1. TSUTAYAトップ
  2. 特集一覧
  3. Va net
  4. Va net - THE YELLOW MONKEY

VA ANOTHER SIDE VA誌面で使われなかった特別カットやフルインタビューをWEBのみで限定公開中!

THE YELLOW MONKEY

COLUMN

ザ・イエロー・モンキーが16年ぶりに果たした、新しい旅、
それが新曲「砂の塔」

今年1月、16年ぶりの再集結を発表したザ・イエロー・モンキー。「何よりもここでこうしてることが奇跡だと思うんだ/もう一度 運命のタイマーを回して」というフレーズがあまりに印象的な新曲「ALRIGHT」を携えて、4人は堂々と復活ののろしを上げた。
全国アリーナツアーや夏フェスを成功させ、満を持して発表されるのが、新曲「砂の塔」だ。すでにニュースなどで伝えられた通り、話題のドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』の主題歌である。

「6月ぐらいにタイアップの話をいただいて。ああ、これが再集結後の第一弾シングルになるんだな、って。ツアーの真っ最中だったこともあって、はじめは僕がバンドの代表としてドラマ制作サイドの方々とお話をして、具体的なキャスティングや時間帯、ストーリーをおうかがいした上で、この際だからドラマに全部乗っかってみちゃおうかな、と。だからタイトルも『砂の塔』以外は考えられなかった」(吉井和哉)

ここまで先に「お題ありき」で楽曲を制作したのは、バンドにとっては初めての経験。しかもドラマ制作サイドからは、曲調やテンポ感に至るまでの具体的な要望もあったそうだが…。

「でも、ストレスはまったくなくて、やりがいがありましたよ。それに再集結後、初めてのシングルになるわけだから、力が入りすぎちゃっても、ね。もう『ALRIGHT』で決意表明したはした後だし、今回のタイアップは逆にチャンスだなって」(吉井)

イントロから豪奢なストリングスが光るこの曲、アレンジは日本の歌謡界を支えてきた作・編曲家の大御所・船山基紀氏。つまり、新曲はバンドとドラマスタッフ、船山氏と三位一体で完成した、これまでにない“大きなコラボレーション作品”なのである。

「確かに初めての作り方だったけど、楽曲もメンバーも信用しているから、まったく不安はなかったですね。だから自分のプレイも、メンバーや船山さんにすべてゆだねられた。やっぱりイエロー・モンキーの芯は何なのか、っていうことはみんながわかってるから」(菊地英二)

また、今回の「砂の塔」は、従来の濃厚なザ・イエロー・モンキー・ワールドとはまた違った、手かずを抑えた引き算の采配、そして鋭利でダークな魅力が光る。

「今回、リズム隊の音数は、意識的に少ないんだよね。いい意味で冷酷な感じ?サスペンスドラマのイメージには、ちょっと怖くて冷たい感じの手触りが合うかなと。いつもの俺たちみたいに暑苦しくもできたけど(笑)、シンプルなところにストリングスが切り込んでくる化学反応、そういうコラボレーションを今回は自分たちも期待してたから」(廣瀬洋一)

「個人的に船山さんの大ファンだから、自分たちの楽曲に、船山さんのアレンジが乗っかったときのうれしさといったら、もう!」(吉井)

「そう、完成形へのワクワク感がすごかったよね。今回はストリングスを際立たせるためにも、すべての楽器がしゃべりすぎないほうがいいかな、って。でもシンプルだからこそ、一音一音の重みも大きくなってくる。今回、ツアー中にレコーディングしたんですけど、久々のツアーで手応えを感じて、それがあったからこそ出せた音だったとも思う」(菊地英二)

抑制が利きながらも骨太なバンドサウンドと華やかなストリングスの融合。そして吉井の色香漂う歌声が、伏線がふんだんにちりばめられた妖しい詞世界を盛り上げる。

「あまりにも脚本を読み込みすぎて、ドラマの制作サイドからも『吉井さん、あまりネタバレしすぎないようにしてください』って言われちゃったんだけど(笑)、これまでにないぐらい緻密な伏線を巡らせることができたと思うし、ドラマの世界観に寄り添えたとは思うな」(吉井)

「今回は、音が詰まりすぎてないから、さらに聴く側の想像力も湧くと思うんですよね。考える余地を与えて楽曲を完成させるっていうのは、今回みんなが狙ってたところなんですよ」(菊地英昭)

