いとうせいこう氏が「思わず字幕監修」した『少林サッカー』のチャウ・シンチー監督最新作

『少林サッカー』のチャウ・シンチー監督6年ぶりの最新作にして2013年中国映画興行記録1位のメガヒット作『西遊記~はじまりのはじまり~』。が11月21日(金)より公開となる。

(C) 2013 Bingo Movie Development Limited

(C) 2013 Bingo Movie Development Limited

きっかけは、ジャパンプレミア舞台挨拶

実は?本作の字幕監修を務めていることが明らかになったクリエイターのいとうせいこう氏。きっかけは、先日行われた、いとう氏が総合プロデューサーを務める“第7回したまちコメディ映画祭in台東”で、オープニング作品として招待された本作のジャパンプレミア舞台挨拶でのこと。いとう氏と親交のある本作の宣伝プロデューサーが「せいこうさんも、妖怪の声とかで出演してくださいよ! あと字幕監修もお願いします!」と冗談交じりでお願いしたところ、いとう氏は快諾したという。

字幕監修を終えたいとう氏は、「ここまでの大予算映画の中でオフビートなギャグを繰り出すチャウ・シンチー監督をリスペクト! 思わず字幕監修もしてしまいました。」とコメントを寄せた。


映画『西遊記~はじまりのはじまり~』
11月21日(金) TOHOシネマズ有楽座他、とんでもねーロードショー!

三蔵法師が孫悟空、沙悟浄、猪八戒と天竺を目指すおなじみの「西遊記」には、4人が出会うまでの「はじまりのはじまり」の物語があった――。
『西遊記~はじまりのはじまり~』は『少林サッカー』『カンフーハッスル』で知られるチャウ・シンチーが、6年ぶりに監督した最新作。

三蔵法師は玄奘(げんじょう)という名前の若き妖怪ハンターとして登場し、妖怪退治に奮闘する姿が描かれる。武器は「わらべ唄 三百首」。わらべ唄で妖怪の善の心を呼び覚まそうと試みるが、失敗ばかり。師匠には「お前にはほんの少し“何か”が足りなかった。修行に励め」と諭される。「西遊記」でおなじみの「仏教の悟りを開いた三蔵法師」とは程遠い姿だ。沙悟浄、猪八戒、孫悟空も斬新な姿で登場する。沙悟浄はカッパではなく巨大な魚と獣を合わせた水の妖怪。猪八戒は美男子として現れ、巨大なイノシシに変貌する。孫悟空は外見が青白くはげた老人として現れ、獰猛な猿に変貌する。さらに「西遊記」には登場しない女性妖怪ハンターの“段”がオリジナルキャラクターとして登場し、玄奘とのはかない恋を繰り広げる。

【製作・脚本・監督】チャウ・シンチー
【出演】スー・チー(妖怪ハンター)/ウェン・ジャン(玄奘)/ホアン・ボー(孫悟空)/ショウ・ルオ(空虚王子)
2013年/中国/110分/ PG12
(C) 2013 Bingo Movie Development Limited
配給:日活/東宝東和 配給宣伝協力:東京テアトル

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

チャウ・シンチー

生年月日1962年6月22日(56歳)
星座ふたご座
出生地香港

チャウ・シンチーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST