ロケ地青森から熱いエールもやって来た! 映画『ライアの祈り』完成報告会見

(左から)藤田弓子、武田梨奈、鈴木杏樹、宇梶剛士

(左から)藤田弓子、武田梨奈、鈴木杏樹、宇梶剛士

一番映画化しにくいと思っていた作品(森沢)

人生に臆病になっていたひとりの女性が“人間本来の生き方”のエッセンスに満ちた“縄文時代”に触れ、自身の幸せのカタチを見出して一歩を踏み出していく姿を描く、森田明夫原作の映画『ライアの祈り』。本作の完成報告会見が都内で開催され、主演の鈴木杏樹、宇梶剛士、そして武田梨奈、藤田弓子、製作総指揮の川坂実由貴、原作者の森沢明夫、監督の黒川浩行が登壇。

原作の森沢をして「青森をテーマに3つ書いている中で、一番映画化しにくいと思っていた作品」という本作。製作総指揮を務めた川坂が「“祈りに始まり祈りで終わる”この言葉がすっと浮かんだテーマのある作品。この作品を世に出すことこそ私が目指している地域活性、国を巻き込んで世界に広めていくというテーマにぴったりだった」と思いを語り、森沢も「キャスティングがほぼ思い描いていたままで“ハマったな”と嬉しく思う」と初号試写を前にすでに太鼓判。さらには監督の黒川が「不思議な映画になっていると思う」と作品への自身を覗かせた。

“命って繋がっているんだな”って(鈴木)

恋に臆病になった主人公・大森桃子を演じる鈴木は、その役柄を演じたことで「桃子さんの人生を通して、自分の人生のことも考えさせられました」とコメント。演じるに当たっては「表面的なものだけでなく奥にあるものがさりげなく表現できれば良いなと思っていた」と明かした。その桃子と出会う、遺跡発掘一筋の考古学者・佐久間(クマゴロウ)を演じるのは宇梶。「桃子と偶然出会い、そこから自分が無我夢中になってしまうものがもうひとつ出来てしまう。細かい加減が分からないような男」だというその容姿は「今よりもむさくるしい(笑)」とのこと。

ロケ地の八戸は宇梶いわく「僕が室内のときだけ小雨が降ったくらいで、すべての日が青空だった」とか。また、撮影に当たっては地元の温かい空気に現場も生き生きしていたよう。「本物の遺跡でロケをして、時間を感じることで“生きてるんだな”って、“命って繋がっているんだな”って」と鈴木が話せば、監督も「宇梶さんを“クマになりすぎないように”したり、杏樹さんが素敵な顔をしてしまうのでその顔をさせないように」と現場の気遣いを明かした。そんな現場を「勝手に面白く見ていた」という武田。どうも鈴木と宇梶がロケ地の博物館にあったガチャガチャにはまっていたようで、それを微笑ましく思っていたらしい。桃子の母役を演じた藤田も「宇梶さんの少年のような演技というか初々しい顔が忘れられません」と現場の思い出を語った。

  • 鈴木杏樹
  • 製作総指揮の川坂実由貴
  • 宇梶剛士
  • 武田梨奈
  • 鈴木杏樹と武田梨奈
  • 藤田弓子
  • 原作者の森沢明夫
  • 監督の黒川浩行

これは私たちの映画(松坂氏)

さらにこの日はスペシャルゲストとして、劇中に登場するという“土偶ケーキ”の作者、青森県八戸市の洋菓子店「アルパジョン」のオーナーシェフ松坂和治氏も応援に駆けつけ、「八戸市の市民を代表して駆けつけました。キャストの皆さんおつかれさでした」と挨拶。
「市民一丸となってこの映画を応援しています。これは私たちの映画。みんなの記憶に残る映画です。それを長いロケで一生懸命作っていただいて。市民は一生忘れません。この映画を全国の皆様に伝えて行きたい」とエールを送り、会見を締めくくった。

土偶ケーキ
出演者一覧

映画『ライアの祈り』
2015年初夏全国公開予定

製作総指揮:川阪実由貴
監督:黒川浩行
脚本:寺田敏雄
原作:森沢明夫「ライアの祈り」(小学館刊)
出演:鈴木杏樹、宇梶剛士、武田梨奈、水嶋仁美、大島蓉子、村田雄浩、秋野太作、藤田弓子
企画・製作:エム・ケイ・ツー、制作:ティー・オーエンタテインメント
配給:アイエス・フィールド
(C)2015「ライアの祈り」製作委員会

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST