異彩を放つ超アングラ系バンドのフルバージョンPVが解禁!!

劇中で異彩を放つ超アングラ系バンド“犬レイプ”

劇中で異彩を放つ超アングラ系バンド“犬レイプ”

劇中にも出ていないフル尺のパフォーマンス映像

犬レイプは蛭子能収とロックバンドThe SALOVERSのメンバーによって結成された、映画『日々ロック』の劇中バンド。ボーカル・犬飼佑一郎役の古舘佑太郎をはじめ、藤井清也(ギター)、小林亮平(ベース)、藤川雄太(ドラムス)とThe SALOVERSの全員が本作に参加、さらに犬レイプの象徴である“犬を掲げる”パフォーマンスを担当の象徴さんを蛭子能収が担当している。

犬レイプは主人公・日々沼拓郎(野村周平)たちのバンド”ザ・ロックンロールブラザーズ”と共にライブハウス・モンスターGOGOでライブ活動をしており、拓郎たちの良き理解者。そんな彼らのライブシーンとなる映像は、どこか切なげな表情で「年貢米…年貢米…」と歌う犬飼の歌声に、感動するような、やっぱりしないような…。ちなみに、蛭子が抱っこしている犬はライブハウスという独特な撮影環境にもかかわらず、ほとんど吠える事もなく、まるで蛭子の腕の中で安心しきっているかのようだったそう。

劇中で観ることのできる彼らのライブシーンは一部のみのため、フル尺で彼らのパフォーマンスが観られるのは本映像のみ!


映画『日々ロック』は11月22日(土) 全国ロードショー

原作:榎屋克優「日々ロック」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中)
監督:入江悠(『SR サイタマノラッパー』、『ジョーカー・ゲーム』)
出演:野村周平 二階堂ふみ 前野朋哉 落合モトキ 岡本啓佑 古舘佑太郎 喜多陽子 / 毬谷友子 蛭子能収 竹中直人
劇中曲提供:黒猫チェルシー、The SALOVERS、滝 善充(9mm Parabellum Bullet)、DECO*27、爆弾ジョニー、細身のシャイボーイ、ミサルカ、忘れらんねえよ(五十音順)
制作・配給:松竹

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST