にしてJポップの歴史に残る名曲でもある「I believe」から10年…。その後に発表された数々の名曲も含め、彼女のすべてを網羅した究極のベスト、『THIS IS ME ~絢香 10th anniversary BEST~』がリリースされる。改めてこれまでの道のりを訊ねたら、ふと彼女は「本当に濃い10年間だった」と振り返ったが、まさにそんな月日が重ねられたからこそ、これだけの作品が残されたのだ。まずは彼女に、その“濃さ”について語ってもらった。

「デビューした後、自分の歌がみなさんのもとに届くという、そんな喜びを味わって、その充実感はとても大きいものだったんです。でも届けば届いたで、もっと新しい自分を見せなきゃって、ちょっと悩んだ時期もあった。その後、活動休止の時期もあって、でもそれらすべてを含め、“これが私なんだ”と今は言えるし、だから今回、ベストのタイトルを“THIS IS ME”にしたんですけどね」

アルバム内容を詳しくみていこう。『THIS IS ME ~絢香 10th anniversary BEST~』は、それぞれのCDが“Sun”“Moon”“Wind”と、3つのカテゴリーに分かれている。このあたり、どんな意図があったのだろうか。

「時間軸に沿って作品を並べていくのが通常のベストアルバムだと思うんですが、今回はそれだけではなく、“Sun”だったら天気のいい日に合いそうな曲だったり、“Moon”なら夜、静かに部屋で聴くのに似合いそうな曲…、そして“Wind”は、コラボや昨年のiTunes Sessionなど、まさに私にとって新たに吹いた“風”ですね。スタッフとも話し合って、今回はそんな3つに分けてみたんですが、みなさんそれぞれ、色々な楽しみ方をして頂けたらと思ってます。ただ、そうはしつつも各々は時間軸に沿って並んでますので、その時々の声や曲、アレンジの変化は感じ取っていただけると思いますけどね」

つまり縦軸(時間の流れ)と横軸(音楽性の幅)を同時に意識した、実に練られた構成というわけだ。でもここでは縦軸に注目し、彼女の言う“声や曲の変化”に注目しつつ、ご自身に振り返ってもらおう。

「最初はもう、深く考えることなく、その時の想いをそのまま歌にしてたんです。でも自分は“バラードの印象が強いのかな?”って思うと、その反対の、テンポのあるロックっぽい楽曲に挑戦してみたり、という時期もあって…。さらに社会に出て音楽の仕事を始めたからこそ感じたことも歌ってみたくなり、歌にメッセージ性が宿ったりもし始めましたね。あと、活動休止前にテレビなどでもよく歌わせていただいた『みんな空の下』では、こんなことも思いました。あの曲、最初は友だちに向けて書いたものだったんですけど、気づけば逆に、自分が自分の歌から勇気を貰ってたんです」

ここ最近のことはみなさんよくご存知だと思うが、あの「にじいろ」では、ぐっと聴き手の年齢層も広がって、ステージで歌うたびに、それを実感しているという。そしてもうひとつ、大きな話題が。初期の名曲「I believe」と「三日月」が、新たにレコーディングし直されたのだ。

「この2つの曲は、デビュー前の16歳の時に書いていて、初めてのヴォーカル録りを経験したのもこの時期でした。それを改めて聴いてみたら、今の私には出せない“強さ”を感じました。でも、今の自分が歌うバージョンも入れたくて、録り直してみたんです。アレンジも違ってて、オリジナルの匂いを残しつつも、そぎ落とせるものはそぎ落としたものになっていると思います。でも改めて、この2曲の“存在の大きさ”を感じましたね」

最後に彼女から、メッセージを。

「今は“ありがとう”という感謝の気持ちが大きいです。10年間作品を作ってこれたのは、受け取ってくれたファンの方々がいて、支えてくれたスタッフや家族がいてくれたお陰ですから。この10年があったからこそ今の私があるんだし、“今の私にしか歌えない歌”がある。でもここで終わりじゃなくて、ここから先の10年20年、自分がどんな音楽を届けていくのかというのも重要ですからね。今以上にいいものを作りたいし、もっともっと高みを目指したい。実は今回のベストアルバムには、『THIS IS ME』の他にも『Ambition』という新曲が入っていて、これからに向けての想いを歌ってます。自分が叶えたい夢とか目標は、たとえ叶えても、新たに出てくるものだろうから、常にトライを続けて行きたいですね。9月からはアリーナツアーが始まりますので、ぜひ楽しみにしていてください!」

来たるべきツアーでは、今回のベストからもたっぷり歌ってくれることだろう。そして同時に未来への架け橋となるような、そんなステージを期待したい。

INTERVIEW&TEXT:NOBUAKI ONUKI PHOTO:TAKASHI HIRANO

NEW RELEASE

THIS IS ME ~絢香 10th anniversary BEST~

  • NOW ON SALE
  • J-POP

7.30 RENTAL
AstAtion

初回生産限定盤(3CD+DVD)
AKCO-90042~4/B 3,500円(税抜)

通常盤(3CD)
AKCO-90045~7 3,000円(税抜)

収録曲

 試聴する

  • 収録曲の記号はそれぞれ下記サービスの取扱商品を表しています。
    店販…店舗販売、店レ…店舗レンタル、宅レ…宅配レンタル、音ダ…音楽ダウンロード、通販…ネット通販
曲名 アーティスト名 再生時間 音楽配信
1. I believe 絢香 00:04:57
2. Real voice 絢香 00:03:59
3. CLAP & LOVE 絢香 00:03:22
4. 夢を味方に 絢香 00:04:13
5. みんな空の下 絢香 00:04:56
6. Hello 絢香 00:05:36
7. やさしい蒼 絢香 00:05:01
8. ちいさな足跡 絢香 00:04:09
9. beautiful 絢香 00:05:09
10. ありがとうの輪 絢香 00:05:11
11. number one 絢香 00:04:32
12. Have fun!! 絢香 00:04:02
13. ずっとたいせつなキモチ 絢香 00:05:05
14. にじいろ 絢香 00:03:47
15. THIS IS ME 絢香 00:05:05

全曲表示する

TOUR INFO

絢香 10th Anniversary SUPER BEST TOUR

9月3日(土)・4日(日)日本ガイシホールから12月17日(土)・18日(日)大阪城ホールまで、全国8ヵ所13公演!

PROFILE

2006年にシングル「I believe」でデビューし、今年で10周年。9月から全国ツアー“絢香 10th Anniversary SUPER BEST TOUR”をスタートする。

HP:http://room-ayaka.jp/
※外部サイトへ遷移します。

COVER ARTIST BACK NUMBER

その他の注目情報