1. TSUTAYAトップ
  2. 特集一覧
  3. Va net
  4. Va net - ブルーノ・マーズ

VA ANOTHER SIDE VA誌面で使われなかった特別カットやフルインタビューをWEBのみで限定公開中!

ブルーノ・マーズ

COLUMN

“音楽界の至宝”が満を持して贈る、
ゴージャスでラグジュアリーな傑作3rdアルバム!

客演参加したマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク」が全米14週1位という2010年代の最長1位記録を樹立(2015年全米年間チャートでも堂々の1位)し、遂には史上10曲目のダイアモンドセールス(1,000万!)を記録、今年の第58回グラミー賞では『最優秀レコード賞』を受賞、第50回という節目の大会となったNFLスーパーボウルのハーフタイムショウではコールドプレイ&ビヨンセと競演、圧巻のパフォーマンスで史上最高視聴率を叩き出すなど、前作『アンオーソドックス・ジュークボックス』リリースから4年が経過しようかという今年に入っても大躍進を続けていたブルーノ・マーズ。新作を待つファンを焦らしまくっていた彼が、10月に入り突如として新作リリースを発表。10月7日、遂に新曲「24K・マジック」が配信され同時にアルバムの先行予約もスタート。3作目にして初めて本人が登場するジャケット写真とともに新作が全9曲収録であることが明らかに。

「(制作期間は)1年以上、1年半だね。スタジオにこもって、新しい曲を書いては、書き直してた。どの曲も多分50回以上は書き直してるよ」とブルーノが語るとおり、満を持して世に送り出す新作は、『24K・マジック』というタイトルが示唆するゴージャスでラグジュアリーなナンバーが詰まった宝石箱のような作品だ。

「僕の1stシングルと呼んでもいいけど、僕はこの曲をパーティへの招待状と呼ぶよ」とブルーノが宣言する、表題曲で1stシングルの「24K・マジック」は、出だしから往年のファンクバンド、ザップ/ロジャーを彷彿とさせる“トーク・ボックス”が炸裂する、「アップタウン・ファンク」をパワーアップしたような超ドファンキーなナンバーだし、本国ではTV番組『サタデー・ナイト・ライヴ』出演時に演奏したメロウなミディアム「チャンキー」や、ブルーノがラジオ番組で語っていたベイビーフェイスの参加(!)など、徐々に明らかになる内容は、「プリンス、ザ・タイム、ジェームス・ブラウン、90'sヒップホップ、DJクイック、僕はそういった音楽を聴きながら育ち、そういった音楽が大好きだった」という彼が80年代~90年代の音楽にあった煌びやかなグルーヴを自らのメロディセンスで現代に結実させた、まさに奇跡と言えるものだ。現にシングル「24K・マジック」は10月27日付全米シングルチャートで5位初登場というブルーノ自身最高のスタートダッシュを見せており、この男の快進撃は止まりそうにない。

INTERVIEW&TEXT:MAKOTO MAJIMA(Digitall LLC)PHOTO:Kai Z Feng

NEW RELEASE

24K・マジック

  • NOW ON SALE
  • R&B/ソウル

NOW ON SALE
ワーナーミュージック・ジャパン

WPCR-17559 ¥1,980(税抜)

収録曲

 試聴する

  • 収録曲の記号はそれぞれ下記サービスの取扱商品を表しています。
    店販…店舗販売、店レ…店舗レンタル、宅レ…宅配レンタル、音ダ…音楽ダウンロード、通販…ネット通販
曲名 アーティスト名 再生時間 音楽配信
1. 24K Magic Bruno Mars 楽曲詳細
2. Chunky Bruno Mars 楽曲詳細
3. Perm Bruno Mars 楽曲詳細
4. That’s What I Like Bruno Mars 楽曲詳細
5. Versace On The Floor Bruno Mars 楽曲詳細
6. Straight Up & Down Bruno Mars 楽曲詳細
7. Calling All My Lovelies Bruno Mars 楽曲詳細
8. Finesse Bruno Mars 楽曲詳細
9. Too Good To Say Goodbye Bruno Mars 楽曲詳細

TSUTAYA 予約/購入特典(抽選)

ブルーノ・マーズ特製
「トゥエンティーフォー・カラット・マジック」キャップ 30名様
※抽選特典の詳細は対象商品をお買い上げの際に先着でお渡しする応募ハガキをご覧ください。

PROFILE

プロデューサー・チームのザ・スミージントンズとして活動をスタートしたブルーノ・マーズは、フロー・ライダー「ライト・ラウンド」などで一躍注目を浴び、その後、客演、ソロでシンガーとしても大活躍。2011年、2012年のグラミー賞では、2年連続で6部門にノミネートされる快挙を達成。和み系の美メロと爽やかな美声で世界を席巻し、“世界No.1メロディ・メイカー”として不動の地位を確立しつつある。

HP:http://wmg.jp/brunomars/
※外部サイトへ遷移します。

COVER ARTIST BACK NUMBER

その他の注目情報