1. TSUTAYAトップ
    2. MOVIE(映画)
    3. 洋画SF
    4. ファンタジー
    5. ダークナイト

    ダークナイト

    ダークナイト
    1. 洋画SF
    2. ファンタジー

    TSUTAYA TV

    アーティストメール登録

    登録すると、商品の予約開始や発売の情報をお届けします。

    宅配レンタル

    TSUTAYA DISCAS

    この作品は他のサービスでも扱っています。

    SHIBUYA TSUTAYA

    他の店舗で探す

    レンタル ダークナイト DVD

    在庫状況:[ ] 更新日時 3月27日 23時59分

    セル ダークナイト Blu-ray

    在庫状況:[ ] 更新日時 3月27日 23時59分

    申し訳ありません。この商品は現在検索が出来ません。

    ※在庫状況は現時点のものではありません。必ずお店に在庫状況をご確認ください。

    作品詳細

    「メメント」「インソムニア」のクリストファー・ノーラン監督が新たな世界観で手掛けた「バットマン ビギンズ」の続編となるダーク・ヒーロー・アクション。クリスチャン・ベイルが引き続きバットマンに扮し、悪の黒幕“ジョーカー”と壮絶な死闘を繰り広げる。なお、そのジョーカーを圧倒的な存在感で怪演したヒース・レジャーは、2008年1月に28歳の若さで急逝した。ゴッサムシティでは、バットマンとゴードン警部補が手を組み、日々の犯罪に立ち向かっていた。だがそんな中、白塗りの顔に裂けた口の“ジョーカー”と名乗る正体不明の男が闇の世界で頭角を現わし、バットマンを嘲笑うかのごとく次々と凶悪事件を引き起こしていく。

    製作年: 2008年
    製作国: アメリカ
    原題: THE DARK KNIGHT
    メーカー: ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
    受賞記録: 2008年 第62回 英国アカデミー賞 助演男優賞
    2008年 第13回 日本インターネット映画大賞 外国映画部門 助演男優賞
    2008年 第13回 日本インターネット映画大賞 外国映画部門 監督賞
    2008年 第13回 日本インターネット映画大賞 外国映画部門 作品賞
    2008年 第33回 報知映画賞 海外作品賞
    2008年 第51回 ブルーリボン賞 外国作品賞
    2008年 第63回 毎日映画コンクール 外国映画ベストワン賞
    2008年 第81回 アカデミー賞 編集賞
    2008年 第81回 アカデミー賞 音響賞(編集)
    2008年 第81回 アカデミー賞 音響賞(調整)
    2008年 第81回 アカデミー賞 視覚効果賞
    2008年 第81回 アカデミー賞 メイク・アップ賞
    2008年 第81回 アカデミー賞 美術賞
    2008年 第81回 アカデミー賞 助演男優賞
    2009年 第18回 MTVムービー・アウォーズ 悪役賞
    2009年 第18回 MTVムービー・アウォーズ 格闘シーン賞
    2009年 第18回 MTVムービー・アウォーズ 格闘シーン賞
    2009年 第18回 MTVムービー・アウォーズ 男優賞
    2009年 第18回 MTVムービー・アウォーズ 作品賞
    2009年 第66回 ゴールデングローブ 助演男優賞

    この情報は[ダークナイト Blu-ray]をもとに掲載しています。掲載情報は商品によって異なる場合があります。

    おすすめニュース

    KENCHI(EXILE)さんがこの作品をオススメ

    TSUTAYA シネマハンドブック「CINEMA Handbook」KENCHI(EXILE)

    ダンサー・俳優

    KENCHI(EXILE)
    「男の生きざまを感じる映画」10本

    『フェイク』は人生で3本の指に入る大好きな映画です。ジョニー・デップ扮する潜入捜査官ドニーが、アル・パチーノ演じる、調べるべき相手レフティと友情を築いてしまうんですが、“嘘から出た実”というか、皮肉なんだけど、観ていると人間的には正解なんだよなと思ってしまう。そしてレフティの最後のセリフ…

       続きを読む   

    和月伸宏さんがこの作品をオススメ

    TSUTAYA シネマハンドブック「CINEMA Handbook」和月伸宏

    漫画家

    和月伸宏
    「傑作アメコミ映画マイBEST10」

    2000年以降のアメコミ映画ブームの火付け役である『スパイダーマン™』はヒーロー誕生譚として完璧な作品。ヒーローの誕生には、二つの瞬間がある。ヒーローとしての能力が芽生える瞬間と、魂が目覚める瞬間です。ベンおじさんの「大いなる力には、大いなる責任が伴う」というシーンは、ヒーローの魂が目覚める瞬間として最高のもの。主人公、ピーター・パーカー役のトビー・マグワイアのさえない青年っぷりと、ウィレム・デフォ...

       続きを読む   

    ダークナイト

    関連動画(YouTube)

    • 作品と異なった動画が表示・再生される場合があります。あらかじめご了承ください。

    TSUTAYAランキング

    POWER PUSH

    T-SITEニュース