今月の強力アジアンムービーをピックアップ! ダイナミック★アジア

パク・ユチョンが役者としての新たな魅力を開花させた『海にかかる霧』を一押し紹介! JYJ関連作もチェック!!

『海にかかる霧』

海にかかる霧

JYJのパク・ユチョン映画初出演『殺人の追憶』のスタッフが手がけたサスペンス

'01年に韓国で実際に起きた「第7テチャン号事件」を題材にした舞台を映画化。『殺人の追憶』のポン・ジュノが初めて製作を手がけ、同作で脚本を担当したシム・ソンボが初監督に挑んだ骨太なサスペンスだ。

不漁が続くなか、船の維持に苦しむ船長チョルジュ(ユンソク)は、やむを得ず“中国からの密航者の輸送”という違法な仕事を引き受ける。だが、船員たちが海上で密航者たちを迎え入れた矢先、海上警察に出くわしたことから予想外の事故が起こってしまう。

人気俳優、JYJのユチョンが、密航者の女性と恋に落ちる主人公の純朴な青年、ドンシク役で映画初出演を果たしたほか、『チェイサー』などのキム・ユンソクが、ある事故を機に狂気にむしばまれていく船長役で鬼気迫る演技を見せている。一寸先も見えぬ深い霧が立ち込める海上で、極限状態に追い込まれた人々を待つ運命とは。ほろ苦いラストの描写が胸に残る。

海にかかる霧

ここがダイナミック

韓国で新人賞を独占したユチョンの熱演!

密航者の女性ホンメ(イェリ)を、身を挺して守ろうとするドンシクを体当たりで演じたユチョン。ベテランのキム・ユンソクにも引けをとらない演技で、韓国のアカデミー賞とされる大鐘賞や青龍映画賞などの新人賞を総なめにし、映画俳優としても高く評価された。

海にかかる霧

ここがダイナミック

閉ざされた空間で巻き起こる恐怖

海上の船という密室状況下で起きた思いもよらぬ惨事を機に、船員たちは疑心暗鬼に陥っていく。船を守ることに固執する船長、我を忘れ女を奪い合う男たち。それぞれの欲望をむき出しにした者たちの醜い姿が、張り詰めた緊迫感の中で生々しく描かれる。

海にかかる霧』

海にかかる霧』

10.7 RENTAL
'14年・韓国
監督・脚本/シム・ソンボ
製作・脚本/ポン・ジュノ
出演/キム・ユンソク、パク・ユチョン、ハン・イェリ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
【セル】4,790円(税抜/初回限定生産)、7,790円(税抜/スペシャルBOX 初回限定生産)、8,790円(税抜/ブルーレイ スペシャルBOX 初回限定生産)

(C) 2014 NEXT ENTERTAINMENT WORLD Inc. & HAEMOO Co., Ltd. All Rights Reserved.

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST