ティム・バートン、新作映画『ビッグ・アイズ』のスペシャルプレゼンテーションに登場!

(C) Big Eyes SPV, LLC.  All Rights Reserved.

(C) Big Eyes SPV, LLC. All Rights Reserved.

<ビッグ・アイズ>アートは、僕が子供の頃には街にあふれていた

ティム・バートン監督が今回新たに挑戦したのは“仰天の実話”!60年代のアメリカ、ポップア―ト全盛期に衝撃を与えた、<ビッグ・アイズ>シリーズを巡って、実在の画家マーガレット・キーンとその夫ウォルターが引き起こした一大スキャンダルの行方を描く。

今回この実話を題材にした理由について「この<ビッグ・アイズ>アートは、僕が子供の頃には街にあふれていたし、その頃から不思議な絵だと感じていたよ。まるでじっと見つめられているような強いインパクトがあって、ずっと興味を持っていたんだ」と自身の想い出を語った。
映画化にあたっては「この映画にその子供時代の想いは入っていないよ。当時はキーン夫妻の事を知らなかったからね。最近になってマーガレットとウォルターの奇妙な関係を知り、ぜひ映画化したいと思った。僕にとって実話を描くのは『エド・ウッド』以来だね!」と本作に込めた想いを明かす。

実在の人物を演じる事となった主演の二人に関しては「素晴らしい俳優2人と仕事が出来てとても嬉しいよ。この作品は何より演技が大切で、エイミーとクリストフのような演技派の2人が参加してくれたことをとても嬉しく思っている」と称賛した。

最後に監督は「一言だけ言わせてください、ハッピー・ハロウィーン!! そして今夜をどうぞ楽しんでください」と、ファンにメッセージを送り、会場を後にした。


映画『ビッグ・アイズ』
2015年1月TOHOシネマズ 有楽座他全国ロードショー!

【ストーリー】
内気で口下手なマーガレット・キーン。彼女の描く悲しげな大きな瞳の子供たちの絵は、1960年代に世界中で大ブームを巻き起こした。
──ただし、夫のウォルターの絵として──
富と名声。両方を手にしたふたり。しかし、マーガレットは真実を公表し闘うと決心する
なぜ彼女は、夫の言いなりになったのか?なぜ彼女は、全てを捨てると決めたのか?アート界を揺るがす大スキャンダルの行方は──?

監督:ティム・バートン
音楽:ダニー・エルフマン『チャーリーとチョコレート工場』、『アリス・イン・ワンダーランド』
美術:リック・ハインリクス『フランケンウィニー』、『ダーク・シャドウ』
衣裳:コリーン・アトウッド『アリス・イン・ワンダーランド』、『シザーハンズ』
出演:マーガレット:エイミー・アダムス『アメリカン・ハッスル』、『ザ・マスター』 ウォルター:クリストフ・ヴァルツ『ジャンゴ 繋がれざる者』、『イングロリアス・バスターズ』

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ティム・バートン

生年月日1958年8月25日(59歳)
星座おとめ座
出生地米・カリフォルニア

ティム・バートンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST