失踪した両親を捜し出せ!『ダイナマイト・ファミリー』ほか―今月の強力アジアンムービーをピックアップ! ダイナミック★アジア

2PMのチャンソン主演のサスペンスや、豪華スター共演の時代劇、人間の心の闇をえぐった衝撃ホラーなど、多彩なアジア映画が集結!


『ダイナマイト・ファミリー』

『ダイナマイト・ファミリー』

失踪した両親を捜し出せ! 個性豊かな5人兄弟が巻き起こす大騒動

2PMのチャンソンが映画初主演を務めたコメディタッチのサスペンス。それぞれの親が再婚し家族になった不仲な5人兄弟。久々に実家に集まった彼らは、失踪した両親の行方をたどるうちに恐ろしい事件に巻き込まれていく。真面目な長男、ケンカっ早い次男など個性バラバラなキャラクターがズラリ。反発し合っていた5人が、事件を機に絆を強めていく展開が心温まる。

『ダイナマイト・ファミリー』
『ダイナマイト・ファミリー』

『ダイナマイト・ファミリー』

5.3 RENTAL 4.29 ON SALE
'14年・韓国
監督/チョン・ヒョンジュン
出演/チャンソン、ユン・サンヒョン、ソン・セビョク、イ・アイ
【セル】4,500円(税抜)

⇒作品詳細・レビューはこちら

<インタビュー>スギョ役ユン・サンヒョン&ヒョンジョン役イ・アイ

家族の大切さを思い出せる作品です(サンヒョン) サンヒョンさんが現場を盛り上げてくれました(アイ)

『ダイナマイト・ファミリー』

サンヒョン:監督からは長男スギョ役について、「オーバーにならないように抑え気味の演技をしてほしい」と言われていました。僕は面白いと思ったら、もっと面白くしようとしてしまうので(笑)。

アイ:私が演じた長女ヒョンジョンは、劇中のある出来事をきっかけに急に外見が変わってしまうんです。監督からは「彼女の性格だけは見失わないように」とアドバイスをいただいたので、外見の変化によって内面まで変わってしまわないように気をつけました。ヒョンジョンは「天然ボケ」「変わっている」と周囲の人たちにツッコまれていますが、実は私もよく言われるんです(笑)。

サンヒョン:スギョはとにかくいい人で忍耐力があるけれど、演じる僕は忍耐力もないし、せっかちだし、ケンカをしている人を見かけても止めずに放っておくタイプ(笑)。僕とスギョの性格には、ほとんど共通点がないんです。

アイ:撮影現場では、サンヒョンさんが私のモノマネをして盛り上げてくださいました。本当にありがたかったです。

サンヒョン:どんな話をしてもアイさんが笑ってくれたので「僕の話ってそんなに面白いのか?」と勘違いするほどでした(笑)。この作品は、ジャケットを見るとコメディ映画に思えますが、サスペンス要素も感動も詰まっていて鑑賞後は家族の大切さを思い出させてくれる作品です。ぜひ観ていただけたら嬉しいです。

◆PROFILE

ユン・サンヒョン(右)/'73年韓国生まれ。'05年俳優デビュー。TVドラマ『シークレット・ガーデン』('10)など多数の話題作に出演。
イ・アイ(左)/'84年韓国生まれ。'06年デビュー。映画『大韓民国 1%』('10)、TVドラマ『一途なタンポポちゃん』('14)などに出演。

(C)2014 Cicada I Remember All Rights Reserved. 提供:Entertainment Semi


『尚衣院 サンイウォン』

『『尚衣院 サンイウォン』

伝統職人VS若き天才仕立て師! 王室を揺るがすデザイン対決

『ベルリンファイル』のハン・ソッキュ、『高地戦』のコ・スら豪華キャスト共演の時代劇。朝鮮王室の衣服を作る部署、尚衣院を舞台に、伝統を重んじる職人と自由な感性を持つ新進気鋭の仕立て師が、王妃と側室の権力争いに巻き込まれていく。若手デザイナーの王妃への許されぬ恋心、天才の出現に焦る秀才の嫉妬など、人間の繊細な心理を美しい映像で描き出す。

ここがダイナミック!

『尚衣院 サンイウォン』

制作費1億円! 美しい宮廷衣装の数々

衣装には約1億円という費用が投入され、100着以上の美しい韓服が制作された。終盤に登場する純白の韓服ドレスは、15枚の衣を重ね、3000個のパールやビーズをちりばめた重量40kgの豪華な一着。現代の婚礼衣装を彷彿させる斬新なデザインにも目を奪われる。

『尚衣院 サンイウォン』

『尚衣院 サンイウォン』

5.3 RENTAL 4.29 ON SALE
'14年・韓国
監督/イ・ウォンソク
出演/ハン・ソッキュ、コ・ス、パク・シネ
【セル】4,500円

⇒作品詳細・レビューはこちら

(C)2014 WAW PICTURES All Rights Reserved.


『笛を吹く男』

『笛を吹く男』

山村を訪れた父子が目撃する村人たちの心の闇

グリム童話「ハーメルンの笛吹き男」をモチーフにしたホラー。息子とともに山村を訪れた男が、ネズミ被害に悩む村人に協力したことから村の恐ろしい秘密を知ってしまう。大量発生するネズミ、よそ者に異常におびえる村人など、観る者の不安をあおる描写が連続。

ここがダイナミック!

『笛を吹く男』

村社会の不気味さと人間の狂気を生々しく描く

絶対的な力を持つ村長のもと、外部の情報を知らされずに暮らす村人たち。彼らの客人に対する排他的な態度や理不尽な暴力を通して、人間のおぞましさと心の闇をダイレクトにえぐり出す。

『笛を吹く男』

『笛を吹く男』

5.3 RENTAL 5.11 ON SALE
'15年・韓国
監督・脚本/キム・グァンテ
出演/リュ・スンリョン
【セル】3,800円(税抜)

⇒作品詳細・レビューはこちら

(C)2015 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

(文:くれい響)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST