『(500)日のサマー』の脚本コンビが贈る最新作が日本公開決定!

(C)2014 TWENTIETH CENTURY FOX

(C)2014 TWENTIETH CENTURY FOX

運命がくれた、今日が愛しい

ジョン・グリーンの人気ベストセラー小説を『(500)日のサマー』の脚本家コンビが映画化し、全米オープニング興行成績No.1 を達成した感動の物語『The Fault in Our Stars』。本作の邦題が『きっと、星のせいじゃない。』に、公開日も2015年2月20日(金)に決定した。

主人公は、不治の病にかかった若い男女。それなのに、自らを悲観せず夢を追いかけ恋に落ちる2人の姿に“眩しいくらいの明るさと抱えきれないほどの希望がもらえる”と全米で社会現象となる程の感動を呼んだ本作。トム・クルーズ主演作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』などの超大作を押しのけて全米初登場1位を飾ると、その後も世界各国で大ヒットを記録! ティーン・チョイス・アワード2014ではチョイス・ムービー(ドラマ賞)、主演男優賞(ドラマ賞)、主演女優(ドラマ賞)を含む7冠を受賞という快挙を成しとげた。

主人公のヘイゼルとガスを演じるのは、『ファミリー・ツリー』で数々の賞を受賞し、ポスト<ジェニファー・ローレンス>と目されるシャイリーン・ウッドリーと、『キャリー』のアンセル・エルゴートという、フレッシュな若手俳優の2人。さらに、『インランド・エンパイア』のローラ・ダーン、『グランド・ブダペスト・ホテル』のウィレム・デフォーら個性派俳優が脇を固める。
原作は、ジョン・グリーンが16歳で亡くなった友人のエスター・アールをモデルに書き上げ、「ニューヨーク・タイムズ」の2012年のベストセラーリスト第1位となった小説「さよならを待つふたりのために」。脚本は『(500)日のサマー』のスコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバーが手掛け、注目の新鋭監督ジョシュ・ブーンがメガホンをとる。

忘れたふりをしているけれど、誰もが限られた時間の中にいる。
そんな限られた時間の中で2人が見つけた〈0と1の間の小さな無限〉とは──?


映画『きっと、星のせいじゃない。』
2015年2月20日(金)TOHOシネマズ 日本橋他全国ロードショー

運命がくれた、今日が愛しい。
ヘイゼル・グレースは末期のガン患者。今は奇跡的に薬が効いているけれど、学校にも行けず、友達もなく、酸素ボンベが手放せない。ある時ヘイゼルは、両親に言われていやいや参加したガン患者の集会で、片脚を切断して骨肉腫を克服したガスと出会う。独自の感性が光るヘイゼルに恋をしたガスは、彼を傷つけまいと頑に距離を置く彼女に素晴らしい贈りものをする。彼女が大好きな作家にメールを送り、返信をもらったのだ。それがきっかけで二人は、ヘイゼルが知りたいと切望する彼の小説の“その後”を教えてもらうために、オランダへ行くことになる。誰よりも好きなのに“友達”として旅行に出る二人。彼らを待っていたのは、作家の予想もしない言葉だった。さらに旅の最終日、ガスはヘイゼルに重大な事実を打ち明ける──。

原題:The Fault in Our Stars
キャスト:シャイリーン・ウッドリー/アンセル・エルゴート/ナット・ウルフ/ローラ・ダーン/ウィレム・デフォー
監督:ジョシュ・ブーン/脚本:スコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバー
原作:ジョン・グリーン(「さよならを待つふたりのために」岩波書店刊)
配給:20世紀フォックス映画/2014年/アメリカ/上映時間:126分
(C)2014 TWENTIETH CENTURY FOX

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST