マギーの心を掴むのはどっちだ!? 映画『トラッシュ!』イベントレポ

(左から前田旺志郎、マギー、濱田龍臣)

(左から前田旺志郎、マギー、濱田龍臣)

スティーヴン・ダルドリー監督×リチャード・カーティス脚本の英国2大トップフィルムメーカーが初タッグで贈る『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』。
初監督作『リトル・ダンサー』から一貫して子供から大人への過渡期である力強くもピュアな心を持った14歳の少年を起用し続け、子供の成長を描いてきたスティーヴン・ダルドリー監督。そんな監督がこだわり続ける“14歳“というテーマにちなみ、「龍馬伝」以降、人気子役として活躍を続ける濱田龍臣と、最年少お笑いコンビ「まえだまえだ」のボケ役としてお茶の間のアイドルとなった前田旺志郎、さらにゲストとして人気のモデル・マギーがイベントに登壇した。

どっちが脱14歳?

映画の感想を聞かれると、「すごくテンポが良かった。子供たちが純粋で正義感がとても強く正義に向かって突っ走る姿が清々しかったし、ハラハラドキドキです!ハッピーエンドで笑顔になれる作品」(マギー)、「ジェットコースタームービーみたいでした! 3人の男の子たちが希望に向かって突っ走っていくところが面白かったです!」(濱田)、「始め30分くらいは残酷なシーンもあって『うわぁ!』てなってたんですけど、途中から少年たちの冒険がとても面白かったです」(前田)とそれぞれコメント。

本日のイベントでは、濱田と前田が身も心も成長した姿をビフォーアフターで披露し、マギーが判定するというスペシャル対決も。
イベント途中に、大人びて変身した2人があたらめて登場。大人らしさのポイントを聞かれると「普段仕事であまりかぶらない帽子です!」(濱田)、「石田さんスタイルです。ノーソックス!(上着を指指しながら)こっちは綾野剛さんを意識してみました」(前田)とそれぞれがアピール。これを見たマギーは「黒の服を着ると一気に大人っぽくなりますね」と目を見張った。

ビフォー

ビフォー

アフター

アフター

服装以外で大人らしさをアピールする場面では、「今173cmくらいあるんですが、まだ伸びしろがあると思います!(笑)」と身長アピールの濱田に対し、前田は「サウナと水風呂を何往復もしてます! どうですか! 大人でしょ!?」と自信満々にアピールするも、マギーからは「それおじさんじゃない?(笑)」と突っ込まれ、会場は大爆笑。

この変身の対決は「前田くんのおじさんも可愛かったけど、伸びしろがある濱田くんに1票!」ということで濱田の勝利(?)に終わり、イベントは盛況のまま幕を閉じた。


映画『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』
2015年1月9日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー!

監督:スティーヴン・ダルドリー『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』
脚本:リチャード・カーティス『ラブ・アクチュアリー』『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』
出演:マーティン・シーン『地獄の黙示録』『ディパーテッド』、ルーニー・マーラ『ドラゴン・タトゥーの女』、ワグネル・モウラ『エリジウム』、セルトン・メロ
配給:東宝東和 (C)Universal Pictures

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

濱田龍臣

生年月日2000年8月27日(18歳)
星座おとめ座
出生地千葉県

濱田龍臣の関連作品一覧

マギー

生年月日1972年5月12日(46歳)
星座おうし座
出生地兵庫県

マギーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST