TOPへ - 音楽まとめツタプレ

TSUTAYAの音楽好きによる、音楽まとめサイト

秋のロッケンロール風物詩 ロッケンロー★サミット2017〜道玄坂邪道六弦頂上決戦〜

2000年から毎年恒例、今年で18回目を迎えるロッケンロー・イベント、「ロッケンロー★サミット2017〜道玄坂邪道六弦頂上決戦〜」2017年9月23日(土祝)開催!今年も鉄板の伝統芸能枠に加え、エッジの効いたラインナップ!「渋谷で君を待つ!!(ロッケンロー★サミット 公式Twitterより)」 (mosh)

ジャズ/フュージョン J-POP J-ROCK ジャンプ スカ ニューウェイヴ パンク ブルース マージービート ロック ロックンロール ロッケンロー★サミット JAZZ PUNK ROCK SKA TSUTAYA O-EAST 夏フェス

view

全て再生

9年連続17回目 ショット着込んで革ジャンロックなロッケンロー★サミットの顔

今年で結成30周年を迎える、ロッケンロー★サミットの問答無用のヘッドライナー、ギターウルフ。メジャー史上最強極悪に音質の悪いアルバムと評されたメジャーデビューアルバム(4th Album)『狼惑星』とメジャー2nd Album(5th Album)『ジェット ジェネレーション」が、セイジ監修のもと、リマスターされハイレゾ配信が開始されたということで超名作、『狼惑星』より「オールナイトでぶっとばせ!!」。缶ビール一気飲みしてからの爆音ギターノイズはロッケンロー★サミットで!

狼惑星

狼惑星 ギターウルフ

  1. カワサキZ2750 ロックンロール試聴
  2. オオカミ惑星試聴
  3. インベーダーエース試聴
  4. モーターサイクルレザーボーイ試聴
  5. ファーイーストマン試聴
  6. ワイルド ゼロ試聴
  7. 惑星ハート試聴
  8. エネルギージョー試聴
  9. ジェット・ラヴ試聴
  10. サティスファクション試聴
  11. カンフーラモーンの恋試聴
  12. レッツ・ゲット・ハート試聴
  13. オールナイトでぶっとばせ!!試聴
  14. RUMBLE試聴
  15. レッドロカビリー試聴

初出場 満を持しての超大御所

発表見たとき、思わず声上げました、初出場、THE PRIVATES。1983年、延原達治、手塚稔を中心に結成されたフリークビート・バンド。いろんな意味でTHE PRIVATESほどロックという大海の中を自由に泳ぎ回ってるバンドはいないんじゃないでしょうか?2014年リリースのTHE PRIVATES 結成30周年記念の2枚組オリジナル・アルバム『Les beat hi-fi mono』より、敢えてのミディアムチューン、夏の終わりにぴったりな(もう終わってる?)「キッスを、もう一度」。歌詞もテンポも最高、切ない夏を振り返れます。
2枚組の1枚目はオリジナル、2枚目はザ・クロマニヨンズの甲本ヒロト&真島昌利、チバユウスケ、THE NEATBEATS、仲井戸“CHABO”麗市、柴山俊之、花田裕之、下山淳、そして延原達治である実息のレイジオカモトとオカモトショウのOKAMOTO'Sなどのゲスト陣と競演の洋楽ロックンロールカバーアルバムとなっており、周年感たっぷりな超豪華な作品。

Les beat hi-fi mono

Les beat hi-fi mono THE PRIVATES

    Disc1
  1. エレベーター No.9試聴
  2. ONE MORE TIME試聴
  3. バビロンの歯車試聴
  4. DOGGIN' AROUND試聴
  5. キッスを、もう一度試聴
  6. リメンバー試聴
  7. どこかにときめき試聴
  8. ブギウギ一晩中!試聴
  9. GAKKO SHUFFLE試聴
  10. あいつはさかさま試聴
  11. 誰もいない街試聴
  12. 君が君に試聴
  13. 最後まであきらめるな試聴
  14. Disc2
  15. THE MEMPHIS TRAIN試聴
  16. I'M READY試聴
  17. BLACK NIGHT試聴
  18. ROLLIN' STONE試聴
  19. DONNA試聴
  20. HEART BEAT試聴
  21. I FEEL GOOD試聴
  22. KOKO JOE試聴
  23. MOJO WORKOUT試聴
  24. WANG DANG DOODLE試聴

