TOPへ - 音楽まとめツタプレ

TSUTAYAの音楽好きによる、音楽まとめサイト

今年もお世話になりました!~2017年My Best Album~

その年にリリースされた数多くの作品の中からワタクシが気に入ったものを各ジャンルごとに勝手に選ばせていただく、相変わらずのコーナー(?)も今年で3回目となりました。余計なお世話とお思いでしょうが、しばしお付き合いのほどヨロシクお願いいたします! (Jimmy'Z)

ロック/ポップス 年間ベストアルバム

view

全て再生

1.Best Rock Album

グレッグ・オールマン久々の新作のはずが、今年5月に惜しくも亡くなったため遺作となってしまいました。オリジナルの1曲目の他は所縁の深い楽曲のカバーですが、自分の死期を悟ったかのような切なさに胸を打たれます。オールマン・ブラザース・バンドのキーボード&ヴォーカルとして、長きにわたってサザン・ロックの代名詞として活躍した彼の偉業を忘れることはありません。ほんとうに、ありがとうございました!

サザン・ブラッド

サザン・ブラッド グレッグ・オールマン

  1. マイ・オンリー・トゥルー・フレンド
  2. ワンス・アイ・ワズ
  3. ゴーイング・ゴーイング・ゴーン
  4. ブラック・マディ・リヴァー
  5. アイ・ラヴ・ザ・ライフ・アイ・リヴ
  6. ウィリン
  7. ブラインド・バッツ・アンド・スワンプ・ラッツ
  8. アウト・オブ・レフト・フィールド
  9. ラヴ・ライク・ケロシン
  10. ソング・フォー・アダム feat.ジャクソン・ブラウン
  11. アイ・ラヴ・ザ・ライフ・アイ・リヴ (ライヴ・フロム・ザ・クレイ・センター) (ボーナス・トラック)
  12. ラヴ・ライク・ケロシン (ライヴ・フロム・ザ・タワー・シアター) (ボーナス・トラック)

2.Best Hard Rock Album

ブリティッシュ・ハードロックの大ベテラン、ディープ・パープルの新作ということで、まぁ相変わらずと思いきや近年稀にみる本気度100%の充実ぶりに反省することしきり。前作で初タッグを組んだ名プロデューサー、ボブ・エズリンとの相性もバッチリでオーケストラやSEなどの隠し味を効かせたアレンジはさすがです。締めのドアーズ「ロードハウス・ブルース」のカヴァーも意外にハマっております!

インフィニット

インフィニット ディープ・パープル

  1. タイム・フォー・ベドラム試聴
  2. ヒップ・ブーツ試聴
  3. オール・アイ・ガット・イズ・ユー試聴
  4. ワン・ナイト・イン・ヴェガス試聴
  5. ゲット・ミー・アウタ・ヒア試聴
  6. ザ・サプライジング試聴
  7. ジョニーズ・バンド試聴
  8. オン・トップ・オブ・ザ・ワールド試聴
  9. バーズ・オブ・プレイ試聴
  10. ロードハウス・ブルース試聴

3.Best Heavy Metal Album

1970年のデビューから47年、遂にその活動に終止符を打ったブラック・サバス。2月に地元バーミンガムで行われたラストライヴを収録した本作はまさにファン必携のパッケージ!代表曲オンパレードのセットリストをオリジナルメンバーの3人(ドラムのビル・ワードがいないのが寂しい)も、現役感バリバリのプレイで観客を沸かせます。

ジ・エンド~伝説のラスト・ショウ

ジ・エンド~伝説のラスト・ショウ ブラック・サバス

    4.Best New Artist

    ”NEOかわいいバンド”として脚光を浴びている、双子の姉妹を含む女性4人組。SXSW2017への出演や、今年のフジロックフェス”ルーキー・ア・ゴーゴー”での入場規制など話題性も充分ですが、他に類を見ないまさに突然変異といえるユニークなサウンドと、女子の抱えるコンプレックスを明るくポジティブに唄うところが共感度高し。個人的には今一番ライヴが観たいグループです。

    PINK

    PINK CHAI

    1. ハイハイあかちゃん試聴
    2. N.E.O.試聴
    3. ボーイズ・セコ・メン試聴
    4. ほれちゃった試聴
    5. フライド試聴
    6. あのコはキティ試聴
    7. ぎゃらんぶー試聴
    8. かわいいひと試聴
    9. ウォーキング・スター試聴
    10. sayonara complex試聴
    11. フラットガール試聴

    5.Best Reissue Album

    ビートルズのサージェントペパーズ50周年記念盤やストーンズのBBCセッションなど強力タイトルのリリースで賑わった2017年。こちらのドアーズのファーストアルバム50周年盤は日本独自の仕様で、ステレオ・ミックス、モノ・ミックス、未発表ライヴのCD3枚組というお買い得なパッケージ。続けてリリースされた、これまた名作セカンドアルバムの50周年盤と併せて持っておきたいですね!

