世界へ向けて「発進であります!」―映画『海月姫』ワールドプレミア

長谷川博己、能年玲奈、菅田将暉

長谷川博己、能年玲奈、菅田将暉

日本が世界に誇るオタクカルチャーと、シンデレラストーリーが奇跡の融合を果たした『海月姫』。映画公開の12月よりも一足早く映画の完成を記念し、都内にてワールドプレミア試写会が開催された。

当日は主演の能年玲奈をはじめ、菅田将暉、太田莉菜、馬場園梓(アジアン)、篠原ともえ、片瀬那奈、速水もこみち、長谷川博己ら主要キャストと川村泰祐監督が登場。さらに原作者の東村アキコ、音楽を担当したヒャダインこと前山田健一も登場。全員がレッドカーペットに登場すると、海月にちなんでカーペットが青色にチェンジする演出で幕を開ける。

この2日前、自身のブログで“クラゲ衣装でゆらゆら現れますので、皆さんも是非、クラゲイメージで来てみてくださいね”と呼びかけていた能年。実行してきてくれたファンを発見し「ありがとうございます」と笑顔を見せた。女装した菅田にも「本当にすごかった」と感心しきり。一生懸命楽しんだという菅田に、MCから「女装初めてでしたか?」という問いかけが。変な空気を察知した菅田は「プライベートではないですよ(笑)」と会場を笑わせた。

続けて、童貞エリート・鯉淵を演じた長谷川が「仕事ができてクールなところだけど、女性にウブ。そのギャップ」と自身のキャラクターの魅力を答えると、なぜか会場が静まり返り…すぐさま笑いが。これには「ちゃんと答えただけなのに…」と長谷川もヒヤヒヤ顔。また、こちらも女装の菅田に感心していた太田が「菅田君が時間をかけて美しく作られていく中、私は一瞬で終わって(笑)」と自虐(?)したり、東村に「本当にそっくり」と太鼓判をもらった馬場園、「枯れ専の本を読破して…オジ様を見ると萌え萌えする自分がいた」とカミングアウトした篠原など次々に裏話が飛び出していく。

「私は地上げ屋です!」と挨拶した片瀬は、劇中でお気に入りの台詞を聞かれ“グッモーング エブリワン!”とその場でアドリブだという台詞を披露。共演者から「あれアドリブだったの?」と驚きの声が。そしていまやすっかり“料理男子”の速水は「海月を料理するなら?」といじられると「これから(お客さんが)映画見るのに!?」と言いつつもしっかりとオススメの調理法を答える真面目っぷり。今回映画化されたことに感動した原作者の東村は「すごい俳優さんたちが演じてくれることを申し訳ないと思う」と恐縮しつつ、「(現場では)何度か素通りしてしまった」とまさかの暴露。原作者すらスルーしてしまうほどの完成度の高さは劇中でも注目だ。

  • スペシャルドレスで登場の能年
  • スペシャルドレスで登場の能年
  • 海月イメージトータルコーディネイトを見せた馬場園
  • もはや“料理人”もこみち氏
  • セクシーな衣装で目を引く片瀬
  • “シノラー”感が出ている篠原
  • 太田の海月は耳のピアス
  • クールジャパン戦略担当大臣の山口俊一氏
  • 海月ならではの“ブルーカーペット”

この日の出演者の衣装にはそれぞれ“海月”にちなんだこだわりがあって…。監督は小道具さん手作りの可愛らしいブローチ、前山田はストールと赤海月を表現した真っ赤なパンツ、片瀬はセクシーなセパレートのドレス、東村は「皆さんに比べて華がないので」と言いながら23海月入りの着物を。そして篠原は「は~い撮ってくださいー♪」と慣れた様子でヘッドピースをアピールしながら手作りのネックレスも宣伝し、客席の笑いを誘う。馬場園は手作りのネックレスから「ちょっとのびちゃってます(笑)」というタイツまで全身、大田はピアス…すると「この流れで僕は辛いですね…」という菅田は「一応靴下を青くしたんです」と見えないところまで気遣い。能年は「今日のためだけなんです」という特注のドレスを披露。

当日はスペシャルゲストにクールジャパン戦略担当大臣の山口俊一氏が登壇。「日本のポップカルチャーを外国へ発信していくお手伝いをしている」という山口氏はアニメ版を見ており、実写化にも期待していたという。能年をベタ褒めした山口氏は「もうシリアスな役は来なくなるくらい映画がヒットして欲しい」とエールを贈った。

このエールを受けた川村監督は「日本の内閣府の方に太鼓判を押していただけるのはとても心強い」とコメントし「このまま世界に出て行ければ」と意気込みを語りイベントを締めくくった。


映画『海月姫』12月27日(土)全国ロードショー

オタク女子集団に突如降りかかった史上最大のピンチに、彼女たちが仕掛けた大勝負とは!?

月海は、イラストレーターを志すクラゲオタク女子。小さい頃、亡き母と一緒に見たクラゲのようにひらひらのドレスが似合うお姫様になれる…こともなく、今やすっかり腐った女の子に。男子禁制のアパート“天水館”で、「男を必要としない人生」をモットーとする“尼~ず”たちとオタク道を極めたそれなりに楽しい日々を送っていた。ゆるい日常は、女装美男子と童貞エリートの兄弟の出現によって揺るがされる。さらに、彼女たちの住まいであり心のより所でもある「天水館」=「聖地」が奪われる危機がぼっ発!! 彼女たちは聖地を守れるのか?
尼~ずはバラバラになってしまうのか?そして、「男を必要としない人生」のゆくえは!?

出演:能年玲奈 菅田将暉/池脇千鶴 太田莉菜 馬場園梓(アジアン) 篠原ともえ/片瀬那奈 速水もこみち 平泉成/長谷川博己

監督:川村泰祐 脚本:大野敏哉/川村泰祐 原作:東村アキコ「海月姫」(講談社『Kiss』連載)
ドレスデザイン/スタイリスト:飯嶋久美子 音楽:前山田健一
主題歌:SEKAI NO OWARI「マーメイドラプソディー」TOY'S FACTORY INC
製作:『海月姫』製作委員会 制作・配給:アスミック・エース 制作協力プロダクション:ギークサイト

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST