妖怪ウォッチが最もアツい都道府県ランキング発表! 1位はマジメな県民性のアノ県

小学生を中心に絶大な支持を集める「妖怪ウォッチ」(画像はテレビ東京ホームページより)

小学生を中心に絶大な支持を集める「妖怪ウォッチ」(c)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2014

レベルファイブによるゲームソフトで、テレビ東京でのアニメ化やグッズ展開などのメディアミックスにより小学生を中心に絶大な支持を集める「妖怪ウォッチ」。

同シリーズといえば昨年末の『NHK紅白歌合戦』にはメインキャラクターのジバニャンらが初出場したほか、最新作『妖怪ウォッチ3』の発売も予定しているなど、ますますも勢いが増している。

そんな「妖怪ウォッチ」の人気が最もアツい県はどこだろうか?

カルチュア・コンビニエンス・クラブが運営する「みんなのデータクイズ」から「妖怪ウォッチ」の人気が、最もアツい都道府県ランキングが明らかになった。

「妖怪ウォッチ」の人気が最もアツいのは福島県! 最下位は奈良県…古都育ちは妖怪に興味なし?

「妖怪ウォッチ」の人気が最もアツかったのは福島県、2位は栃木県、3位は佐賀県だった。

福島県は人間関係を大事にし、物事にマジメに取り組む土地といわれている県民性が、一度好きになったものへの熱い情熱につながっているのだろうか。福島県の県民性はしっかりとこども達に受け継がれているようだ。

「妖怪ウォッチ」の人気が、最も暑い県ランキング

「妖怪ウォッチ」の人気が、最もアツい県ランキング(1位は福島県、47位は奈良県)

最下位は奈良県、言わずと知れた古都で育ったこども達にとっては、妖怪も珍しくないのかもしれない。ちなみに京都府は28位だった。

アニメ『妖怪ウォッチ』の放送時差がブームの時差を生んだ?

妖怪ウォッチブームの火付け役はやはりテレビ東京のアニメ放映だろう。

しかしこのアニメ、放送開始当初は放送されていない地域も多かったのはご存知だろうか。日本全国にはテレビ東京系の放送局がない地域も多く、今回のランキングで1位に輝いた福島県もその1つだった。

福島県にアニメ『妖怪ウォッチ』が上陸した頃には妖怪ウォッチブーム十分に成熟した状態だったのかもしれない。「妖怪ウォッチ」を待ち焦がれたこどもたちとマジメな県民性が合わされば福島県の「妖怪ウォッチ」熱にもうなずける。

ゲーム版の次回作『妖怪ウォッチ3』は、発売日未定ながら情報の一部をすでに解禁済み。今度の舞台はなんと海の向こうの国アメリカに設定されており、妖怪ウォッチブームの世界進出も秒読み段階に入ったのかもしれない。

(文:吉川泰平)

【みんなのデータクイズとは?】T会員5,000万人の情報を元に、Tカード・Tポイントを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブが推計したデータを用いたクイズ。あくまで推計であり、必ずしも真実を保証するものではないので、お友達や家族との会話のネタとしてお楽しみ下さい。

「みんなのデータクイズ」公式サイト

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST