『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の主題歌・挿入歌を完全収録したコンプリートベスト!

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』

© 創通・サンライズ・MBS

2015年10月から第1期が、2016年10月から今年の3月末まで第2期が放送されていたTVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』。同作では、主人公である少年の三日月やオルガらが立ち上げた“鉄華団”の絆や挫折、成長といった人間ドラマに焦点が絞られ、観る者の心をかき乱す青春群像劇が描かれた。その世界観に踏み込んだオープニング・エンディングテーマと挿入歌を全て収録したベストアルバムがリリースされる。

オープニングには、バトルモード全開のロックナンバーがズラリ。ストリングスに重なるシンガロング必至のコーラスや、聴き手を鼓舞する力強いツービートにテンションが上がる「Raise your flag」。エクストリームなバンドサウンドが、鉄華団のがむしゃらな生き方に重なる「Survivor」。理不尽さに負けず、誰かの願いごとも背負って生きろと前向きなメッセージを叩き付ける「RAGE OF DUST」。アニメ後半の壮絶な戦いを物語るように、切迫感のあるビートと剥き出しの闘争心を全面に押し出した「Fighter」。一方、エンディングテーマには、癒しや祈りを連想させる楽曲が集められている。“強者たちは夢のかけらに何を思うのだろう”と、情感豊かにその先の希望を歌い上げる壮大なバラード「オルフェンズの涙」。ストレートな熱血メッセージソング「STEEL-鉄血の絆-」。「少年の果て」は、ビターなサウンドが心に染みる王道のミディアムロック。クライマックスに向けて鮮烈な生き様と死に様が描かれた数々のエピソードを受け止めたのは、優しく包み込むような透き通った歌声に癒されるバラード「フリージア」。鉄華団メンバーが集う穏やかなエンディングムービーと相まって、感動は倍増する。アニメ本編を最後まで見届けたあとで、改めて楽曲を聴いてみると、各ナンバーに込められたメッセージがより強く響くだろう。

(TEXT:MADAO)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ COMPLETE BEST

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ COMPLETE BEST

ALBUM
6.3 RENTAL
5.17 on sale

CD+DVD:VVCL-1023〜4 4,000円(税抜)
予約/購入特典
B2ポスター

⇒作品紹介・レビューを読む

>アニメ関連情報をひとまとめ!「あにツタ」特集はこちら

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST