TVアニメ『3月のライオン』川本ひなた役・花澤香菜インタビュー「ひなたちゃんを見ていると『頑張れ!』という気持ちになる」

川本ひなた役・花澤香菜

川本ひなた役・花澤香菜

幼いころに事故で家族を失い、心に深い孤独を負う高校生の将棋棋士・桐山零。東京の下町で偶然出会った川本家の3姉妹(あかり、ひなた、モモ)をキッカケに、彼の中で少しずつ何かが変わりはじめて――。現在も連載中の羽海野チカ原作「3月のライオン」は「様々な人間が、何かを取り戻していく優しい物語」だ。

2016年の10月からはTVアニメ化され、2017年3月18日まで全22話が放送、TVアニメ終了同日には実写版も公開に(前編。4月には後編)。そしてこの10月からはいよいよTVアニメの第2シリーズ(全22話)がスタートする。

本作のメインキャラクターの1人であり、第2シリーズでより重要度が高まる川本ひなたを演じる花澤香菜にインタビュー。現在、絶賛収録中の彼女に想いを聞いた。

第1シリーズから半年ほど空いたが現場での雰囲気は変わらずで、すんなりひなたに戻ることが出来たという。

花澤:川本家は第1シリーズであの雰囲気ができあがっていたので、アフレコ現場に行ったら普通にひなたちゃんになれました。実は一話の出番はBパート(後半)からだったのですが、Aパートで零ちゃん(演:河西健吾)の声を聞いたら「(3月のライオンに)帰ってきた!」という気持ちがこみ上げてきました。河西くんが作っている空気感は凄く大きくて、みんなを引っ張っていってくれているんだなと思いました。

(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

ひなたといえば、零にとってはその名の通り彼を照らしたり暖めてくれるような、かけがえのない存在。そんなひなたがこの第2シリーズではひとつの大きな問題に直面し、零たちを巻き込んで大きな一つの流れを紡いでいくことになる。アニメだけ視聴してきている人には衝撃ともいえる展開だ。

花澤:第1シリーズではお母さんのことを思い出してひとりで悲しい涙を流す場面がありましたけど、今回もひなたちゃんはすごく泣くんですが…悔し涙なんです。でもその悔し涙にすごく勇気をもらえるというか、「ただ悲しくはならないぞ」っていう彼女の正義感や持っている暖かさとか、しっかり彼女の気持ちに寄り添って演じなきゃなと思いながらやっています。ひなたちゃんの「自分のしたことは間違っていない」という、その思いが絶対に折れないところがすごく頼もしいし、もともと人のことをよく観ていて思いやりの強い子でしたけど、今回一気にかっこよさが増したと思っています。

第2シリーズでは、ひなたのモノローグも初登場。それだけ、彼女の心情がよりクローズアップされる展開になっていく。

花澤:ひなたちゃんのモノローグが出てくるんですが、最初はどういうふうに気持ちを乗せていくか少し悩みました。普段はすごく明るくて元気なんですけど、モノローグでは彼女の本当の部分というか、落ち着いてしみじみと状況を感じていると思うんです。なので、演じる上では(モノローグへ向けて)気持ちを作る、というよりは自然な流れでモノローグも出てくるので、構えたり、大変だなと思うことはなかったです。

(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

立場が変わっていくことで、零とひなたの距離感もさらに縮まっていく。

花澤:零ちゃんとの関係性で言うと、第1シリーズの時にひなたちゃんが想いを寄せていた高橋くん(演:細谷佳正)の話で盛り上がった時にすごく打ち解けた感じがしています。そこから彼女に起こる大変な展開を零ちゃんが支えてくれて、彼の前でわんわん泣けるような…弱いところもしっかり見せられるようになっていたので、すごく距離が縮まっている感じがします。ひなたは零ちゃんを「頼れる一人の男の子」として認識しだしていると思いますし、零ちゃんと話している時にふとすごく優しい顔を見せたりしますよね。あとはやっぱり零ちゃんが本当に彼女のために色々考えて行動してくれたりするので、そこは見どころだと思います。

この2人ももちろん気になるところだが、やはり川本家というのは本作においてとても良いアクセントとなり、観ているものをほっこりさせてくれる。

花澤:ひなたちゃんがはじめて家族に「こういうことがあった」と打ち明けた時におじいちゃんが「よくやった!!」って言ってくれるんですね。それでみんなが救われるんです。心にぐっと刺さるというか、思わず涙が出てしまうような温かいセリフなんです。あかりさんにとっても家族のこういう事態は初めての経験で、ひなたにどう声をかけたら良いのか悩みつつもいつも通りで居ようとしてくれたりとか。モモちゃんはいつも通りですけど(笑)、彼女が居てくれるだけで和んだりしますよね。

(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

(C)羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

ストーリーにおける盛り上がりや感情の緩急が特徴的な『3月のライオン』。第2シリーズでは誰が何を取り戻していくのか、その全貌はぜひ放送で見届けて欲しい。

花澤:この作品を観ていると、過去自分が通ってきた道だとかこの時こうすればよかったのかなということも思い出されますけど、でもどんな環境になってもまっすぐなひなたちゃんを見ていると「頑張れ!」という気持ちにさせてくれるんです。なので観る前にあまり身構えずにいていただけると嬉しいです。羽海野先生の作品なので、ところどころクスッとしてしまうシーンもたくさんありますから。色々あるけれども変わらずに観ていただければと。また、私たち川本3姉妹が担当している猫も喋りまくっているのでぜひご期待ください(笑)。


テレビアニメ『3月のライオン』
第2シリーズ 2017年10月14日よりNHK総合テレビにて毎週土曜23:00~放送!
※放送日時は変更となる場合がございます。

【スタッフ】
原作:羽海野チカ(白泉社 ヤングアニマル連載)
監督:新房昭之
キャラクターデザイン:杉山延寛
美術設定:名倉靖博
美術監督:田村せいき
音響監督:亀山俊樹
音楽:橋本由香利
アニメーション制作:シャフト
製作:「3月のライオン」アニメ製作委員会
オープニングテーマ: YUKI「フラッグを立てろ」
エンディングテーマ:Brian the Sun「カフネ」

【キャスト】
桐山零:河西健吾/川本あかり:茅野愛衣/川本ひなた:花澤香菜/川本モモ:久野美咲/二海堂晴信:岡本信彦/幸田香子:井上麻里奈/高橋勇介:細谷佳正/島田開:三木眞一郎/三角龍雪:杉田智和/松本一砂:木村 昴/川本相米二:千葉 繁/幸田柾近:大川 透/林田高志:櫻井孝宏/宗谷冬司:石田 彰/神宮寺崇徳:玄田哲章/横溝億泰:阪口大助/辻井武史:中村悠一/後藤正宗:東地宏樹/藤本雷堂:大塚明夫 ほか

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST