細田守最新作『バケモノの子』大ヒット記念!『AnimeJapan2016』にスタジオ地図が出展決定

(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

2015年夏に公開された細田守監督最新作『バケモノの子』は459万人を動員し、2015年夏の邦画No.1ヒットを記録。その細田守監督の映画制作拠点である『スタジオ地図』がこのヒットを受け、AnimeJapan2016に“スタジオ地図ブース”を出展すると発表した。

※AnimeJapanは2015年実績で12万人を超える来場者、140社を超えるアニメーション関連企業が出展する日本最大のアニメーションイベント。

AnimeJapan2016開催概要

会期:2016年3月26日(土)・27日(日)
会場:東京ビックサイト東展示棟東5ホールブース番号J11
時間:10:00~17:00※ファストチケット入場は9:30~9:59、最終入場は16:30

【ブース展示】 細田守監督作品が作られる現場とは?

多彩な人材が集まり、細田守作品を作り続ける、世界で一番小さなアニメーション映画制作会社『スタジオ地図』。映画制作時に使用されていた監督と作画監督、そして美術監督の机を再現。一本一本、鉛筆と筆で描かれた『バケモノの子』の原画や背景美術の展示なども通して、細田作品の映画制作風景や、アニメーションが持つ力強さや美しさなどを感ることができるブースに。さらに、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』も含めた4作品それぞれのスペシャルメイキングも映像で紹介。

【物販】 スタジオ地図SHOPが再登場

映画公開に合わせて開催された『バケモノの子』展で好評を博した“スタジオ地図SHOP”が特別出店。『バケモノの子』で作画監督を務めたスタジオ地図・山下高明による描き下ろしイラストを使用した会場限定のキャンパスバッグを数量限定で販売。またそのイラストを使用した複製色紙を購入者特典(数量限定)としても配布する。

【ブース連動スペシャル企画】 『バケモノの子』デジタルスタンプラリーin AnimeJapan2016

AnimeJapan2016に出展している6つのブースが連動し、スマホアプリ「WalkerTouch」を使い、各ブースに掲示しているマーカーをアプリから撮影するとスタンプが押され、デジタル特典をプレゼント。さらに、全てのスタンプをコンプリートすると、各日先着100名様に特典イラストを封入した“スタジオ地図”カット袋がもらえるぞ!

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

細田守

生年月日1967年9月19日(50歳)
星座おとめ座
出生地富山県中新川郡上市町

細田守の関連作品一覧

役所広司

生年月日1956年1月1日(62歳)
星座やぎ座
出生地長崎県諌早市

役所広司の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST