TOPへ - 音楽まとめツタプレ

TSUTAYAの音楽好きによる、音楽まとめサイト

渋谷系をこじらせた女の最近の音楽事情<2016年夏>

90年代“渋谷系”にどっぷりハマったまま音楽遍歴を重ねてきた私が、時は流れて渋谷系もすでになき2016年の夏…、今どんな音楽に囲まれているのかを客観的に見つめてみた結果がこちらです。 (nanayae)

J-POP クレイジーケンバンド フジンカラー レキシ 臼井ミトン 蓮沼執太 在日ファンク 婦人倶楽部 岡村靖幸 七尾旅人 渋谷系

view

全て再生

佐渡からたらい舟に乗ってやってきた架空の婦人アイドル

佐渡の山奥で暮らす主婦たちによって結成されたという、謎の音楽ユニット「婦人倶楽部」。

Mixcloudで偶然「FUJIN CLUB(北園みなみ REMIX)」を聴いたのがきっかけで、“婦人”というよりは“女の子”らしいヴォーカル、“佐渡”のイメージが微塵も感じられない音楽性、アーティストとしての情報がほとんどないというミステリアスさも相まってずっと気になる存在でした。
【コンシェルジュ紹介】でも最近よく聴いているものとして挙げていました。

そんな彼女たちの1stアルバム「フジンカラー」が2016年7月に発売され、さっそく(ウソかと思ってたけど本当に)佐渡から直接届いたアルバムがまた最高!
民族音楽などをベースにしている私の大好きな馬喰町バンドがゲストに迎えられた曲もあったりして、そのつながりにもまたびっくり。
相対性理論とかが好きな人にもウケるのかも?

フジンカラー

フジンカラー 婦人倶楽部

  1. おでかけ試聴
  2. たらい舟に乗って試聴
  3. 渚のラプソディー試聴
  4. グルメ紀行試聴
  5. chin-don featuring 馬喰町バンド試聴
  6. FUJIN CLUB試聴
  7. わたしお嫁に行くわ試聴
  8. やっぱりくろこ featuring ザ・プーチンズ試聴
  9. 東京カラー試聴
  10. はまべのうた試聴

聴きながら東京の町をめぐりたい音楽

ここ数年、まわりの音楽好事家たちからことあるごとに「いいよ~」と言われて名前だけはものすごくよく聞いていた「蓮沼執太フィル」なのですが、先日「bonobosの蔡忠浩さんに(顔が)ちょっと似てる」という想定外のオススメのされ方をして、遅ればせながら「メロディーズ」を聴いてみたら「RAW TOWN」をはじめ、とてつもなく洗練されたポップスに今更ながらどハマりしました。

きっかけはどうであれ、すすめてくれた友人にはあらためて感謝しなきゃ。

メロディーズ

メロディーズ 蓮沼執太

  1. アコースティックス試聴
  2. 起点試聴
  3. フラッペ試聴
  4. RAW TOWN試聴
  5. ハミング試聴
  6. テレポート試聴
  7. クリーム貝塚試聴
  8. ストローク試聴
  9. ニュー試聴
  10. TIME試聴

胸がキュンとする男性ボーカルNo.1(私調べ)

その音楽性の高さにも定評のあるシンガーソングライターの臼井ミトン氏は、【夏フェス】2015年フジロックフェスティバル出演!必見アーティスト特集でaolaniさんもオーガニック系として取り上げていて気になっていたのですが、ついに先日ライヴで生の声を聴く機会がありました!
東京育ちらしい都会的なセンスがまざりあった古き良きアメリカンミュージックを、いい意味で若さを感じさせない安定感のあるパフォーマンスで演奏する姿、その徒ならぬ存在感で一気にトリコに。

「顔よし、声よし、音楽よし」と三拍子そろっていますので、女子的にもこっそりおすすめしたいアーティストです。

Singer Song Traveler

Singer Song Traveler 臼井ミトン

  1. とっとと別れて付き合おう
  2. 恋人はバレリーナ
  3. Oh Yeah!! ~今夜は死ぬほど君に会いたい~
  4. ミランダ
  5. 胸がキュン
  6. Homeward Bound
  7. 江ノ島恋物語
  8. さよなら
  9. たいせつなひと
  10. よりにもよって彼氏がいるなんて
  11. 恋の初期症状 (Bonus Track)

「根にもってます」の底知れぬパワー

「あの時のことは絶対忘れてやるものかーーーーーーー!!!!!!!!」
デモに参加した友人がそんな怒りの投稿をFacebookにしており、その心情をとてもよく表わしていた曲が在日ファンクの「根にもってます」だったと。

日本の未来について書かれた真面目な投稿のオチがこれかい(笑)と、思わず笑ってしまった私ですが、同時にこの楽曲ってどんな状況のどんな立場の人…たとえば浮気された、手柄を横取りされた、お化け屋敷にひとりだけ置いて逃げられた…などにもオールジャンルで対応できてしまう汎用性がめちゃくちゃ高い曲なのではないか!?
そしてどんなネガティブな感情もポジティブへと昇華してくれる、実はそんな生きていく上でとても大事なことを教えてくれている曲なのではないか!!??

…と、そんなことをひとりで気づいてひとりでブルブルっと感動しました。

笑うな

笑うな 在日ファンク

  1. 大イントロ試聴
  2. 根にもってます試聴
  3. ちっちゃい試聴
  4. 試聴
  5. 不甲斐ない試聴
  6. 試聴
  7. パラシュート試聴
  8. 恥ずかしい試聴
  9. 断固すいません試聴
  10. 産むマシーン試聴
  11. 笑うな試聴
  12. 百年試聴

歴女にはたまらない

自称「ライトな歴女」でもある私は、歴史をモチーフにしたレキシの歌詞世界がたまらなく好き。特にライブでもおなじみの「きらきら武士 feat.Deyonna」がかかると年齢もキャラクターも忘れてとたんにアッパーになります。

歌詞に出てくる「鹿之助」って誰??って調べてみたら、「汝、我に七難八苦を与えたまえ」の山中鹿之助からきているそう。勉強にもなるし一石二鳥なレキシさん。「Deyonna」とは、“出女”こと椎名林檎氏のレキシネームです。

レキツ

レキツ レキシ

  1. そうだレキシーランド行こう feat.MC末裔・MC四天王試聴
  2. きらきら武士 feat.Deyonna試聴
  3. ペリーダンシング feat.シャカッチ試聴
  4. どげんか遷都物語 feat.織田信ナニ?試聴
  5. ほととぎす feat.聖徳ふとこ試聴
  6. かくれキリシタンゴ ~Believe~ feat.MC母上試聴
  7. レキシ ト ア・ソ・ボ試聴
  8. 妹子なぅ feat.マウス小僧JIROKICHI試聴
  9. 狩りから稲作へ feat.足軽先生・東インド貿易会社マン試聴
  10. 歴史と遊ぼう (日本盤のみボーナストラック)試聴

いま、「猫」が再燃。

「アメトーーク!」の「猫舌芸人」の回でBGMとしてフィーチャーされていたのが、10thアルバム「ZERO」に収録されていた「猫」。

「ランタン」や、いかにもCKBらしい「湾岸線」も大好きなのだけれども、哀愁ただよう“フレンチポップス”に“昭和歌謡”な唱法。これぞ音楽ごった煮バンド、CKBならではの醍醐味ではないでしょうか。

ZERO

ZERO クレイジーケンバンド

  1. Intro:Zero Zero One
  2. ランタン
  3. 湾岸線
  4. デトロイト音頭
  5. 中古車
  6. 島の娘
  7. 人間摩天楼
  8. 宇宙興業
  9. 福富町ブーガルー
  10. ハマ風
  11. Precious Precious Precious
  12. 音楽力 w/Full Of Harmony × ISO from I.S.O.P.
  13. 珊瑚礁
  14. Smile Again
  15. Lookin' your eyes w/The Gospellers
  16. SAYONARA
  17. Outro:Rewind Zero Zero One

大切に聴き続けている曲

ごぞんじ七尾旅人氏によるメロウなメロディと落ち着いたベースラインがたまらない名曲「サーカスナイト」。
アルバムとしては2012年発売なのですが、はじめて聴いたときからなぜだかずっと“今の自分にしっくりくる”と思い続けてきている曲です。
いつ聴いてもいいって思える曲に出会えるって、何気にすごいことなんじゃないかと聴くたびにいつも幸せを感じてしまいます。

リトルメロディ

リトルメロディ 七尾旅人

  1. きみのそばへ試聴
  2. 圏内の歌試聴
  3. my plant試聴
  4. Everything is gone試聴
  5. サーカスナイト試聴
  6. 湘南が遠くなっていく試聴
  7. きみがなおるひ ほほえみのひ試聴
  8. 劣悪、俗悪、醜悪、最悪試聴
  9. busy men試聴
  10. NO HOME試聴
  11. 七夕の人試聴
  12. 銀河を渡る子供たち試聴
  13. アブラカダブラ試聴
  14. Chance☆□試聴
  15. Memory Lane試聴
  16. リトルメロディ試聴

なんだかんだやっぱり岡村ちゃんがだいすき♪

“渋谷系”が好きって人たちは“岡村ちゃん”が好きっていう率も結構高いんじゃないかなと思うのです。
そして「久保みねヒャダ こじらせナイト」を観ている率も高いんじゃないかというのは至極勝手に思っていることなのですが、そんなことを抜きにしてみても、渋谷系好きだった人たちはきっとこの曲も大好物なんじゃないだろうかと思えてならないのが、この番組のエンディングテーマにもなっているこの曲。

※アルバム「幸福」にも収録。

愛はおしゃれじゃない

愛はおしゃれじゃない 岡村靖幸 w 小出祐介

  1. 愛はおしゃれじゃない試聴
  2. ラブビデオ試聴

※紹介してる商品は店頭/ネットに在庫が無い場合があります。
PVの数に応じて在庫取扱いも検討していく予定です。

▲ページの先頭へ