1. TSUTAYAトップ
  2. 特集一覧
  3. Va net
  4. Va net - 久保田利伸

VA ANOTHER SIDE VA誌面で使われなかった特別カットやフルインタビューをWEBのみで限定公開中!

久保田利伸

COLUMN

豪華アーティストが大集結した
驚きのコラボ曲を一挙収録!

今年6月でデビュー30周年を迎えた、日本が世界に誇るファンキーマン。久保田利伸は、いくつもの魅力的な顔を持つ男だ。'96年のミリオンヒット「LA・LA・LA LOVE SONG」をはじめ、ポップなヒットメイカーの顔。数多くのアーティストにカヴァーされスタンダード化した「Missing」など、優れたメロディメイカーの顔。筋金入りのブラックミュージックマニアとして、日本人離れしたファンクのフィーリングを追求する探究者としての顔。そのすべてをバランスよくまとめた作品がリリースされる。それが初のコラボレーションベストアルバム『THE BADDEST~Collaboration~』だ。

DISC1は、ラッパーのKREVAとの共作「M☆A☆G☆I☆C」で幕を開ける。'07年のヒットチューンだが、まったく古びていない。2曲目、ナオミ・キャンベルのコーラスをフィーチャーした「LA・LA・LA LOVE SONG」は、20年前の曲だというのにこのみずみずしさ。どの曲にも、エバーグリーンの魔法がかけられている。

このディスクは、日本のトップ女性ヴォーカリストをフィーチャーしていることでも聴き応えがある。MISIAを迎えた「FLYING EASY LOVING CRAZY」、JUJUとデュエットする「Is it over?」、小泉今日子のポエトリーリーディングをあしらった「Moondust」、女優・飯島直子のパフォーマンスを収録した「Messengers' Rhyme ~Rakushow, it's your Show!~」など。女性たちをエスコートする久保田利伸の歌は、どれもジェントルでパワフルだ。

男性陣も負けちゃいない。EXILE ATSUSHIと共演したバラード「Golden Smile feat. EXILE ATSUSHI」、ラッパーのWISEとSpontaniaのTarantulaをフィーチャーしたヒップホップチューン「Keep it Rock」は、同じ音楽というフィールドで遊ぶ少年のような親密なノリが伝わる。そして楽器演奏に興味のあるリスナーには、メイシオ・パーカーのサックスがうなる「POLE POLE TAXI」、ジョージ・クリントンとブーツィー・コリンズを迎えた「MIXED NUTS」、トゥーツ・シールマンズのハーモニカが聴ける「Love under the moon」と、超大物たちの名前に驚きを隠せないはず。これを日本人アーティストがやってのけたのは、前人未到の快挙と言うしかない。

DISC2は英語編。1曲目「Never Turn Back」で、ディープなヒップホップトラックに乗せて粘っこいラップを聴かせるのは、フージーズのプラズ。続く「Funk It Up」は、久保田利伸の'95年の全米デビュー作で、ファンキーなギターの主はナイル・ロジャース。「LIVING FOR TODAY」でラップするモス・デフは、全米トップ10アルバムを2作持つラップスター。久保田いわく「遊び場で出くわすことも多く、実にノリの合う男」という交友関係が、楽曲により親しみを与えているのは間違いない。

ほかにも、日本にもファンの多いヒップホップバンド、ザ・ルーツを迎えたり、ア・トライブ・コールド・クエストやトニー・トニー・トニーのメンバーたちと共演したり、アンジー・ストーンやキャロン・ウィーラーといった女性シンガーとデュエットしたり。日本で作られるサウンドとは異なる音質やグルーヴを、たっぷりと堪能できる。

初登場となる新曲2曲も、いずれ劣らぬ魅力的な曲だ。「Soul 2 Soul feat.AI」は、心地よくバウンシーなビートに乗せ、AIのパワフルなヴォーカルが輝くハッピーチューン。「SUKIYAKI ~Ue wo muite arukou~」は、久保田が“10年にひとりの天才シンガー”と絶賛するミュージック・ソウルチャイルドのセクシーなボイスと久保田の包容力あふれる歌が聴けるバラード。原曲はあの「上を向いて歩こう」だ。

ひとことで言えば“ジャパニーズ・ファンクの逆輸出”といった感じだろうか。洋楽と日本のポップスが絶妙に融合したサウンドで、世界を股にかけて活躍する雄姿は、そのまま久保田利伸の30年の軌跡と重なりあう。世代を超え多くの人に、この色褪せない曲たちが届くことを願ってやまない。

TEXT:HIDEO MIYAMOTO

NEW RELEASE

12.10 RENTAL
SME Records

初回生産限定盤(2CD+DVD)
SECL-2092~4 3,889円(税抜)

通常盤(2CD)
SECL-2095~6 3,333円(税抜)

収録曲

 試聴する

  • 収録曲の記号はそれぞれ下記サービスの取扱商品を表しています。
    店販…店舗販売、店レ…店舗レンタル、宅レ…宅配レンタル、音ダ…音楽ダウンロード、通販…ネット通販
曲名 アーティスト名 再生時間 音楽配信
1. M☆A☆G☆I☆C KUBOTA meets KREVA 00:04:53
2. LA・LA・LA LOVE SONG 久保田 利伸 with NAOMI CAMPBELL 00:04:47
3. 無常 (feat.Mos Def) モス・デフ 00:05:36
4. FLYING EASY LOVING CRAZY TOSHINOBU KUBOTA feat. MISIA 00:05:24
5. Let’s Get A Groove ~Yo! Hips~ 久保田利伸 00:05:27
6. MIXED NUTS 久保田 利伸 00:04:33
7. Soul 2 Soul feat.AI AI 00:04:43
8. POLE POLE TAXI (feat.Maceo Parker) メイシオ・パーカー 00:04:02
9. Golden Smile feat.EXILE ATSUSHI 久保田利伸 00:05:12
10. Is it over? 久保田 利伸 00:03:40
11. Keep it Rock (feat.WISE,Tarantula from Spontania) WISE 00:04:13
12. a Love Story (KUBOSSA ver.) 久保田 利伸 00:04:39
13. Moondust 久保田利伸 00:04:37
14. Keep Holding U SunMin thanX Kubota 00:05:59
15. Messengers’ Rhyme ~Rakushow,it’s your Show!~ 久保田利伸 00:04:18
16. Love under the moon 久保田 利伸 00:06:14

全曲表示する

PROFILE

7月24日生まれ、静岡県出身。1986年にシングル「失意のダウンタウン」でデビュー。1988年のアルバム『Such A Funky Thang!』がミリオンヒットとなり、ブラックミュージックに根差した新しいポップスのスタイルを確立する。1995年に全米デビュー、日本では翌年に「LA・LA・LA LOVE SONG」が大ヒット。2000年以降もライヴ、リリース、楽曲提供など精力的に活動を続けている。

HP:http://www.sonymusic.co.jp/kubota/
※外部サイトへ遷移します。

COVER ARTIST BACK NUMBER

その他の注目情報