別所哲也が一人6役! 映画『TATSUMI マンガに革命を起こした男』初日舞台挨拶

別所哲也氏

別所哲也氏

皆さんの中で感想を言い合いながら大きくなって行く作品(別所)

第64回カンヌ国際映画祭のある視点部門に正式出品され、第84回米アカデミー賞、外国語映画賞のシンガポール代表に選出されるなど世界的な評価を受けている映画『TATSUMI マンガに革命を起こした男』。
2009年手塚治虫文化賞大賞を受賞した「劇画漂流」を基に、大人が楽しめるエンターテイメントの可能性を追求し続け、葛藤と苦悩を繰り返した辰巳ヨシヒロの半生を、シンガポールの映像クリエイター エリック・クーが監督し、辰巳先生の代表的な劇画作品を映像として動かすことに成功したドキュメンタリーアニメーション作品だ。11月15日(土)に初日を迎え、都内で開催された舞台挨拶に本作で一人六役以上の声を担当した別所哲也とアソシエイト・プロデューサーの山本真郷氏がゲスト登壇。

別所氏は「世界的に評価されている辰巳ヨシヒロさんのことを知らない方も多いと思いますので、若い世代の方こそ語り継いでいって欲しいと思う」とまず挨拶。
複数の役を演じた別所は当時“もっとたくさん演じて欲しい”と言われていたことを明かし、収録されている短編の中では主人公と相手役を同時にこなしているものもあるとか。これらは“実写では体験できないチャレンジ”だったようで本人も楽しんだよう。監督のエリックからは「いいね! と褒めてどんどんと録り進めていく感じ」で、あまり要求はなかったと収録現場の様子を語る。

また、辰巳先生に会ったことがあるという別所はその印象について「先生は職人気質で格好良く、“男は黙って仕事”というような方」とコメントすると、辰巳先生から手紙が到着するサプライズ。今日会場にこれなかったことや、映画で劇画の存在を広められることの喜び、製作陣への感謝がつづられた内容に、会場からは自然と拍手が。別所も「ここに一緒に立ちたかった」とその思いを馳せた。

サプライズはそれだけでは終わらず、今度は会場に来ていた辰巳先生の奥様がエリック監督からの手紙を代読。「辰巳先生には実にたくさんの影響を受けました。ですから、この作品は恩返しとして愛情を込めて制作しました。映画を通じて、彼の人生と物語を日本のオーディエンスに、お届けできたことを大変喜ばしく思います」との言葉が。

最後に別所が来場者への感謝の意を述べ、「皆さんの中で感想を言い合いながら大きくなって行く作品。皆さんの力で作品の良さを奥行きを持って伝えていって欲しい」と言葉を贈り、会見を締めくくった。


映画『TATSUMI マンガに革命を起こした男』
角川シネマ新宿他にて公開中!

■監督:エリック・クー
■原作:辰巳ヨシヒロ「劇画漂流」(青林工藝舎刊)
■声の出演:別所哲也(一人6役)、辰巳ヨシヒロ
■配給:スターサンズ
2011/シンガポール/96分/日本語/原題:TATSUMI
(C)ZHAO WEI FILMS

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

辰巳ヨシヒロ

生年月日1935年6月10日(79歳)
星座ふたご座
出生地大阪府

辰巳ヨシヒロの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST