1. TSUTAYAトップ
    2. MOVIE(映画)
    3. 洋画SF
    4. アドベンチャー
    5. バック・トゥ・ザ・フューチャー

    バック・トゥ・ザ・フューチャー

    バック・トゥ・ザ・フューチャー
    1. 洋画SF
    2. アドベンチャー

    TSUTAYA TV

    アーティストメール登録

    登録すると、商品の予約開始や発売の情報をお届けします。

    宅配レンタル

    TSUTAYA DISCAS

    この作品は他のサービスでも扱っています。

    SHIBUYA TSUTAYA

    他の店舗で探す

    レンタル バック・トゥ・ザ・フューチャー Blu-ray

    在庫状況:[ ] 更新日時 8月19日 23時30分

    セル バック・トゥ・ザ・フューチャー DVD

    在庫状況:[ ] 更新日時 8月19日 23時30分

    申し訳ありません。この商品は現在検索が出来ません。

    ※在庫状況は現時点のものではありません。必ずお店に在庫状況をご確認ください。

    作品詳細

    友人の科学者ドクの作ったタイムマシン・デロリアンに誤って乗り込んだ高校生マーティが30年前の世界へ。その世界でのドクの協力を得て元の世界へ帰る方法を見つけたマーティだったが、彼には少女の頃の母親に惚れられたために変わりつつある歴史の修復作業が残っていた。

    製作年: 1985年
    製作国: アメリカ
    原題: BACK TO THE FUTURE
    メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
    受賞記録: 1985年 第58回 アカデミー賞 音響賞(編集)
    1986年 第17回 星雲賞 映画演劇部門・メディア部門

    この情報は[バック・トゥ・ザ・フューチャー DVD]をもとに掲載しています。掲載情報は商品によって異なる場合があります。

    おすすめニュース

    渋谷紀世子さんがこの作品をオススメ

    TSUTAYA シネマハンドブック「CINEMA Handbook」渋谷紀世子

    VFXディレクター

    渋谷紀世子
    「VFX業界に入るきっかけとなった作品と映像的に影響を受けた作品」10本

    『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、初めて自分で友達を誘って観に行った映画であり、VFXの業界に入るきっかけとなった作品です。そもそもタイムマシンが自動車で、炎を引き連れて走るイメージも素晴らしかったし、最後は車が空を飛ぶ! いくらでも発想は自由でいいんだと思えましたね。

       続きを読む   

    椎名 誠さんがこの作品をオススメ

    TSUTAYA シネマハンドブック「CINEMA Handbook」椎名 誠

    作家

    椎名 誠
    「SF好きも思わずうなる 傑作SF」5本

    『マーズ・アタック!』は脳みそむき出しの火星人が出てきますが、昔、エドガー・ライス・バローズも火星人を頭の大きな生物として描いています。未来人は脳が進化するから頭が巨大化するんでしょうかね。それに、パロディに満ちていて何度観ても笑えます。巨大怪獣が追いかけてくる場面なんて…

       続きを読む   

    谷垣健治さんがこの作品をオススメ

    TSUTAYA シネマハンドブック「CINEMA Handbook」谷垣健治

    アクション監督

    谷垣健治
    「映画『るろうに剣心』のアクションの“素”」11本

    直感的に浮かんだ映画を選んだのですが、結果的に『るろうに剣心』の3部作を作るときにキーワードとして出てきた作品を並べたようなセレクトになりました。役者さんに説明するときに、この辺りの映画のシーンを参考に観てもらったりもしましたね。例えば『酔拳2』。これは本当にアクションの教科書のような映画。世に出ているほとんどのアクション映画は、主演スターが立ち回りを「こなしているだけ」というか…

       続きを読む   

    栗原類さんがこの作品をオススメ

    TSUTAYA シネマハンドブック「CINEMA Handbook」栗原類

    モデル・俳優

    栗原類
    「観るたびに味が出る」10本

    僕は、子どもの頃から映画が大好き。家には150枚以上のDVDがあって、今回挙げた10本は何度も観返している作品です。僕のお気に入りで、かつ特別な映画だと言えます。

    『闇の子供たち』は、現実に起きている問題を目を背けることなく描いていて、日本映画の限界に挑戦している作品だと感じました。最初に観たのは14歳のときで、ラストにものすごく衝撃を受けました。そして繰り返し観るようになって、児童買春や人身売買といったことがすべて人間の所業だという恐ろしさに吐き気がしました。フィクションに可能な限り現実を落とし込むことで、押しつけがましくなく観る者に問題提起している。僕自身もいつかこういう作品に出てみたいです。とても、打ちのめされる力強い映画なので、身も心も健全な状態で観ることをお勧めします。そして本作で描かれる現実の問題に真剣に向き合ってほしいですね。

    『アンジェラ』は、リュック・ベッソン監督作の中では駄作と言われていますが、僕は…

       続きを読む   

    バック・トゥ・ザ・フューチャー

    関連動画(YouTube)

    • 作品と異なった動画が表示・再生される場合があります。あらかじめご了承ください。

    TSUTAYAランキング

    POWER PUSH

    T-SITEニュース