TOPへ - 音楽まとめツタプレ

TSUTAYAの音楽好きによる、音楽まとめサイト

追悼~ヘヴィーメタル界の名プロデューサー、クリス・タンガリーディス~

1月6日に肺炎と心不全によりこの世を去った名プロデューサー、クリス・タンガリーディス。ヘヴィーメタル/ハードロックの名作を数多く手掛けた氏の功績に敬意を表しつつ、メタルファン必聴の名盤をいくつか紹介させていただきますので、ひとつヨロシクお願いいたします! (Jimmy'Z)

ハードロック/ヘヴィーメタル 名プロデューサー

view

全て再生

記念すべき初プロデュース作!

プロデューサーとしてのキャリアのスタートは、79年当時シン・リジィに加入して注目されていたギタリスト、ゲイリー・ムーアの初ソロ作。サイモン・フィリップス、ドン・エイリー、フィル・ライノットら豪華メンバーと共に、ストレートなロック①やハードフュージョン風の④⑤などバラエティに富んだギタープレイを聴かせてくれます。羽生結弦選手でおなじみ「パリの散歩道」のオリジナル・ヴァージョン⑧で泣いてください・・・。

バック・オン・ザ・ストリーツ

バック・オン・ザ・ストリーツ ゲイリー・ムーア

  1. バック・オン・ザ・ストリーツ試聴
  2. 甘い言葉に気をつけろ試聴
  3. 狂信的なファシスト試聴
  4. スノー・ムースの飛行試聴
  5. ハリケーン試聴
  6. ドナの歌試聴
  7. 皮肉な奴になりたいのか試聴
  8. パリの散歩道試聴

若きジョン・サイクスのギターが炸裂!

80年代初頭に勃発したNWOBHMムーヴメントから出現したタイガーズ・オブ・パンタン81年のセカンド・アルバム。本作から加入したギタリスト、ジョン・サイクスが早くもその天才ぶりを発揮しており、クリスさんも彼のギターサウンドに焦点をあてつつエッジの効いたバンドサウンドで手堅くまとめております。

スペルバウンド

スペルバウンド タイガース・オブ・バンタン

  1. ギャングランド試聴
  2. テイク・イット試聴
  3. ミノタウロス試聴
  4. ヘルバウンド試聴
  5. ミラー試聴
  6. シルヴァー&ゴールド試聴
  7. タイガー・ベイ試聴
  8. ストーリー・ソー・ファー試聴
  9. ブラックジャック試聴
  10. ドント・ストップ・バイ試聴
  11. オール・オア・ナッシング (ボーナス・トラック)試聴
  12. ドント・ギヴ・ア・ダム (ボーナス・トラック)試聴
  13. バッド・タイムス (ボーナス・トラック)試聴
  14. イット・エイント・イージー (ボーナス・トラック)試聴
  15. ドント・テイク・ナッシング (ボーナス・トラック)試聴

ハードでアグレッシヴな最終作!

アイルランドの国民的バンドでありメロディアスなツインギターとポップでハードなサウンドで人気があったシン・リジィ83年の最終作にして名作!本作から加入したギタリスト、ジョン・サイクスの活躍によりサウンドもハードさを増して新たなステップを踏み出すかと思われましたが、残念なことに本作を最後に解散。その後、ホワイトスネイク、ブルー・マーダーと渡り歩いたジョン・サイクスも近年音沙汰が無く、寂しい限りです・・・。

サンダー・アンド・ライトニング

サンダー・アンド・ライトニング シン・リジィ

  1. サンダー・アンド・ライトニング試聴
  2. ディス・イズ・ザ・ワン試聴
  3. 夕暮れにて試聴
  4. 聖なる戦い試聴
  5. コールド・スウェット試聴
  6. ヒット・バック試聴
  7. ラヴ・アウェイ試聴
  8. バッド・ハビッツ試聴
  9. ハート・アタック試聴

日英混合タッグによるパワーメタルの名盤!

日本のパワーメタルの代表格であるアンセム88年の4作目。前作までの武骨ともいえるゴリゴリなパワーメタルから一転、新ヴォーカリスト森川之雄の歌唱力を活かしたメロディックな曲が増え、そうしたバンドの変化をクリスさんがうまくまとめたおかげでサウンドの完成度の高さはダントツ!ナント、昨年リリースされた新作「ENGRAVED」でもクリスさんがミックスを担当しております!

ジプシー・ウェイズ

ジプシー・ウェイズ アンセム

  1. ジプシー・ウェイズ(ウイン・ルーズ・オア・ドロー)試聴
  2. ラブ・イン・ヴェイン試聴
  3. バッド・ハビッツ・ダイ・ハード試聴
  4. リーガル・キリング試聴
  5. クライン・ハート試聴
  6. サイレント・チャイルド試聴
  7. ミッドナイト・サン試聴
  8. シャウト・イット・アウト!試聴
  9. ファイナル・リスク試聴
  10. ナイト・ストーカー試聴

完全無欠、究極のヘヴィーメタル!

クリスさんは75年ジューダスのセカンドアルバム「運命の翼」にエンジニアとして参加しており、15年の時を経てプロデューサーとして本作を手掛けることに。ジューダスの作品中、最もヘヴィーでハードなサウンドはベテランらしからぬ過激さ!90年代初頭、パンテラを筆頭に沸き起こったモダンへヴィネスに対する回答ともいえる問答無用の傑作であり、なんとグラミー賞にノミネートされるというオマケ付き。

ペインキラー

ペインキラー ジューダス・プリースト

  1. ペインキラー試聴
  2. ヘル・パトロール試聴
  3. オール・ガンズ・ブレイジング試聴
  4. レザー・レベル試聴
  5. メタル・メルトダウン試聴
  6. ナイト・クローラー試聴
  7. ビトゥウィーン・ザ・ハマー・アンド・ジ・アンヴィル試聴
  8. ア・タッチ・オブ・イーヴル試聴
  9. バトル・ヒム試聴
  10. ワン・ショット・アット・グローリー試聴
  11. リビング・バッド・ドリームズ <ボーナス・トラック>試聴
  12. レザー・レベル (ライヴ) <ボーナス・トラック>試聴

アンヴィル感動のドキュメンタリー映画は必見!

カナダのメタルバンド、アンヴィルが再起を賭けて奮闘する姿を追ったドキュメンタリー映画は音楽ファンのみならず映画界でも高く評価され、全人類必見(?)といっても過言ではありません。新作アルバムを制作するにあたりプロデュースを依頼したのがクリスさんということで、彼らを叱咤激励しながら最高傑作である本作を完成に導く過程は感動モノ!こちらの予告編映像51秒あたりにクリスさんも登場しておりますよ。

This Is Thirteen~夢を諦め切れない男たち~

This Is Thirteen~夢を諦め切れない男たち~ アンヴィル

  1. This Is Thirteen試聴
  2. Bombs Away試聴
  3. Burning Bridges試聴
  4. Ready To Fight試聴
  5. Flying Blind試聴
  6. Room #9試聴
  7. Axe To Grind試聴
  8. Feed The Greed試聴
  9. Big Business試聴
  10. Should'a Would'a Could'a試聴
  11. Worry試聴
  12. Game Over試聴
  13. American Refugee試聴
  14. Thumb Hang (日本盤ボーナストラック)試聴
  15. Metal On Metal (日本盤ボーナストラック)試聴
  16. 666 (日本盤ボーナストラック)試聴

※紹介してる商品は店頭/ネットに在庫が無い場合があります。
PVの数に応じて在庫取扱いも検討していく予定です。

▲ページの先頭へ