VA ANOTHER SIDE VA誌面で使われなかった特別カットやフルインタビューをWEBのみで限定公開中!

back number

COLUMN

切なくも力強いラブソングが満載された
back number初のベスト盤『アンコール』

back numberから初のベストアルバム『アンコール』(2枚組・全32曲収録)が届けられた。メジャーデビュー曲「はなびら」、ロングセラーシングルとなった「花束」、ウィンターバラードの名曲「クリスマスソング」、最新シングル「ハッピーエンド」などのシングルに加え、5作のアルバムから選りすぐられた楽曲、さらにインディーズ時代の楽曲などを収録。back numberの魅力と軌跡がしっかりと刻まれたベストアルバムに仕上がっている。

「選曲はメンバー、スタッフと話しながら決めたんですけど、みんながいい意味でエゴを出してきて(笑)、泣く泣く外した曲もありました。シングル集にしなかったのは、自分たちの深い部分を知ってほしかったから。曲順にもすごく気を使いましたね」(清水依与吏/Vo&G)

「僕は『アップルパイ』を推したんです。今年のツアー(back number tour 2016“ミラーボールとシャンデリア”)のアンコールでやってたんですけど、タイトルを言うだけで会場が盛り上がって。僕自身もすごく好きな曲ですね」(栗原寿/Dr)

「『エンディング』もぜひ入れたかったんですよ。もともとはシングルにしようと思っていた曲なんですけど、タイアップの関係で『青い春』がシングルになって。アルバム(3rd『blues』)には収録されたんですが、もっと聴いてもらいたい曲なので」(小島和也/B)

「ヒロイン」(『JR SKISKI』CMソング)、「クリスマスソング」(フジテレビ系月曜9時ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』主題歌)、「ハッピーエンド」(映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』主題歌)など、CM、ドラマ、映画のタイアップソングも多数収録。様々なメディア、エンターテインメントとコラボレーションすることで、優れた楽曲を提示し続けていることもback numberの強みだろう。

「2012年に『日曜日』が初めてドラマ(TBS系ドラマ『スープカレー』)の主題歌になって、その後の『青い春』もドラマ(フジテレビ系土ドラ『高校入試』)の主題歌に起用していただいて。“ドラマで流れてたよ”という声もよく聞いたし、CDを作ってライヴをやるだけでは届かなかった人たちも、自分たちの楽曲を耳にしてくれる機会が増えたのかなと」(栗原)

「ドラマやCMのスタッフの方も他人ではないし、『こうしてほしいんですよね』と言われれば、その意見もしっかり聞き入れようと思うんですよ。自分がそういうタイプで良かったなって思います。もともと自分たちはスーパー優れているわけではないし、周りの人たちとの会話だったり、いろんなものを得ながら曲を作ってきた感じもするので」(清水)

初回限定盤に付いている映像作品も充実。初回盤Aには2016年6月19日に行われた幕張メッセ国際展示場でのライヴを完全収録。また初回限定盤Bにはミュージッククリップ集、そして、島田昌典がリアレンジした「花束」、小林武史がリアレンジした「クリスマスソング」のスタジオライヴの映像も収められている。

「島田さん、小林さんにプロデュースしてもらった曲をご本人にリアレンジしてもらうって、ホントにすごいことですよね。いままで自分たちがライヴでやってきた「花束」「クリスマスソング」に比べると、楽曲のやわらかい部分が前に出ていると思います」(清水)

「ずっとライヴでやってる曲なのに、また違うんですよね。僕らも新たな気持ちでアプローチ出来ました」(小島)

2017年2月からは全国アリーナツアー「back number“All Our Yesterdays Tour 2017”」がスタート。ベストアルバム『アンコール』を引っ提げて開催されるこのツアーは、back numberのキャリアにおける最初の集大成となりそうだ。

「自分のなかでは『ハッピーエンド』が書けたことがすごく大きいんですよね。ベストに『ハッピーエンド』が入っていることで“新譜感”もあるし、ツアーにもいいテンションで臨めると思います」(清水)

「初めて行ける場所も多いし、楽しみですね。昔からお世話になっている地方のイベンターさんに「いつかここでやろう」って言ってもらっていた会場もあるから、そこでライヴがやれるのは本当に嬉しくて」(小島)

「基本的に2daysだし、ツアー自体も長くて。最後まで健康でやれるように気を付けたいと思います。今年のツアーで得たものを踏まえて、いいカタチでつなげていきたいですね」(栗原)

TEXT:TOMOYUKI MORI PHOTO:TAKASHI HIRANO

NEW RELEASE

アンコール

  • NOW ON SALE
  • J-POP

2017.1.14 RENTAL
ユニバーサル ミュージック

初回限定盤A
Blu-ray ver.(2CD+BD+ライブフォトブック):
UMCK-9885 7,800(税抜)
DVD ver.(2CD+2DVD+ライブフォトブック):
UMCK-9886 6,800(税抜)
●【初回限定盤A Blu-ray/DVD】
■MIRRORBALL and CHANDELIER@幕張メッセ国際展示場9.10.11ホール(2016.6.19)
Liar/泡と羊/青い春/SISTER/わたがし/僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい/いつか忘れてしまっても/思い出せなくなるその日まで/君がドアを閉めた後/サイレン/ミラーボールとシンデレラ/MOTTO/半透明人間/助演女優症2/東京の夕焼け/ヒロイン/クリスマスソング/僕の名前を/Hey!Brother!/高嶺の花子さん/スーパースターになったら《ENCORE》アップルパイ/手紙/そのドレスちょっと待った
■making of back number tour 2016 MIRRORBALL and CHANDELIER

初回限定盤B
Blu-ray ver.(2CD+BD):
UMCK-9887 6,500(税抜)
DVD ver.(2CD+DVD):
UMCK-9888 5,500(税抜)
●【初回限定盤B Blu-ray/DVD】
■music video clip
春を歌にして/西藤公園/stay with me/はなびら/花束/思い出せなくなるその日まで/恋/日曜日/わたがし/青い春/エンディング/高嶺の花子さん/fish/繋いだ手から/ヒロイン/SISTER/手紙/クリスマスソング/サイレン/僕の名前を/黒い猫の歌/ハッピーエンド

■bonus video track
「花束 studio live ver.」produced&rearranged by 島田昌典
「クリスマスソングstudio live ver.」produced&rearranged by 小林武史
back numberと秦 基博と小林武史「reunion」short film

通常盤(2CD):UMCK-1560 3,500(税抜)

収録曲

 試聴する

  • 収録曲の記号はそれぞれ下記サービスの取扱商品を表しています。
    店販…店舗販売、店レ…店舗レンタル、宅レ…宅配レンタル、音ダ…音楽ダウンロード、通販…ネット通販
曲名 アーティスト名 再生時間 音楽配信
1. 高嶺の花子さん back number 00:04:56
2. 花束 back number 00:04:48
3. ハッピーエンド back number 00:05:16
4. クリスマスソング back number 00:05:42
5. はなびら back number 00:04:41
6. 黒い猫の歌 back number 00:04:12
7. fish back number 00:05:25
8. 君がドアを閉めた後 back number 00:04:00
9. 青い春 back number 00:03:57
10. 光の街 back number 00:04:32
11. stay with me back number 00:05:00
12. MOTTO back number 00:03:04
13. 恋 back number 00:04:15
14. 世田谷ラブストーリー back number 00:04:40
15. 半透明人間 back number 00:03:10
16. 日曜日 back number 00:03:45

全曲表示する

TOUR INFO

back number
“All Our Yesterdays Tour 2017”

2017年2月25日(土)幕張メッセ 幕張イベントホール
2017年2月26日(日)幕張メッセ 幕張イベントホール
2017年3月3日(金)大阪城ホール
2017年3月4日(土)大阪城ホール
2017年3月11日(土)サンドーム福井
2017年3月12日(日)サンドーム福井
2017年3月18日(土)宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
2017年3月19日(日)宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
2017年4月1日(土)愛媛県武道館
2017年4月2日(日)愛媛県武道館
2017年4月8日(土)横浜アリーナ
2017年4月9日(日)横浜アリーナ
2017年4月15日(土)神戸ワールド記念ホール
2017年4月16日(日)神戸ワールド記念ホール
2017年4月22日(土)マリンメッセ福岡

2017年4月23日(日)マリンメッセ福岡
2017年4月29日(土)朱鷺メッセ:新潟コンベンションセン ター
2017年4月30日(日)朱鷺メッセ:新潟コンベンションセン ター
2017年5月5日(金)静岡エコパアリーナ
2017年5月6日(土)静岡エコパアリーナ
2017年5月12日(金)北海道立総合体育センター北海きた えーる
2017年5月13日(土)北海道立総合体育センター北海きた えーる
2017年5月17日(水)日本ガイシホール
2017年5月18日(木)日本ガイシホール
2017年5月27日(土)広島グリーンアリーナ
2017年5月28日(日)広島グリーンアリーナ
2017年6月3日(土)さいたまスーパーアリーナ
2017年6月4日(日)さいたまスーパーアリーナ
2017年6月10日(土)沖縄コンベンションセンター展示棟
2017年6月11日(日)沖縄コンベンションセンター展示棟

PROFILE

清水依与吏(Vo&G)、小島和也(B)、栗原寿(Dr)の3人組。2004年に結成し、2007年に現在のメンバーに。2009年2月にリリースした1stミニアルバム『逃した魚』で注目を浴び、2011年4月にシングル「はなびら」でメジャーデビュー。「花束」「クリスマスソング」などの名曲を次々と発表する一方で、精力的なライヴ活動を行い大きな支持を得ている。2016年年末には、初のベスト盤『アンコール』をリリースする。

HP:http://www.universal-music.co.jp/backnumber/
※外部サイトへ遷移します。

COVER ARTIST BACK NUMBER

その他の注目情報