1. TSUTAYAトップ
    2. MOVIE(映画)
    3. 邦画ドラマ
    4. 人情/喜劇
    5. 海街diary

    海街diary

    海街diary 家族を捨てた父が、のこしてくれた家族。
    海街diary

    1. 邦画ドラマ
    2. 人情/喜劇

    アーティストメール登録
    登録すると、商品の予約開始や発売の情報をお届けします。

    リリース日

    • レンタルレンタル中
    • 販売販売中
    • 動画配信配信中

    家族を捨てた父が、のこしてくれた家族。

    吉田秋生の大ヒット漫画を「そして父になる」の是枝裕和監督が映画化。鎌倉の古い一軒家に暮らす3姉妹が、腹違いの妹を迎え入れ、それぞれに複雑な想いを抱えながらも日々の暮らしを通して家族としての絆を紡いでいく1年の物語を、鎌倉の四季折々の美しい風景とともに綴る。主役の四姉妹には綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず。鎌倉の古い家に暮らす幸、佳乃、千佳の香田三姉妹。ある日、15年前に不倫の末に家を出て行った父の訃報が届く。葬儀に参加した三姉妹は、そこで腹違いの妹すずと出会う。三姉妹から父を奪ったすずの母は既に他界していて、身寄りのないすずの今後を心配した幸は、別れ際に“鎌倉で一緒に暮らさない?”と提案する。こうしてすずは三姉妹とともに鎌倉で中学生活を送ることになるが…。

    この作品のあらすじ・みどころ

    関連動画(YouTube)

    ※ 作品と異なった動画が表示・再生される場合があります。あらかじめご了承ください。

    この作品のあらすじ・みどころ

    綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが姉妹役で共演
    美人4姉妹が紡ぐ家族の絆

    個性豊かな4人の姉妹が家族になっていく一年

    吉田秋生の同名人気コミックを、『誰も知らない』『そして父になる』などで、国際的にも高い評価を受ける是枝裕和監督が映画化。
    鎌倉で暮らす3姉妹と、15年前に姿を消した父親がほかの女性との間にもうけた異母妹。父親の死を機に4人で共同生活を送ることになった彼女たちが、複雑な境遇を乗り越え本当の家族として絆を強めていく姿を、一年という歳月を通して温かくつづる。
    生真面目でしっかり者だがどこか不器用な長女、幸を綾瀬はるか。男運も酒癖も悪いが情に厚い次女、佳乃を長澤まさみ。マイペースで変わり者の3女、千佳を夏帆。そして、姉たちとの新生活の中で少しずつ自分の居場所を見つけ、成長していく中学生の4女、すずを広瀬すずが好演。子役や若手俳優の演技指導にも定評のある是枝監督による台本なしでの演出を受けた広瀬が、明るくナチュラルな演技で物語を引っ張り、瑞々しい存在感を放っている。

    鎌倉の四季を慈しむ姉妹の生活を丁寧に描写

    “四季”がテーマの一つともなっている本作では、古いながらも趣ある木造一軒屋での季節の移ろいが描かれる。初夏は庭の梅の実をもいで梅酒を漬け、夏は浴衣を着て花火、冬はこたつでうたた寝と、昔ながらの四季を体現しながら生きる姉妹の日常を静かに追いかけていく。

    作品情報

    製作年: 2015年
    製作国: 日本
    原題: OUR LITTLE SISTER
    メーカー: ポニーキャニオン
    出演者: 綾瀬はるか長澤まさみ夏帆広瀬すず加瀬亮鈴木亮平池田貴史坂口健太郎前田旺志郎キムラ緑子
    監督: 是枝裕和
    脚本: 是枝裕和
    原作者: 吉田秋生[漫画家]
    音楽: 菅野よう子

    この情報は[海街diary DVDスペシャル・エディション DVD]をもとに掲載しています。掲載情報は商品によって異なる場合があります。

    Interview

    「この作品を監督するのは僕だと思った」

    「原作を読んだ際、最初に3姉妹がすずと出会い、高台から街を見下ろす場面のカット割りを見て、この作品は映画化を求めている、やるなら僕がやりたいと思いました。内容的にはあとから考えると自分がやってきた“捨てられた子どもの話”との共通点もあるんですが、全体のテーマ設定や肝にしている点がいい意味でドラマティックじゃないところにひかれたんです。そこが僕向きの作品だと感じたし、正直僕が(監督したほうが)いいだろうと思いました(笑)。脚本については、原作者の吉田(秋生)さんから『映画は現場で生まれるものでしょうから、原作にないシーンや台詞を思いついたら迷わず撮ってください』とお手紙をいただいたこともあり、現場で芝居を見て手を加えていくという普段どおりのやり方で進めることができました。それで、法事から帰ってきた6人の女たちが居間でそれぞれの個性をにおわせつつ動き回る一連のシーンなど、この作品らしい、何ということはないけど好きだなと感じられるシーンをたくさんカメラに収めることができました。 僕はいつも、回想を使わずにどうやって“過去の余韻”と“未来の予兆”を感じさせられるかを意識しているんですが、今回は4人が住む家が持つ「時間」を核にしました。人間より長い時間を持つものをきちんと存在させたうえで人を絡めていったんです。特徴的なのが、姉妹役の綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずに、それぞれ今はもう存在しない人の影を背負って演じてもらっている点。幸には祖母、佳乃には母親、千佳には父親、すずには子ども時代の幸を重ねています。一つのシーンの中で異なる時間軸を持つものを重ねて描いていくと、観ている人の意識が広がる。そうして映画を観終わったときに、4姉妹の生活が今も続いているような余韻を残せていたら、この映画は成功なのではないかと思います。
    また、綾瀬さんの所作の美しさ、長澤さんの笑顔、夏帆さんの受けの芝居のうまさなど、女優陣の凛とした魅力も見もの。何よりすずは、彼女のあの年齢、あの瞬間に、この役に出会えたことが奇跡。作品にとっても幸せだったし、僕も幸せでした。本作は、元々原作ファンということもあり、これまで撮ってきたオリジナル作品よりも照れずに好きだと言えるものになりました。むしろ僕がこの映画の一番のファンですね」

    出演者プロフィール

    監督
    是枝裕和

    '62年東京都生まれ。TVドキュメンタリーの演出家を経て『幻の光』('95)で映画監督デビュー。『そして父になる』('13)で第66回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞。代表作に『誰も知らない』('04)、『歩いても歩いても』('08)などがある。

    おすすめニュース

    関連作CHECK

    そして父になる

    「父と子」を描いた是枝監督作
    子どもの取り違えという予期せぬ出来事に遭遇した2組の家族の姿を通し、親子の絆や愛を描く。

    フジテレビジョン

    誰も知らない

    是枝監督が衝撃の実話を映画化
    母親に置き去りにされた子どもたちを描く。柳楽優弥が第57回カンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞。

    バンダイビジュアル

    海街diary

    宅配レンタル

    海街diary DVD
    海街diary Blu-ray
    ネットで借りる

    この作品は他のサービスでも扱っています。

    店舗在庫情報

    他のお店の在庫を探す店舗検索

    ※在庫状況は現時点のものではありません。必ずお店に在庫状況をご確認ください。 もっと在庫情報を見る
    レンタル販売

    TSUTAYAランキング

    T-SITEニュース

    POWER PUSH