7年連続8回目 ロッケンロー★サミットのショウダウン(切り札)

今年、結成15周年を迎えた日本ロックンロール界のショウダウン(切り札)、ザ・マックショウ。昨年、日比谷野外音楽堂での単独公園直前、昭和九十一年十月十二日に発売されたミニアルバム+一度解散後の活動再開第二期以降のベストライブ盤の二枚組アルバム『今夜はショウダウン』より野音でのライヴ名、テーマ曲でもある表題曲「今夜はショウダウン」。野音で「誰のためでもなく、迷わずに自分を信じて生きて行こう」の歌詞で泣いたおじさん多いはず(私だけ?)。また、ベストライブ盤のセレクトが素晴らしく、超お得な「奥さん!」って感じの作品。ロッケンロー★サミットでもショウダウン(切り札)って何か教えてくれるでしょう!

今夜はショウダウン

今夜はショウダウン ザ・マックショウ

    Disc1
  1. 今夜はShowdown試聴
  2. トゥイスティン・ナンバーワン試聴
  3. 喜八露留(CAROL)試聴
  4. 真っ赤なチェリー試聴
  5. あの娘のファラウェイ・アイズ試聴
  6. OH! CAROL試聴
  7. LONG DISTANCE CALL試聴
  8. Disc2
  9. 情熱のロカ・ローラ試聴
  10. 彼女はフィールグッド試聴
  11. 狂騒天国試聴
  12. ノーバディ・ガール試聴
  13. ロックンロール・スルー・ザ・ナイト試聴
  14. 恋のマジック・ドライヴィン試聴
  15. 首都高ムーンライト試聴
  16. いとしのキャンディ・ガール試聴
  17. あの娘はバタフライ試聴
  18. 消えたサマー・ラブ試聴
  19. 100メートルの恋試聴
  20. キャンディー・ゴールド・サンセット ~燃えるサンセット~試聴
  21. アイスキャンディー・ボーイ試聴
  22. リンカーン・コンチネンタル試聴
  23. 恋のスピードウェイ試聴
  24. 2分8秒の恋試聴
  25. 熱帯ドライヴ試聴
  26. 83413(今夜は最高)試聴

1年振り8回目 魂のファイト・ソングを

9/6リリースのNEWシングル『MY ONLY LONELY WAR(TAISEI'S BIRTHDAY GIG DVD付)』を引っさげて、1年振り8回目登場のSA(エスエー)。インベーダーゲームの音が入る遊びある楽曲ながらもやはり拳を振り上げずにいられない表題曲の「MY ONLY LONELY WAR」。「男ならもう一度、何度でも、やったらんかい!」とケツを蹴り上げてくれる熱い兄貴達に奮い立たせてもらえること間違いなし!

MY ONLY LONELY WAR

MY ONLY LONELY WAR SA

    Disc1
  1. 威風Do!Bop!試聴
  2. MY ONLY LONELY WAR試聴
  3. FIGHT BACK試聴
  4. 野郎どものテーマ試聴
  5. Disc2
  6. Happy Birthday To You
  7. NOTHINGNESS
  8. FIRST IMPULSE
  9. WILD WILD YOUTH
  10. SA(BAD TIME)
  11. YOUTH ON YOUR FEET
  12. BEAUTIFUL CALLING
  13. UNDER THE GROUND
  14. そりゃないぜセニョリータ
  15. I GET POSITION
  16. ROCK'N ROLL BELIEVERS
  17. FOSSIL HEAD
  18. Andy
  19. DELIGHT

13年連続16回目 映画賞独占?

13年連続の最多連続出場を誇る、今年結成20周年を迎えた、マージービート日本代表、THE NEATBEATS。今年のTHE NEATBEATSといえば、日本製“ビンテージアメリカ映画” 『GHOSTROADS(ゴーストロード)』への出演!THE NEATBEATSの他にもTHE PRIVATESの延原達治、ザ・50回転ズのダニーが出演とロッケンロー★サミット出演者が揃う、『ゴーストロード』、9月30日より渋谷 HUMAX シネマにて劇場公開、必見!
映画に先立って、9月13日にリリースされる、サウンドトラック『GHOSTROADS(ゴーストロード)』より頭を飾る8ビートなロックンロール・ナンバー「TWISTIN' TIME WITH YOU」。サウンドトラックの収録曲はTHE NEATBEATSの他にもTHE MACKSHOW、ザ50回転ズ、THE PRIVATES、KING BROTHERSとロッケンロー★サミットファンは必聴な内容!

GHOSTROADS

GHOSTROADS THE NEATBEATS

    初出場 次世代へのSKAの伝道者

    今年のFUJI ROCKを騒がせた、元東京スカパラダイスオーケストラのリーダー、冷牟田竜之が率いる、2016年3月結成の20代若手プレイヤーを中心にしたSKA ユニット、MORE THE MAN と 元SOIL & “PIMP” SESSIONSの元晴によるセッションがロッケンロー★サミットでも実現!映像はFUJI ROCKより。2017年1月にリリースされた1st Album『Reaper』はライブ会場とバンドのオフィシャルサイトのみの限定販売なのでライヴ観たら欲しい衝動を抑えきれないでしょう!

    Reaper / MORE THE MAN featuring ex.SOIL&

    Reaper MORE THE MAN featuring ex.SOIL&"PIMP"SESSIONS 元晴

      6年連続10回目 50回転じゃ収まりきらないロックンロール

      6年連続10回目、もうロックンロール伝統芸能枠となったか?な、大阪の富田林のガレージロックンロール・トリオ。昨年、2006年のデビュー・アルバム『50回転ズのギャー!!』リリースから発売10周年ということで、ビンテージ機材を使用したアナログ・リマスター、『50回転ズのギャー!!』13曲に加え、ボーナス・トラックというには枠を超えている15曲プラスの全28曲で10周年記念盤を発売。2016年新VERSIONでの「50回転ズのテーマ」を。ロックンロールはやはりシンプル・イズ・ベストかもしれないと改めて思わせてくれるカッコよさ!聴いたことない方はこの作品から50回転ズをはじめてみるのが良いかもしれません。

      「50回転ズのギャー!! +15」~10th Anniversary Edition~

      「50回転ズのギャー!! +15」~10th Anniversary Edition~ ザ50回転ズ

      1. 50回転ズのテーマ試聴
      2. マブイあの娘試聴
      3. Thank You For RAMONES試聴
      4. ぬけがらロック試聴
      5. The Ballad Of Iron Eyes Cody試聴
      6. たばこの唄試聴
      7. お前のせいだぜ試聴
      8. 天王寺エレジー試聴
      9. 少年院のソナタ試聴
      10. 乞食の大将試聴
      11. 夢ならいいのに試聴
      12. アタイが悪いのサ試聴
      13. Saturday Night試聴
      14. Mr.1234man (『1・2・3・4!!』) (ボーナス・トラック)試聴
      15. 海賊たちのララバイ (『1・2・3・4!!』) (ボーナス・トラック)試聴
      16. 1976 (『1・2・3・4!!』) (ボーナス・トラック)試聴
      17. 放送室のメロディー (『1・2・3・4!!』) (ボーナス・トラック)試聴
      18. Thank You For RAMONES (LIVE Ver.) (『1・2・3・4!!』) (ボーナス・トラック)試聴
      19. 50回転ズのテーマ (『ザ50回転ズ』) (ボーナス・トラック)試聴
      20. 天王寺エレジー (『ザ50回転ズ』) (ボーナス・トラック)試聴
      21. たばこの唄 (『ザ50回転ズ』) (ボーナス・トラック)試聴
      22. 50回転ズの逆襲 (『50回転ズの逆襲』) (ボーナス・トラック)試聴
      23. マブイあの娘 (『50回転ズの逆襲』) (ボーナス・トラック)試聴
      24. お前のせいだぜ (『50回転ズの逆襲』) (ボーナス・トラック)試聴
      25. 夢ならいいのに (『50回転ズの逆襲』) (ボーナス・トラック)試聴
      26. 不良(ワル)のテーマ (『50回転ズの逆襲』) (ボーナス・トラック)試聴
      27. ダンスのブルース 【タワーレコード限定特典音源】 (ボーナス・トラック)試聴
      28. 50回転ズのテーマ~少年院のソナタ~おさらばブギウギ 【ニューヨーク「Pianos」2006.1.6ライブ音源】 (ボーナス・トラック)試聴

