熱唱ライブにサプライズも! 映画『日々ロック』完成披露挨拶イベント

(C)2014「日々ロック」製作委員会 (C)榎屋克優/集英社

(C)2014「日々ロック」製作委員会 (C)榎屋克優/集英社

パンツ一丁の野村

パンツ一丁の野村

『日々ロック』というライブを楽しんでください!!(野村)

究極の爆音ムチャぶりエンターテイメント映画『日々ロック』。11月22(土)の公開に先駆けて、10月22日(水)に完成披露舞台挨拶が行われた。
MCの呼び込みの後、眩しい光と共に登場したのは主演・日々沼拓郎こと、野村周平率いる“ザ・ロックンロールブラザーズ”。コーラスとして二階堂ふみをはじめ、古舘佑太郎、蛭子能収、竹中直人らが登場し、劇中曲「いっぱい」のスペシャルバージョンを披露。野村は「おまえらもっとこいよー!!」と観客を煽り、会場は大盛り上がり!! ライブが終わると、劇中の日々沼よろしく野村もパンツ一丁に。

ライブ後には出演者に向けたサプライズが用意されていた。舞台挨拶の前日、10月21日(火)に誕生日を迎えた蛭子と岡本へ「日々ロック」特製のギター型バースデーケーキを用意。登壇者と観客一体となってバースデーソングを大合唱し、二階堂から蛭子、野村から岡本へそれぞれケーキを一口食べさせる場面も。

最後に、主演の野村が「音楽も最高な青春映画。“ライブ”そのものです! 『日々ロック』というライブを楽しんでください!!」とコメントし、熱気に包まれたまま舞台挨拶は幕を閉じた。

映画『日々ロック』は11月22日(土) 全国ロードショー

【ストーリー】
金なし風呂なし彼女なし。童貞ヘタレロッカー・日々沼拓郎(野村周平)。そんな拓郎が友人の草壁(前野朋哉)、依田(岡本啓佑)とともに結成した名前からして猛烈ダサいバンド“ザ・ロックンロールブラザーズ”は、知る人ぞ知るライブハウス「モンスターGOGO」に住み込みで働いていた。鬼より怖いオーナー・松本(竹中直人)に「家賃も払えねえゴミくずども!」と罵られつつ、ステージに立たせてもらうどん底な日々。拓郎は全裸でギターを抱え、魂を奮いたたせて歌うが、客は毎回数えるほどだった。
ある晩、ライブをしていた三人の前に酔っぱらった女が乱入してきた。「お前、童貞だろ?生の女抱いてからロックしな!」。拓郎の頭をビール瓶でぶん殴り、強引にギターを奪った女は名曲の「雨あがりの夜空に」を熱唱し、観客の心を鷲づかみにしてしまう。松本の姪っ子だという彼女の名前は、宇田川咲(二階堂ふみ)。斬新なスタイルでカリスマ的な人気を誇るデジタル系トップアイドルだ。フロアは大混乱、咲と三人は血とゲロにまみれた大乱闘。だが迎えのリムジンに飛び乗る直前、彼女はこう言い残して去っていく。「お前らダセーけど、けっこー良かったぞ!」少しずつ距離を縮めていく咲と拓郎たちだったが…。
“史上最強のロックバカ”と“凶暴なアイドル”の運命は!? 拓郎の叫び=『日々ロック』は本当に、世界を変えることができるのか!?

原作:榎屋克優「日々ロック」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中)
監督:入江悠(『SR サイタマノラッパー』、『ジョーカー・ゲーム』)
出演:野村周平 二階堂ふみ 前野朋哉 落合モトキ 岡本啓佑 古舘佑太郎 喜多陽子 / 毬谷友子 蛭子能収 竹中直人
劇中曲提供:黒猫チェルシー、The SALOVERS、滝 善充(9mm Parabellum Bullet)、DECO*27、爆弾ジョニー、細身のシャイボーイ、ミサルカ、忘れらんねえよ(五十音順)
制作・配給:松竹

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST