1. TSUTAYAトップ
    2. MOVIE(映画)
    3. 邦画ドラマ
    4. 人情/喜劇
    5. 駆込み女と駆出し男

    駆込み女と駆出し男

    駆込み女と駆出し男 江戸時代の離婚は現代の2倍!? 離縁調停人が人生再出発のお手伝い、承ります。
    駆込み女と駆出し男

    1. 邦画ドラマ
    2. 人情/喜劇

    アーティストメール登録
    登録すると、商品の予約開始や発売の情報をお届けします。

    リリース日

    • レンタルレンタル中
    • 販売販売中
    • 動画配信配信中

    江戸時代の離婚は現代の2倍!? 離縁調停人が人生再出発のお手伝い、承ります。

    井上ひさしの時代小説『東慶寺花だより』を原案に、江戸時代の縁切寺、東慶寺で繰り広げられる離婚を巡る悲喜こもごもを描いた人情時代劇。主演は大泉洋、共演に戸田恵梨香、満島ひかり、樹木希林、堤真一、山崎努。監督は「わが母の記」の原田眞人。時は天保十二年(1841年)。この時代、夫が妻と離縁することは容易だったが、妻のほうから離縁することはほぼ不可能だった。鎌倉の尼寺、東慶寺は、そんな妻たちの離縁を可能にする幕府公認の縁切寺。駆け込み女たちはまず御用宿に預けられ、そこで身元の調査が行われる。戯作者に憧れる見習い医師の信次郎は、江戸を追われ、そんな御用宿のひとつ、柏屋に居候することに。そして、叔母である柏屋の主人、三代目源兵衛の離縁調停を手伝い始めるが…。

    この作品のあらすじ・みどころ

    関連動画(YouTube)

    ※ 作品と異なった動画が表示・再生される場合があります。あらかじめご了承ください。

    この作品のあらすじ・みどころ

    人情にあふれる江戸時代の縁切寺

    医者見習いの戯作者と離縁を求める女の時代劇

    『わが母の記』の原田眞人監督が、井上ひさしの小説『東慶寺花だより』を基に撮った人情劇。幕府公認の縁切寺に離縁を求めて駆け込んでくる女たちが再出発していくさまを描く。監督の要望により主演に決まった大泉洋が、女たちの再出発を機転の利いた口八丁手八丁で手助けする、駆け出しの戯作者兼医者見習いの信次郎を熱演する。

    Interview

    「俳優陣が想像以上の演技でこたえてくれた」

    「この話をもらって、まず頭に浮かんだのが、映画『ラスト サムライ』に出演した際に、いつかここで時代劇を撮りたいと願っていた圓教寺のこと。原案の主人公、信次郎にも魅力を感じたし、それには大泉洋がぴったりだと思いました。それで“圓教寺ロケ”“信次郎役は大泉洋”という二つの条件を出して監督を引き受けたんです。特に撮りたかったのが、ある女性を追ってきたやくざに信次郎が話術で挑むシーン。どんな相手にもひるまずしゃべり倒す主人公のイメージは、大泉さん以外には浮かばなかった。結果、想像以上の演技でこたえてくれました。ヒロインのじょごとお吟には、戸田恵梨香と満島ひかりが扮していますが、初めは満島にじょご役をオファーしたんです。でも実際会ったときの戸田のあっけらかんとした感じが自然児のじょごに合っていたのと、満島がお吟を希望したという経緯で配役が決まりました。戸田の目力の強さ、満島のたたずまいの美しさ。それぞれ彼女たちにしか出せない魅力が出ています」

    出演者プロフィール

    監督
    原田眞人

    '49年静岡県生まれ。映画監督デビュー作は『さらば映画の友よ インディアンサマー』('79)。『ラスト サムライ』('03)には俳優として出演。『日本のいちばん長い日』('15)など数多くの作品を手がけ、本作が初の時代劇となる。

    作品情報

    製作年: 2015年
    製作国: 日本
    メーカー: バンダイビジュアル
    出演者: 大泉洋戸田恵梨香満島ひかり内山理名陽月華神野三鈴宮本裕子松本若菜円地晶子玄里
    監督: 原田眞人
    製作総指揮: 大角正
    脚本: 原田眞人
    音楽: 富貴晴美

    この情報は[駆込み女と駆出し男(通常版) Blu-ray]をもとに掲載しています。掲載情報は商品によって異なる場合があります。

    おすすめニュース

    駆込み女と駆出し男

    宅配レンタル

    駆込み女と駆出し男 DVD
    駆込み女と駆出し男 Blu-ray
    ネットで借りる

    この作品は他のサービスでも扱っています。

    店舗在庫情報

    他のお店の在庫を探す店舗検索

    ※在庫状況は現時点のものではありません。必ずお店に在庫状況をご確認ください。 もっと在庫情報を見る
    レンタル販売

    TSUTAYAランキング

    T-SITEニュース

    POWER PUSH