TOPへ - 音楽まとめツタプレ

TSUTAYAの音楽好きによる、音楽まとめサイト

【ECLIPSE再来日記念】天才ERIK MARTENSSONが手がけたアルバム5選

4/27(金)にTSUTAYA O-WESTでECLIPSEの再来日公演が実現!ECLIPSEの前作までのレビューは既に書いてしまったので、今回はERIKが手がけた他のプロジェクト作の感想を書いてみます。 (yas-no)

ハードロック/ヘヴィーメタル メロディアスハード メロハー 来日

view

全て再生

相変わらず高品質で安定感抜群の最新作

まずは本家ECLIPSEの現時点で最新作となる17年6th。6thにもなると、流石にもう新鮮な驚きや路線変更も無いですが、相変わらず高品質で躍動感に富んだハードエッジなメロハー・チューンのオンパレード。基本的にはアップテンポのHRチューンでドライヴしつつ、適度に幅を持たせた楽曲を挿入する、前作と同路線のバランスが取られた良作。天才ERIK MARTENSSONの全く枯渇の気配が無い才能に敬服するのみです。

MONUMENTUM

MONUMENTUM ECLIPSE

  1. ヴァーティゴ試聴
  2. ネヴァー・ルック・バック試聴
  3. キリング・ミー試聴
  4. ダウンフォール・オヴ・エデン試聴
  5. ハート試聴
  6. ジェイデッド試聴
  7. ボーン・トゥ・リード試聴
  8. フォー・ベター・オア・フォー・ワース試聴
  9. ノー・ウェイ・バック試聴
  10. ナイト・カムズ・クローリング試聴
  11. ブラック・レイン試聴
  12. ダウンフォール・オヴ・エデン (アコースティック・ヴァージョン) (ボーナス・トラック)試聴

スーパー・北欧メロハー・プロジェクトの最新作

JEFF SCOTT SOTO、ROBERT SALLと組んだスーパー・北欧メロハー・プロジェクトの18年3rd。全曲ERIKが作曲しており、実質2年連続で新作をリリースしているようなものなので、恐れ入ります。本家ECLIPSEとの差別化は図られており、本作では躍動感やHRっぽさよりは、哀愁強めのメロディが強調された作風。ROBERTによるAORハード風味が無いのが少し残念ではあります。

EARTHRAGE

EARTHRAGE W.E.T.

  1. ウォッチ・ザ・ファイア試聴
  2. バーン試聴
  3. キングス・オン・サンダー・ロード試聴
  4. エレガントリー・ウェイステッド試聴
  5. アージェント試聴
  6. デンジャラス試聴
  7. コーリング・アウト・ユア・ネーム試聴
  8. ハート・イズ・オン・ザ・ライン試聴
  9. アイ・ドント・ワナ・プレイ・ザット・ゲーム試聴
  10. ザ・バーニング・ペイン・オブ・ラヴ試聴
  11. ザ・ネヴァー・エンディング・リトレイセブル・ドリーム試聴
  12. エレガントリー・ウェイステッド (アコースティック・ヴァージョン) (日本盤ボーナス・トラック)試聴

方向性の近いPRETTY MAIDSとの良コラボ

PRETTY MAIDSのRONNIE ATKINSとタッグを組んだプロジェクトの16年1st。こう見ると毎年アルバム出してるな。元々ECLIPSE自体がPRETTY MAIDSと比較的ベクトルの近いスタイルなので、違和感の無い組み合わせになるだろうな、とは想像してましたが、これが見事にハマっており、そのままPRETTY MAIDSの新作として聴かされたら近年最高の仕上がり!と大絶賛してそうな内容です。

NORDIC UNION

NORDIC UNION NORDIC UNION

  1. ザ・ウォー・ハズ・ビガン試聴
  2. ヒポクリシー試聴
  3. ワイド・アウェイク試聴
  4. エヴリー・ハートビート試聴
  5. ウェン・デス・イズ・コーリング試聴
  6. 21 ガンズ試聴
  7. フォーリング試聴
  8. ジ・アザー・サイド試聴
  9. ポイント・オブ・ノー・リターン試聴
  10. トゥルー・ラヴ・アウェイツ・ユー試聴
  11. ゴー試聴
  12. ウェン・デス・イズ・コーリング (アコースティック) ≪日本盤限定ボーナストラック≫試聴

産業ロックスタイルでも遺憾無く才能を発揮した名盤

元SURVIVORのメロディック・ロック・シンガーのソロ12年4th。JIMI JAMISONとERIKのコラボなんて、想像するだけでワクワクしてきますが、実際のところ、本当に最高に素晴らしい名盤になっています。JIMI JAMISONの歌唱の魅力を完璧に活かした、SURVIVORやJOURNEYを彷彿させる瑞々しく爽快なメロディを聴かせる、産業寄りのメロハー・チューンの数々。しかし、ERIKの作曲能力は凄まじすぎます。こういった産業っぽい路線でも、ここまでクオリティが高い楽曲を揃えられるとは・・・。マジ天才。

NEVER TOO LATE

NEVER TOO LATE JIMI JAMISON

  1. エヴリバディズ・ゴット・ア・ブロークン・ハート試聴
  2. グレート・アンノウン試聴
  3. ネヴァー・トゥー・レイト試聴
  4. アイ・キャント・ターン・バック試聴
  5. ストリート・サバイバー試聴
  6. エア・ザット・アイ・ブリーズ試聴
  7. ノット・トゥナイト試聴
  8. コーリング・ザ・ゲーム試聴
  9. ブレット・イン・ザ・ガン試聴
  10. ヘヴン・コール・ユア・ネーム試聴
  11. ウォーク・オン(ワイルデスト・ドリームス)試聴
  12. エヴリバディズ・ゴット・ア・ブロークン・ハート (アコースティック・ヴァージョン) (ボーナス・トラック)試聴

若き実力者シンガーを全面バックアップした好盤

PRIDE OF LIONSのVo、TOBY HITCHCOOKのソロ11年1st。作曲からプロデュース、ミックス、マスタリングまでを、全てERIKが手掛けています。ECLIPSE同様のGtオリエンテッドな高品質メロハーですが、メロディやアレンジは、JOURNEY的な大らかさや爽快さが加味されています。TOBYのパワフルで伸びのある歌唱は見事なものですが、やや押し一辺倒の歌唱が多く、メリハリに欠ける面もあるよう気もします。ERIK本人が歌った方が良かったりして・・・。

MERCURY'S DOWN

MERCURY'S DOWN TOBY HITCHCOOK

  1. ディス・イズ・ザ・モーメント試聴
  2. ストロング・イナフ試聴
  3. ハウ・トゥ・ストップ試聴
  4. レット・ゴー試聴
  5. ワン・デイ・アイル・ストップ・ラヴィング・ユー試聴
  6. アイ・シュッド・ハヴ・セッド試聴
  7. イフ・イッツ・トゥ・ビー (イッツ・アップ・トゥ・ミー)試聴
  8. ジャスト・セイ・グッドバイ試聴
  9. サマーナイツ・イン・カボ試聴
  10. ティアー・ダウン・ザ・バリケイズ試聴
  11. ア・ディファレント・ドラム試聴
  12. マーキュリーズ・ダウン試聴
  13. ストロング・イナフ (DUET WITH エリック・マーテンソン) (日本盤ボーナス・トラック)試聴

※紹介してる商品は店頭/ネットに在庫が無い場合があります。
PVの数に応じて在庫取扱いも検討していく予定です。

▲ページの先頭へ