TOPへ - 音楽まとめツタプレ

TSUTAYAの音楽好きによる、音楽まとめサイト

【来日直前】実力派メロハーRECKLESS LOVEにプレイして欲しい楽曲あれこれ

6/9(木)にTSUTAYA O-EASTで、LOUDPARK 10以来となる久々の来日公演を行う、実力派メロハーRECKLESS LOVEにプレイして欲しい楽曲を、各アルバムからピックアップしました。 (yas-no)

ハードロック/ヘヴィーメタル メロディアスハード メロハー 来日

view

全て再生

WILD TOUCH

デビュー作の「RECKLESS LOVE」からは、何は無くとも、まずはこのスーパー・キラーチューン”WILD TOUCH”は、絶対に外せないマストな選曲。リリカルなKeyフレーズ、ソリッドなGtリフ、哀愁のメロディが絡みながら疾走する哀愁メロハーの理想型と、躊躇い無く断言できる名曲です。

RECKLESS LOVE

RECKLESS LOVE RECKLESS LOVE

  1. フィール・マイ・ヒート
  2. ワン・モア・タイム
  3. バッドアス
  4. ラヴ・マシーン
  5. ビューティフル・ボム
  6. ロマンス
  7. セックス
  8. バック・トゥ・パラダイス
  9. ソー・イェーイ!
  10. ワイルド・タッチ
  11. ボーン・トゥ・ロック
  12. ゲット・エレクトリック (日本盤ボーナス・トラック)
  13. バック・トゥ・パラダイス (リミックス) (日本盤ボーナス・トラック)

BACK TO PARADISE

もう1曲は、KISSの"I WAS MADE FOR LOVING YOU"を彷彿させるディスコ・サウンドと超キャッチーな哀愁のサビメロがマッチした”BACK TO PARADISE”。1stの中では、この2曲が圧倒的にお気に入りです。

RECKLESS LOVE

RECKLESS LOVE RECKLESS LOVE

  1. フィール・マイ・ヒート
  2. ワン・モア・タイム
  3. バッドアス
  4. ラヴ・マシーン
  5. ビューティフル・ボム
  6. ロマンス
  7. セックス
  8. バック・トゥ・パラダイス
  9. ソー・イェーイ!
  10. ワイルド・タッチ
  11. ボーン・トゥ・ロック
  12. ゲット・エレクトリック (日本盤ボーナス・トラック)
  13. バック・トゥ・パラダイス (リミックス) (日本盤ボーナス・トラック)

DIRTY DREAMS

メロハー的な楽曲の完成度を更に高めた2ndの「ANIMAL ATTRACTION」からは、アルバム中で最も北欧的な哀愁メロが際立っているハードポップ”DIRTY DREAMS”がファースト・チョイス。ヴァースからサビメロまで、切なさ溢れまくりのメロディラインの扇情力は圧倒的。

ANIMAL ATTRACTION

ANIMAL ATTRACTION RECKLESS LOVE

  1. アニマル・アトラクション試聴
  2. スピーディン試聴
  3. ボーン・トゥ・ブレイク・ユア・ハート試聴
  4. ホット試聴
  5. ファンタジー試聴
  6. ダーティ・ドリームス試聴
  7. ダンス試聴
  8. ファイト試聴
  9. スウィッチブレイド・ベイブ試聴
  10. オン・ザ・レディオ試聴
  11. ココナッツ試聴
  12. プッシュ (日本盤ボーナス・トラック)試聴

SPEEDIN’

2ndからライヴのセットリストとして、もう1曲選ぶなら、ハードエッジな躍動感が気持ち良い爽快アップテンポ”SPEEDIN’”かな。個人的には哀愁の効いた楽曲の方が好みではあるんですが、こういうドライヴ感のある楽曲はライヴ映えするので、ライヴで聴いてみたいと思わせてくれます。

ANIMAL ATTRACTION

ANIMAL ATTRACTION RECKLESS LOVE

  1. アニマル・アトラクション試聴
  2. スピーディン試聴
  3. ボーン・トゥ・ブレイク・ユア・ハート試聴
  4. ホット試聴
  5. ファンタジー試聴
  6. ダーティ・ドリームス試聴
  7. ダンス試聴
  8. ファイト試聴
  9. スウィッチブレイド・ベイブ試聴
  10. オン・ザ・レディオ試聴
  11. ココナッツ試聴
  12. プッシュ (日本盤ボーナス・トラック)試聴

SO HAPPY I COULD DIE

トータルの完成度からすると一番じゃないかと思わせる好盤3rd「SPIRIT」からは、MOTLEY CRUEの”KICKSTART MY HEART”を思わせる爆発力のあるハード・ロッキンなアップテンポ”SO HAPPY I COULD DIE”を。サビの”OH! YEAH!”のシンガロングとか超絶盛り上がりそうで、今から楽しみでなりません。

SPIRIT

SPIRIT RECKLESS LOVE

  1. ナイト・オン・ファイア試聴
  2. バッド・ラヴィン試聴
  3. アイ・ラヴ・ヘヴィ・メタル試聴
  4. フェイヴァリット・フレイヴァー試聴
  5. エッジ・オブ・アワ・ドリームス試聴
  6. セックス、ドラッグス&レックレス・ラヴ試聴
  7. ダイング・トゥ・リヴ試聴
  8. メタル・アス試聴
  9. ランナウェイ・ラヴ試聴
  10. ソー・ハッピー・アイ・クッド・ダイ試聴
  11. ホット・レイン試聴
  12. エンジェル・フォーリング (ボーナス・トラック)試聴

DYING TO LIVE

3rdからもう1曲となると、結構悩ましいんですが、しっとりとした湿り気を帯びた物悲しく美しいメロディの哀愁ミドル”DYING TO LIVE”を選曲。Gtフレーズも最高に胸を打つ素晴らしい出来栄え。

SPIRIT

SPIRIT RECKLESS LOVE

  1. ナイト・オン・ファイア試聴
  2. バッド・ラヴィン試聴
  3. アイ・ラヴ・ヘヴィ・メタル試聴
  4. フェイヴァリット・フレイヴァー試聴
  5. エッジ・オブ・アワ・ドリームス試聴
  6. セックス、ドラッグス&レックレス・ラヴ試聴
  7. ダイング・トゥ・リヴ試聴
  8. メタル・アス試聴
  9. ランナウェイ・ラヴ試聴
  10. ソー・ハッピー・アイ・クッド・ダイ試聴
  11. ホット・レイン試聴
  12. エンジェル・フォーリング (ボーナス・トラック)試聴

MONSTER

最新作の「INVADER」は、今までの作風とは一味違ったグルーヴ感が前面に出た楽曲が目立ったり、もはやハードポップですらないダンス・ポップも収録されていたりで、異色作感はあるんですが、その中でもライヴ映えしそうだな、と感じたのは”MONSTER”。DESMOND CHILDと組んでいた時代のALICE COOPERを思わせるような、ダークなグルーヴ感を持ちつつもキャッチーという興味深い楽曲。LORDIに通じる雰囲気もありますね。

INVADER

INVADER RECKLESS LOVE

  1. ウィ・アー・ザ・ウィークエンド試聴
  2. ハンズ試聴
  3. モンスター試聴
  4. チャイルド・オヴ・ザ・サン試聴
  5. ブレットタイム試聴
  6. スカンジナビアン・ガールズ試聴
  7. プリティ・ボーイ・スワッガー試聴
  8. ロック・イット試聴
  9. デスティニー試聴
  10. レッツ・ゲット・クラッキング(THWP)試聴
  11. キープ・イット・アップ・オール・ナイト (ボーナス・トラック)試聴
  12. ズー (ボーナス・トラック)試聴

DESTINY

最新作からもう1曲は、従来の彼らの魅力が凝縮された北欧ハードポップ”DESTINY”。郷愁と寂寥感に包まれまくりのサビメロに酔いしれます。

INVADER

INVADER RECKLESS LOVE

  1. ウィ・アー・ザ・ウィークエンド試聴
  2. ハンズ試聴
  3. モンスター試聴
  4. チャイルド・オヴ・ザ・サン試聴
  5. ブレットタイム試聴
  6. スカンジナビアン・ガールズ試聴
  7. プリティ・ボーイ・スワッガー試聴
  8. ロック・イット試聴
  9. デスティニー試聴
  10. レッツ・ゲット・クラッキング(THWP)試聴
  11. キープ・イット・アップ・オール・ナイト (ボーナス・トラック)試聴
  12. ズー (ボーナス・トラック)試聴

※紹介してる商品は店頭/ネットに在庫が無い場合があります。
PVの数に応じて在庫取扱いも検討していく予定です。

▲ページの先頭へ