      2年連続7回目 超ホットな不良のジャズ

      2年連続7回目、超ホットなジャズ~ジャンプ・ブルースバンド、Bloodest Saxophone(ブラッデストサキソフォン 通称:ブラサキ)。オススメするのは2014年リリース、8th Album『Rhythm and Blues』。この作品もヴィンテージ機材を用い、すべてアナログ一発録りと徹底的にこだわり抜いた漢のレコーディング!ロックのイベントにジャズ?って思う人は、ジャズが不良の音楽であること、滅茶苦茶カッコいいことをブラサキ観れば納得するはず。騙されたと思って、まずは「Long Vacation」聴いてみて下さい。

      Rhythm and Blues

      Rhythm and Blues Bloodest Saxophone

      1. Deacon's Hop (MONO)試聴
      2. Go Power! (MONO)試聴
      3. Long Vacation (MONO)試聴
      4. Caravan (MONO)試聴
      5. Tondeluyo (MONO)試聴
      6. There Is Something On Your Mind feat.Yasuyuki Fukushima from Ban Ban Bazar (MONO)試聴
      7. SNK Shuffle (MONO)試聴
      8. Jake the Dog Stomp (MONO)試聴
      9. Twilight On MacDougal (MONO)試聴
      10. Salute To The Basement Floor (MONO)試聴
      11. When The Saints Go Marching In feat.Yasuyuki Fukushima from Ban Ban Bazar (MONO)試聴
      12. Manhattan (MONO)試聴
      13. Jumpin'Jack (MONO)試聴
      14. Baron (MONO)試聴
      15. Short Trip (MONO)試聴
      16. Ain't Nobody's Business (MONO)試聴

      2年連続5回目 ロッケンロー★サミットのレディース代表

      今回も唯一のレディース代表、今年創業10周年を迎えたキノコホテル!今年、アナログ版がリリースされた2016年リリースの5thアルバム『マリアンヌの革命』より、ニューウェイヴを感じさせながら疾走感抜群のナンバー「おねだりストレンジ・ラヴ」。若い娘も良いけど、やっぱり支配人、マリアンヌ東雲様の大人の色気は最高です。おねだりしたい、全部ちょうだい!

      マリアンヌの革命

      マリアンヌの革命 キノコホテル

      1. 反逆の季節試聴
      2. おねだりストレンジ・ラヴ試聴
      3. 回転レストランの悲劇試聴
      4. てのひらがえし試聴
      5. 遠雷試聴
      6. 籠の中のアラステア試聴
      7. 愛はゲバゲバ試聴
      8. 赤ノ牢獄試聴
      9. 流浪ギャンブル(メカ仕様)試聴
      10. 月よ常しえに試聴

      初出場 ロッケンロー★サミットのアイドル誕生!?

      今回、ロッケンロー★サミット初の試みで、オープニングアクト出演権争奪戦を公募、見事オープニングアクトを勝ち取ったのはガールズ3ピース・ロック・バンド、MUTANT MONSTER。2008年5月、Bass&VocalのBEとGuitar&VocalのMEANAの姉妹が高校在学中に結成。ルックス、3人とも可愛いのですが、新宿LOFTでもワンマン公演を果たし、2017年9月8日から15日まで、カナダツアー、9月8日はPropagandhi、H2O、Voodoo Glow Skullsなど日本でも名の売れているバンドも多数出演するカナダ最大級のイベント「Envol et Macadam」フェスティバルへの出演を日本代表として勝ち取っている実力派バンド。2017年リリースのミニ・アルバム『ABNORMAL』より、マイナーコードの攻撃的なメロディにメッセージ性の強いツインヴォーカルが絡みつく、タイトル曲「ABNORMAL」。キノコホテルに続く(?)、新たなアイドル誕生!?

      ABNORMAL

      ABNORMAL MUTANT MONSTER

      1. いざまいらん試聴
      2. ABNORMAL試聴
      3. RAY OF LIGHT試聴
      4. DEAR JOE試聴
      5. 黒に染めろ試聴
      6. 木っ端微塵ロケット試聴

      ※紹介してる商品は店頭/ネットに在庫が無い場合があります。
      PVの数に応じて在庫取扱いも検討していく予定です。

      ▲ページの先頭へ