これが狂気(マッド)か―映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』衝撃場面写真が解禁

(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

この21世紀に、『マッドマックス』が帰ってくる

映画『マッドマックス』は、1979年にジョージ・ミラー監督が当時無名だったメル・ギブソンを主演に起用し、低予算でありながらも改造車をふんだんに使い、カーアクション映画の金字塔となった。そしてメル・ギブソンは一躍スターへと駆け上がっていく。2年後の1981年には2作目となる『マッドマックス2』が、さらにその4年後には『マッドマックス/サンダードーム』が公開された。

荒廃した世界感、改造車と暴走族、モヒカン刈りなど『マッドマックス』の世界観は、あの人気漫画「北斗の拳」(原作:武論尊/作画:原哲夫)に多大な影響を与えたとも言われている。

そんな伝説の作品の新作がこの6月に公開される。メル・ギブソンが演じたマックスを受け継いだトム・ハーディーに加え、アカデミー賞(R)女優であるシャーリーズ・セロンがスキンヘッドで登場、巨大トラックを操るボスを演じていることでも話題となっている最新作『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』から衝撃的な場面写真が解禁となった。
主人公・マックスが捕らえられ猿ぐつわで足蹴にされているカット、車上で顔面マスクをした男と格闘しているカット、チューンナップされたバイクで砂漠を駆るマックスの姿をとらえた3点。

資源が枯渇し、都市が消滅、法も秩序も崩壊した荒涼たる未来世界を舞台に、日常に勃発する水と石油の争奪戦が始まろうとしている。生き残りたければ、奪うしかない世界。荒涼たる砂漠を舞台に、容赦ない弱肉強食、躊躇の余地なきサバイバルが勃発する。

奪うか、奪われるか。狩られるか、逃げ延びるか。生き抜くための本気の疾走。二輪、四輪入り乱れる映画史上最もマッドなノンストップカー・バトルがトップスピードで暴走する。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED


映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
2015年6月、全国ロードショー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

メル・ギブソン

生年月日1956年1月3日(62歳)
星座やぎ座
出生地米・ニューヨーク

メル・ギブソンの関連作品一覧

ジョージ・ミラー

生年月日1945年3月3日(73歳)
星座うお座
出生地

ジョージ・ミラーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST