TOPへ - 音楽まとめツタプレ

TSUTAYAの音楽好きによる、音楽まとめサイト

70年~80年代のダンディーなMr.AOR

日本ではシティ・ポップがブームだなんていわれているが、そのルーツといえるのが70~80年代のAOR。ソウルやジャズ、ボサノヴァなどを取り入れたスタイリッシュなロック・サウンドは、お子ちゃまには出せない味わい。ここでは大人の色気漂う男性シンガーの傑作を集めてみた。 (TSUTAYA音楽バイヤー)

ロック/ポップス 70年代 80年代 オススメの10枚

view

全て再生

AORの代名詞的なアーバン・サウンドの傑作

AORの頂点を選ぶとしたら、まちがいなくこの作品がトップになるのではないだろうか。1976年に発表された本作からは、クールなビートの「ロウダウン」や壮大なバラード「ウィアー・オール・アローン」がヒット。TOTOのメンバーが中心の洗練されたサウンドも見事。

シルク・ディグリーズ

シルク・ディグリーズ ボズ・スキャッグス

  1. 何て言えばいいんだろう試聴
  2. ジョージア試聴
  3. ジャンプ・ストリート試聴
  4. あの娘に何をさせたいんだ試聴
  5. ハーバー・ライト試聴
  6. ロウダウン試聴
  7. イッツ・オーヴァー試聴
  8. 明日に愛して試聴
  9. リド・シャッフル試聴
  10. ウィアー・オール・アローン試聴
  11. 何て言えばいいんだろう (ライヴ) (Previously unreleased) <ボーナス・トラック>試聴
  12. ジャンプ・ストリート (ライヴ) (Previously unreleased) <ボーナス・トラック>試聴
  13. イッツ・オーヴァー (ライヴ) (Previously unreleased) <ボーナス・トラック>試聴

CMにも起用されたミスターAORの名曲集

1978年に「風のシルエット」が大ヒットすると同時に、AORの殿堂入りを果たしたブルーアイド・ソウルの代表格。大人の余裕を感じさせるヴォーカルはもちろんだが、ボズ・スキャッグスやピーター・セテラへの楽曲提供も評価が高い。タバコのCMでもお茶の間に浸透した。

ボビー コールドウェル グレイテス

ボビー コールドウェル グレイテス ボビー・コールドウェル

  1. シェイプ・アイム・イン試聴
  2. ワン・ラヴ試聴
  3. ステイ・ウィズ・ミー試聴
  4. 風のシルエット試聴
  5. センチメンタル・サンダウン試聴
  6. ウィズアウト・ユア・ラヴ試聴
  7. ジャマイカ・センチメンタル試聴
  8. ハート・オブ・マイン試聴
  9. スペシャル・トゥ・ミー試聴
  10. シェリー試聴
  11. クライ試聴
  12. スタック・オン・ユー試聴
  13. ドント・リード・ミー・オン試聴
  14. カム・トゥ・ミー試聴

ウェスト・コースト・ロックのキーパーソン

イーグルスやジャクソン・ブラウンらとともに、70年代のアメリカ西海岸のシーンで重要な役割を担ったシンガー・ソングライター。1979年に発表したこのセカンド・アルバムからはオールディーズ風の表題曲が大ヒット。甘い声と切ないメロディで魅了した。

ユア・オンリー・ロンリー

ユア・オンリー・ロンリー J.D.サウザー

  1. ユア・オンリー・ロンリー試聴
  2. イフ・ユー・ドント・ウォント・マイ・ラヴ試聴
  3. ラスト・イン・ラヴ試聴
  4. ホワイト・リズム&ブルース試聴
  5. ティル・ザ・バーズ・バーン・ダウン試聴
  6. ザ・ムーン・ジャスト・ターンド・ブルー試聴
  7. ソングス・オブ・ラヴ試聴
  8. フィフティーン・バックス試聴
  9. トラブル・イン・パラダイス試聴

囁くような声で届けるソフト・サウンド

ウィスパー・ヴォイスとジャズやブラジル音楽に影響を受けたスタイリッシュなサウンドが特徴的なシンガーが、大ヒットを記録した1977年の傑作。とくに、ボサノヴァの神様であるアントニオ・カルロス・ジョビンに捧げた「アントニオの歌」は多くのカヴァーが存在する名曲。

スリーピング・ジプシー

スリーピング・ジプシー マイケル・フランクス

  1. 淑女の想い試聴
  2. イッツ・ユー試聴
  3. 嵐の中で試聴
  4. カレワ・ルスデス試聴
  5. ブルーにならないで試聴
  6. アントニオの歌(虹を綴って) <アントニオ・カルロス・ジョビンに捧ぐ>試聴
  7. チェイン・リアクション試聴
  8. はるかなるブラジルの地 <ジョアン・ドネイトに捧ぐ>試聴

フラミンゴのカヴァーでおなじみの美声シンガー

映画主題歌「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」で知られるシンガー・ソングライターだが、1979年に発表したこのデビュー作ですでにその世界観は確立されている。シングル・ヒットした「セイリング」を筆頭に、ハイトーン・ヴォイスで歌われるメロディが印象的。

南から来た男

南から来た男 クリストファー・クロス

  1. セイ・ユール・ビー・マイン試聴
  2. 愛はまぼろし試聴
  3. スピニング試聴
  4. もう二度と試聴
  5. 哀れなシャーリー試聴
  6. 風立ちぬ試聴
  7. ライト・イズ・オン試聴
  8. セイリング試聴
  9. ジゴロの芸人試聴

ブルー・アイド・ソウル最大のスーパースター

AORという切り口だけで評価するにはビッグすぎる存在のデュオが、大ブレイク直前の1979年に発表した名盤。デヴィッド・フォスターをプロデュースに迎えたスタイリッシュなロックン・ソウル・サウンドに乗せ、「ウェイト・フォー・ミー」などで絶妙なハーモニーを聞かせる。

モダン・ポップ

モダン・ポップ ダリル・ホール&ジョン・オーツ

  1. 微笑は想い出試聴
  2. ウェイト・フォー・ミー試聴
  3. 僕のポータブル・ラジオ試聴
  4. 空のファンタジー試聴
  5. 世界は美しい試聴
  6. ランニング・フロム・パラダイス試聴
  7. 君はナンバー・ワン試聴
  8. ビバップ/ドロップ試聴
  9. ハロフォン試聴
  10. イントラヴィノ試聴
  11. タイムズ・アップ <ボーナス・トラック>試聴
  12. ノー・ブレイン・ノー・ペイン <ボーナス・トラック>試聴

通好みながらアーバンな個性派の金字塔

ドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーの2人を中心としたプロジェクト・タイプのグループは、メロウでスタイリッシュでありながら複雑でテクニカルな音楽性でカリスマ的な存在。代表曲「ペグ」を収めた1977年発表の6作目では、多数の著名ミュージシャンが参加した。

彩(AJA)

彩(AJA) スティーリー・ダン

  1. ブラック・カウ試聴
  2. 彩(エイジャ)試聴
  3. ディーコン・ブルース試聴
  4. ペグ試聴
  5. 安らぎの家試聴
  6. アイ・ガット・ザ・ニュース試聴
  7. ジョージー試聴

AORクリエイターのキーパーソンによる出世作

AORシーンにおいて避けて通ることの出来ないサウンド・クリエイターといえば、やはりデヴィッド・フォスターだろう。名ギタリストであるジェイ・グレイドンと組んだこのグループでは、EW&Fに提供した「アフター・ザ・ラヴ・イズ・ゴーン」など洗練された名曲を多数収録。

ロマンティック

ロマンティック エアプレイ

  1. ストランデッド試聴
  2. クライン・オール・ナイト試聴
  3. イット・ウィル・ビー・オールライト試聴
  4. 貴方には何も出来ない試聴
  5. シュッド・ウィ・キャリー・オン試聴
  6. リーヴ・ミー・アローン試聴
  7. スウィート・ボディ試聴
  8. ビックス試聴
  9. 彼女はウェイト・フォー・ミー試聴
  10. アフター・ザ・ラヴ・イズ・ゴーン試聴

ブラス・ロックからAORへと転向して大ヒット

シカゴといえば、60年代末に颯爽と現れ、ソリッドなブラス・ロックで一世を風靡した存在。しかし、70年代末からメロウなサウンドに路線変更。1982年の本作からはドラマチックなバラード「素直になれなくて」が大ヒットし、新時代の夜明けを告げることとなった。

ラヴ・ミー・トゥモロウ(シカゴ16)

ラヴ・ミー・トゥモロウ(シカゴ16) シカゴ

  1. ホワット・ユー・アー・ミッシング試聴
  2. あなたの気持試聴
  3. バッド・アドヴァイス試聴
  4. チェインズ試聴
  5. 素直になれなくて/ゲット・アウェイ試聴
  6. フォロー・ミー試聴
  7. ソニー・シンク・トゥワイス試聴
  8. ホワット・キャン・アイ・セイ試聴
  9. レスキュー・ユー試聴
  10. ラヴ・ミー・トゥモロウ試聴
  11. ダディーズ・フェイヴァリット・フール [Previously Unissued] (ボーナス・トラック)試聴
  12. 素直になれなくて (シングル・エディット) (2010年 新規ボーナス・トラック)試聴
  13. ホワット・ユー・アー・ミッシング (シングル・エディット/オルタネイト・ミックス) (2010年 新規ボーナス・トラック)試聴
  14. ラヴ・ミー・トゥモロウ (シングル・エディット 2006/オルタネイト・ミックス) (2010年 新規ボーナス・トラック)試聴

爽やかな海風を感じさせるハワイアンAOR

AORのムーヴメントはアメリカ西海岸だけでなく、はるか海を超えてハワイにも飛び火。なかでもカラパナはその代表選手となったグループだ。初期メンバーであるマッキー・フェアリーのメロウな歌とギターが特徴で、どの楽曲にもシー・ブリーズを感じさせる。

ザ・プレミアムベスト カラパナ結成40周年記念ベスト

ザ・プレミアムベスト カラパナ結成40周年記念ベスト カラパナ

    Disc1
  1. パラダイス試聴
  2. 愛しのジュリエット試聴
  3. ミッドナイト・セイリング試聴
  4. リアル・シング試聴
  5. アイ・リメンバー・ユー試聴
  6. モロカイ試聴
  7. キック・イット (21stセンチュリー・ヴァージョン)試聴
  8. メニィ・クラシック・モーメンツ試聴
  9. ケアナエ・ブリーズ試聴
  10. ライティング・オン・ア・フォーチュン試聴
  11. パラダイス・ロマンス試聴
  12. カミング・ホーム試聴
  13. シャブリ試聴
  14. ジョンズ・ソング試聴
  15. ラヴ・アンダー・ザ・サン試聴
  16. ダナズ・チューン試聴
  17. 虹を追う男試聴
  18. Disc2
  19. ブラック・サンド試聴
  20. パシフィック・オアシス (シングル・バージョン)試聴
  21. ハワイアン・ウェディング・ソング試聴
  22. ラヴァー・オブ・マイン試聴
  23. サンタズ・アイランド試聴
  24. シーサイドM試聴
  25. ライト・フロム・ザ・スタート試聴
  26. Jody試聴
  27. フル・ムーン・トゥナイト試聴
  28. ウィンター・オブ '69試聴
  29. ウォーター・ソング試聴
  30. ヴェルジィランド試聴
  31. トゥナイト・アイム・シンキング・オブ・ユー試聴
  32. ウォーク・アポン・ザ・ウォーター試聴
  33. ミー・アンド・マイ・湘南帽試聴
  34. ハッピー・クリスマス(戦争は終った)試聴

※紹介してる商品は店頭/ネットに在庫が無い場合があります。
PVの数に応じて在庫取扱いも検討していく予定です。

▲ページの先頭へ