    ハートに火をつけて

    ハートに火をつけて ドアーズ

    1. ブレーク・オン・スルー試聴
    2. ソウル・キッチン試聴
    3. 水晶の舟試聴
    4. 20世紀の狐試聴
    5. アラバマ・ソング試聴
    6. ハートに火をつけて試聴
    7. バック・ドア・マン試聴
    8. 君を見つめて試聴
    9. エンド・オブ・ザ・ナイト試聴
    10. チャンスはつかめ試聴
    11. ジ・エンド試聴

    6.Best Live Performance

    豪華ゲストを迎えて制作された新作「パラノーマル」を引っ提げ、LOUDPARK2017に参戦したショックロックの帝王、アリス・クーパー。日本が誇るアンセム、ベイエリアスラッシュの大御所オーヴァーキルや大トリのスレイヤー、皆さんいづれもサイコーに素晴らしかったのですが、アリス・クーパーも70年代のヒット曲や名曲のオンパレードで貫禄たっぷりのステージを繰り広げてくれました。次回はフルセットの単独公演で観たいと思います!

    パラノーマル

    パラノーマル アリス・クーパー

      Disc1
    1. パラノーマル試聴
    2. デッド・フライズ試聴
    3. ファイアボール試聴
    4. パラノイアック・パーソナリティ試聴
    5. フォールン・イン・ラヴ試聴
    6. ダイナマイト・ロード試聴
    7. プライベート・パブリック・ブレイクダウン試聴
    8. ホーリー・ウォーター試聴
    9. ラッツ試聴
    10. ザ・サウンド・オブ A試聴
    11. Disc2
    12. ジェニュイン・アメリカン・ガール 〔オリジナル・メンバーによるスタジオ・レコーディング〕試聴
    13. ユー・アンド・オール・オブ・ユア・フレンズ 〔オリジナル・メンバーによるスタジオ・レコーディング〕試聴
    14. ノー・モア・ミスター・ナイス・ガイ 〔2016年5月6日 オハイオ州コロンバス公演〕試聴
    15. 俺の回転花火 〔2016年5月6日 オハイオ州コロンバス公演〕試聴
    16. ビリオン・ダラー・ベイビーズ 〔2016年5月6日 オハイオ州コロンバス公演〕試聴
    17. フィード・マイ・フランケンシュタイン 〔2016年5月6日 オハイオ州コロンバス公演〕試聴
    18. オンリー・ウィメン・ブリード 〔2016年5月6日 オハイオ州コロンバス公演〕試聴
    19. スクールズ・アウト 〔2016年5月6日 オハイオ州コロンバス公演〕試聴

    7.その他もろもろ

    御年90歳にして新作を発表したロックンロールの神様チャック・ベリーをはじめ、トム・ペティ、かまやつひろし、遠藤賢司、平尾昌章ら今年亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げます。素晴らしい音楽をありがとうございました!来年2018年ですが、果たしてリッチー・ブラックモア先生は日本に来るのか?、ビートルズ「ホワイトアルバム」やツェッペリン結成50周年の未発表音源は?などなど期待しましょう。ってな訳で今年もお付き合いくださいまして、ありがとうございました。来年もひとつヨロシクお願いいたします!

    チャック~ロックンロールよ、永遠に。

    チャック~ロックンロールよ、永遠に。 チャック・ベリー

    1. ワンダフル・ウーマン
    2. ビッグ・ボーイズ
    3. ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド
    4. 3/4タイム(エンチラーダス)
    5. ダーリン
    6. レディー・B.グッド
    7. シー・スティル・ラヴズ・ユー
    8. ジャマイカ・ムーン
    9. ダッチマン
    10. アイズ・オブ・マン

    ※紹介してる商品は店頭/ネットに在庫が無い場合があります。
    PVの数に応じて在庫取扱いも検討していく予定です。

    ▲ページの先頭へ