原作者の東村が続編に言及!? 映画『海月姫』初日舞台挨拶

(左から)川村泰祐監督、片瀬那奈、太田莉菜、菅田将暉、能年玲奈、長谷川博己、篠原ともえ、速水もこみち、東村アキコ 写真:泉隆之

(左から)川村泰祐監督、片瀬那奈、太田莉菜、菅田将暉、能年玲奈、長谷川博己、篠原ともえ、速水もこみち、東村アキコ

原作・東村アキコ、主演・能年玲奈、菅田将暉、長谷川博己ほか豪華キャストで贈る映画『海月姫』が12月27日(土)、ついに公開を迎えた。都内にて、初日初回上映後の舞台挨拶に川村泰祐監督以下、能年玲奈、菅田将暉、長谷川博己、太田莉菜、篠原ともえ、片瀬那奈、速水もこみち、そして原作者の東村アキコが登壇した。

コスプレをしているお客さんも

まず能年が「今日から海月姫祭り本番なので頑張りたい」と祭りの開会宣言。自身が宣伝隊長となりチラシ祭りを提案したり、ブログでカウントダウンをしたことを振り返った。この日は、北ユウレイクラゲをイメージしたという能年手作りのぬいぐるみも登場するサプライズ。

手作りのぬいぐるみを揺らせて見せる能年

手作りのぬいぐるみを揺らせて見せる能年

「マネージャーとしゃべっていて…この日をブラジャー記念日にしようと(笑)」と女装が話題となった菅田を筆頭に、「変態オヤジにならないように若さを出したいなと思った」(長谷川)、「気をつけることがなさすぎてよかった」(太田)、「洋服を地味にすることで人って生まれ変われる」(篠原)、「RIKACOさんのような美脚を誇る菅田君」(片瀬)、「花森のように口を軽くしてみんなに宣伝して」(速水)とそれぞれの思いを語っていく。

当日はコスプレをしているお客さんを見つけて太田や篠原が「月見ちゃんがいますね。可愛い」と突っ込んだり、質問に答えていたつもりが、いつの間にかオリーブオイルでいじられる速水がいたりと、終始和やかに舞台挨拶は進んでいった。

菅田君!!!!

菅田君!!!!

もこみち氏のオリーブオイルはもはや鉄板

もこみち氏のオリーブオイルはもはや鉄板

原作者の東村が続編に言及!?

そして「この漫画は本当に私が好きなものをいっぱい詰め込んで自由に、ちょっと悪ノリして作った」という原作者の東村も「ランウェイのシーンで感動しちゃって涙が出ちゃった」と作品には大満足。監督に感謝しつつも、お客さんに「尼~ずすごかったですよね?」と振ると会場からは大きな拍手。さらには「続編ある感じのラストなんじゃないんですか、あれ?」と自らが熱望するようにコメントをすると会場でも賛同者が続出。

東村だけでなく、自身もショーのシーンがお気に入りだという監督。「小さい頃の月海がつけている髪飾りも能年さんが作ったもの。あまりにも可愛すぎて使わせて欲しいとお願いしました」ととっておきの裏話も披露した。

片瀬は「RIKACOさんのような美脚を誇る菅田君」と現場で言っていたそう

片瀬は「RIKACOさんのような美脚を誇る菅田君」と現場で言っていたそう

東村先生は何気に続編を期待!?

東村先生は何気に続編を期待!?

最後に能年が「これからまだまだ海月姫祭りはたくさんあるので、ぜひお祭りに参加して来ていただけたらと思います。『ロッキー・ホラー・ショー』みたいにコスプレして合唱しながら観てもらいたいと勝手に思っているので、是非また来たときは楽しんでください」としっかりリピーター作り(?)を意識した宣伝隊長らしいコメントで舞台挨拶を締めくくった。


映画『海月姫』
全国大ヒット上映中

オタク女子集団に突如降りかかった史上最大のピンチに、彼女たちが仕掛けた大勝負とは!?

月海は、イラストレーターを志すクラゲオタク女子。小さい頃、亡き母と一緒に見たクラゲのようにひらひらのドレスが似合うお姫様になれる…こともなく、今やすっかり腐った女の子に。男子禁制のアパート“天水館”で、「男を必要としない人生」をモットーとする“尼~ず”たちとオタク道を極めたそれなりに楽しい日々を送っていた。ゆるい日常は、女装美男子と童貞エリートの兄弟の出現によって揺るがされる。さらに、彼女たちの住まいであり心のより所でもある「天水館」=「聖地」が奪われる危機がぼっ発!! 彼女たちは聖地を守れるのか?
尼~ずはバラバラになってしまうのか?そして、「男を必要としない人生」のゆくえは!?

出演:能年玲奈 菅田将暉/池脇千鶴 太田莉菜 馬場園梓(アジアン) 篠原ともえ/片瀬那奈 速水もこみち 平泉成/長谷川博己

監督:川村泰祐 脚本:大野敏哉/川村泰祐 原作:東村アキコ「海月姫」(講談社『Kiss』連載)
ドレスデザイン/スタイリスト:飯嶋久美子 音楽:前山田健一
主題歌:SEKAI NO OWARI「マーメイドラプソディー」TOY'S FACTORY INC
製作:『海月姫』製作委員会 制作・配給:アスミック・エース 制作協力プロダクション:ギークサイト

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST