映画『ストレイヤーズ・クロニクル』岡田将生本格初アクション映像解禁

(C) 本多孝好/集英社 (C) 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会

(C) 本多孝好/集英社 (C) 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会

気鋭のベストセラー作家・本多孝好氏が手がけた新感覚アクション巨編小説「ストレイヤーズ・クロニクル」を『アントキノイノチ』の瀬々敬久監督が完全実写映画化され、2015年6月に全国公開が決定。
キャスト陣には、岡田将生をはじめ、染谷将太や成海璃子など、映画、テレビ、舞台などで活躍を続ける若き実力派が集結。視覚、視神経、脳伝達速度が高度に発達し、視覚で得た情報のみですべての体術を駆使できる最強の男・昴を岡田将生が演じ、自身初となる本格アクションに挑んでいる。

『デスノート』『GANTZ』の製作チームが贈る次世代アクション超大作として期待の高まる本作の特報が公開された。

極限を超えた能力≪ハイパーエクストリーム≫ VS 遺伝子操作による異種混合能力≪ハイブリッドアブノーマル≫ VS 暗躍する政治家たちの野望≪ダークポリティクス≫。三つ巴の戦いの行方はいったい!?


映画『ストレイヤーズ・クロニクル』
2015年6月全国ロードショー

監督:瀬々敬久(『ヘヴンズストーリー』、『アントキノイノチ』など)
原作:本多孝好「ストレイヤーズ・クロニクル」集英社刊
キャスト:岡田将生 染谷将太 成海璃子 松岡茉優 白石隼也 高月彩良 清水尋也 鈴木伸之 栁俊太郎 瀬戸利樹 / 黒島結菜 豊原功補 石橋蓮司 伊原剛志
脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』“第37回日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞”)、瀬々敬久
音楽:安川午朗(『八日目の蝉』日本アカデミー賞最優秀音楽賞受賞、『どろろ』、『ヘヴンズストーリー』)
撮影:近藤龍人(『私の男』『桐島、部活やめるってよ』ほか)
アクション監督:下村勇二(『GANTZ』、『プラチナデータ』、『図書館戦争』)
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C) 本多孝好/集英社 (C) 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST