TOPへ - 音楽まとめツタプレ

TSUTAYAの音楽好きによる、音楽まとめサイト

映画「トレインスポッティング」で学ぶUKロック(アメリカ人もいます)

筆者が1996年に渋谷シネマライズで観て、多大な衝撃を受けた、 当時のミニシアターブームの代表格とも言える映画「トレインスポッティング」のサントラは、 UKロックの入門にも最適です。20年近く経ちつつある今こそ再評価の時期! (かつもと)

サウンドトラック ロック/ポップス 90年代 グラムロック サントラ ブリットポップ UKロック 映画×音楽 洋ロック 洋楽

view

全て再生

Iggy Pop - Lust For Life

いきなり、イギー・ポップはアメリカ人なのでUKじゃないのですが、イギリスを代表するロックスター、デビッド・ボウイのプロデュースによる、ソロ2作目1977年リリースアルバムより。「トレスポ」のイメージを決定付ける、映画史でも最高峰の素晴らしいオープニングシーンを彩る、この映画の代名詞ともいえる曲。

ラスト・フォー・ライフ

ラスト・フォー・ライフ イギー・ポップ

  1. ラスト・フォー・ライフ試聴
  2. シックスティーン試聴
  3. サム・ウィアード・シン試聴
  4. ザ・パッセンジャー試聴
  5. トゥナイト試聴
  6. サクセス試聴
  7. ターン・ブルー試聴
  8. ネイバーフッド・スレット試聴
  9. フォール・イン・ラヴ・ウィズ・ミー試聴

Primal Scream - Trainspotting

筆者が愛してやまないロックバンド、プライマルスクリームがこの映画のために書き下ろした、タイトルそのままの楽曲です。ダブサウンドに傾倒していた時期のプライマルの、ボーカルなし完全インストゥルメンタル曲。ルーツはパンクバンドでありながら、こういう表現のできたこの時代のプライマルのカッコよさ。

バニシング・ポイント

バニシング・ポイント プライマル・スクリーム

  1. Burning Wheel試聴
  2. Get Duffy試聴
  3. Kowalsky試聴
  4. Star試聴
  5. If They Move,Kill`em試聴
  6. Out Of The Void試聴
  7. Stuka試聴
  8. Medication試聴
  9. Motorhead試聴
  10. Trainspotting試聴
  11. Long Life試聴
  12. Jesus試聴

New Order - Temptation

80年代以降のUKロックを代表する大御所ニューオーダー。恥ずかしながら筆者は当時、トレスポのサントラを通じてニューオーダーを知り、大好きになった経緯があります。
ニューオーダーの前身バンド、ジョイディヴィジョンも要チェック!(関連作として映画「コントロール(2007年作)」や「24アワーパーティーピープル」もおすすめです!!)

サブスタンス

サブスタンス ニュー・オーダー

    Disc1
  1. セレモニー試聴
  2. エヴリシングス・ゴーン・グリーン試聴
  3. テンプテイション試聴
  4. ブルー・マンデイ試聴
  5. コンフュージョン試聴
  6. シーヴス・ライク・アス試聴
  7. パーフェクト・キス試聴
  8. サブカルチャー試聴
  9. シェルショック試聴
  10. ステイト・オブ・ザ・ネイション試聴
  11. ビザール・ラヴ・トライアングル試聴
  12. トゥルー・フェイス試聴
  13. Disc2
  14. イン・ア・ロンリー・プレイス試聴
  15. プロセッション試聴
  16. メッシュ試聴
  17. ハート試聴
  18. ザ・ビーチ試聴
  19. コンフューズド(インストゥルメンタル)試聴
  20. ロンサム・トゥナイト試聴
  21. マーダー試聴
  22. シーヴス・ライク・アス(インストゥルメンタル)試聴
  23. キッス・オブ・デス試聴
  24. シェイム・オブ・ザ・ネイション試聴
  25. 1963試聴

Lou Reed - Perfect Day

ルー・リードもアメリカ人ですが、イギー・ポップ同様、デヴィッド・ボウイがイギリスのロックシーンを通じてメジャーな存在にしたアーティストですね。トレスポの劇中でも象徴的なシーンで扱われる本曲、なんとも言えない儚い雰囲気が素晴らしい名曲です。

トランスフォーマー

トランスフォーマー ルー・リード

  1. ヴィシャス(背徳)試聴
  2. アンディの胸試聴
  3. パーフェクト・デイ試聴
  4. ハンギン・ラウンド試聴
  5. ワイルド・サイドを歩け試聴
  6. メイキャップ試聴
  7. サテライト・オブ・ラヴ試聴
  8. ワゴンの車輪試聴
  9. ニューヨーク・テレフォン・カンヴァセイション試聴
  10. アイム・ソー・フリー試聴
  11. グッドナイト・レイディズ試聴
  12. ハンギン・ラウンド (アコースティック・デモ) <ボーナス・トラック>試聴
  13. パーフェクト・デイ (アコースティック・デモ) <ボーナス・トラック>試聴

Pulp - Mile End

オアシス、ブラーに匹敵する人気を博したブリットポップの代表格、パルプのトレインスポッティングサントラ提供曲。パルプは当時、ザ・イエローモンキーのボーカル吉井和哉氏が激賞していたことも思い出深い、90年代を代表するUKバンド。へなちょこがかっこいい。

トレインスポッティング/サントラ

トレインスポッティング/サントラ パルプ

    Underworld - Born Slippy

    大型フェスのヘッドライナー常連のアンダーワールドを一躍、世界的なアーティストに押し上げた超代表曲、ボーンスリッピー。トレインスポッティングのクライマックスを象徴的に飾る名曲です。

    1992-2012 The Anthology

    1992-2012 The Anthology アンダーワールド

      Damon Albarn - Closet Romantic

      つい先日(2014年5月現在)初のソロアルバムをリリースし、今夏のフジロック出演も決まったブラーのボーカル、デーモン・アルバーン氏ですが、よく考えるとこのトレインスポッティングのサントラで単独名義での楽曲を提供していたのでした。これぞイギリス!な感じの牧歌的な雰囲気が味わい深い佳曲です。

      トレインスポッティング/サントラ

      トレインスポッティング/サントラ デーモン・アルバーン

        ※紹介してる商品は店頭/ネットに在庫が無い場合があります。
        PVの数に応じて在庫取扱いも検討していく予定です。

        ▲ページの先頭へ