「今後こういうコラボレーションや新境地は増えていくと思いますよ。この世界観をステージで再現できたら、さらにカッコいいしね。ツアーも含めて、イエロー・モンキーをやるってことは旅をするっていうことなんだけど、今回は新しい場所に旅ができたっていう感じがします」(吉井)

取材・文:結城雅美

NEW RELEASE

砂の塔

  • NOW ON SALE
  • J-POP
  • J-ロック/パンク

通常盤 10.19 RENTAL 初回限定盤 11.5 RENTAL
TYMS PROJECT

初回限定盤
COCA-17240 1,200円(税抜)

通常盤
COCA-17241 1,000円(税抜)

収録曲

 試聴する

  • 収録曲の記号はそれぞれ下記サービスの取扱商品を表しています。
    店販…店舗販売、店レ…店舗レンタル、宅レ…宅配レンタル、音ダ…音楽ダウンロード、通販…ネット通販
曲名 アーティスト名 再生時間 音楽配信
1. 砂の塔 THE YELLOW MONKEY 00:04:43
2. ALRIGHT THE YELLOW MONKEY 00:04:47
3. プライマル。 -東京・国立代々木競技場 第一体育館- (Bonus LIVE Tracks) THE YELLOW MONKEY 00:04:18
4. SPARK -長野・ビッグハット- (Bonus LIVE Tracks) THE YELLOW MONKEY 00:04:07
5. バラ色の日々 -広島・広島グリーンアリーナ- (Bonus LIVE Tracks) THE YELLOW MONKEY 00:05:04
6. BURN -宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ- (Bonus LIVE Tracks) THE YELLOW MONKEY 00:05:09
7. 楽園 -愛知・日本ガイシホール- (Bonus LIVE Tracks) THE YELLOW MONKEY 00:04:37
8. WELCOME TO MY DOGHOUSE -大阪・大阪城ホール- (Bonus LIVE Tracks) THE YELLOW MONKEY 00:05:37
9. 花吹雪 -埼玉・さいたまスーパーアリーナ- (Bonus LIVE Tracks) THE YELLOW MONKEY 00:04:42
10. BRILLIANT WORLD -福岡・マリンメッセ福岡- (Bonus LIVE Tracks) THE YELLOW MONKEY 00:04:19
11. 球根 -兵庫・神戸ワールド記念ホール- (Bonus LIVE Tracks) THE YELLOW MONKEY 00:10:37
12. TVのシンガー -神奈川・横浜アリーナ- (Bonus LIVE Tracks) THE YELLOW MONKEY 00:04:13
13. パール -福島・あづま総合体育館- (Bonus LIVE Tracks) THE YELLOW MONKEY 00:03:39
14. カナリヤ -北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ- (Bonus LIVE Tracks) THE YELLOW MONKEY 00:04:14

全曲表示する

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SAITAMA SUPER ARENA 2016.7.10-

  • NOW ON SALE
  • J-POP

TYMS PROJECT

Blu-ray
COXA-1143 6,800円(税抜)

DVD
COBA-6924~5 5,800円(税抜)

収録曲

  • 収録曲の記号はそれぞれ下記サービスの取扱商品を表しています。
    店販…店舗販売、店レ…店舗レンタル、宅レ…宅配レンタル、音ダ…音楽ダウンロード、通販…ネット通販

収録曲データがありません

TSUTAYA 予約/購入特典

「砂の塔」先着特典
オリジナルクリアチケットホルダー

「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SAITAMA SUPER ARENA 2016.7.10-」先着特典
オリジナルステッカーシート

LIVE INFO

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SUBJECTIVE LATE SHOW-

【11月】12日(土)松戸森のホール21/15日(火)秋田県民会館/18日(金)静岡市民文化会館 大ホール/19日(土)コラニー文化ホール 大ホール/21日(月)ベイシア文化ホール 大ホール/24日(木)岩手県民会館 大ホール/25日(金)リンクステーションホール青森(青森市文化会館)/28日(月)ロームシアター京都 メインホール/30日(水)本多の森ホール

【12月】2日(金)新潟県民会館/7日(水)オーバード・ホール/9日(金)長崎ブリックホール 大ホール/10日(土)iichikoグランシアタ/12日(月)鹿児島市民文化ホール 第1ホール/14日(水)ひめぎんホール メインホール/18日(日)倉敷市民会館

THE YELLOW MONKEY SUPER メカラ ウロコ・27

12月28日(水)日本武道館

HP:http://theyellowmonkey.jp
※外部サイトへ遷移します。

COVER ARTIST BACK NUMBER

その他の注目情報