ぺ・ドゥナ×キム・セロン主演新作の邦題が決定!

(c) 2014 MovieCOLLAGE and PINEHOUSE FILM, ALL RIGHTS RESERVED.

(c) 2014 MovieCOLLAGE and PINEHOUSE FILM, ALL RIGHTS RESERVED.

第一弾ポスタービジュアルも解禁

ハリウッド作品『クラウドアトラス』や『空気人形』のぺ・ドゥナと『アジョシ』、『冬の小鳥』のキム・セロンが主演、『オアシス』『ポエトリーアグネスの詩』のイ・チャンドンがプロデューサーを務め、カンヌ映画祭「ある視点」部門に招待、先月開催された東京フィルメックスコンペティション部門では『扉の少女(仮題)』という仮タイトルで上映され、観客やマコミから絶賛を受けたことでも話題の『ドヒや(原題)』の邦題が、『私の少女』に決定した。

監督を務めたのは、本作で鮮烈な長編デビューを飾った韓国映画界の新星チョン・ジュリ。イ・チャンドン監督が惚れ込み、ぺ・ドゥナが出演を即決したオリジナルの脚本は、港町を舞台に女性警察官と一人の少女との出会いを、家庭内暴力、セクシャルマイノリティ、外国人の不法就労問題など様々な社会問題を交えて力強く描ききる希望の物語。


映画『私の少女』
2015年GWよりユーロスペース、新宿武蔵野館(レイトショー)他にて全国順次ロードショー!

【STORY】
とある港町に、ソウルから左遷されたやってきたエリート警察官だった派出所の所長ヨンナム(ぺ・ドゥナ)。ある日、母親が蒸発し養父ヨンハ(ソン・セビョク)と義理祖母に虐待される少女ドヒ(キム・セロン)と出会う。ドヒを助け出そうと奔走するヨンナムだか、彼女自身の過去が明らかになり、全てを失う危機にさらされる。ヨンナムを救おうとドヒはひとつの決断をするが…。

監督:チョン・ジュリ
プロデューサー:イ・チャンドン
出演:ぺ・ドゥナ、キム・セロン、ソン・セビョク
2014年/韓国/119分
配給:CJ Entertainment Japan

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ペ・ドゥナ

生年月日1979年10月11日(38歳)
星座てんびん座
出生地

ペ・ドゥナの関連作品一覧

キム・セロン

生年月日2000年7月31日(18歳)
星座しし座
出生地

キム・セロンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST