公開直前! SPドラマから連ドラを経て映画化された『ST』の魅力

主役のこの6人だけでなく、関連してくるキャストも粒揃い

主役のこの6人だけでなく、関連してくるキャストも粒揃い

5人のくせ者+1人の常識人、現る

2013年に放送されたスペシャルドラマ「ST 警視庁科学特捜班」。警視庁内に設置されたチーム・科学特捜班(Scientific Task Force、通称ST)に所属する個性の塊の5人がそれぞれの力を遺憾なく発揮し事件を解決するというもの。この5人を纏めるのは、エリートのキャリア警官で主人公の百合根友久。常識人の百合根とSTメンバーの絡み、そして画面を最大限使ったテロップや演出など所々にちりばめられた要素が“警察モノの新たな一面”たる所以であり、視聴者を引き込んだ。

STメンバー

★百合根友久(ゆりねともひさ) as 岡田将生
チームを纏めるリーダー。生粋のメモ魔。STに振り回され、警視庁と板ばさみ状態。

★赤城左門(あかぎさもん) as 藤原竜也
くせ者揃いの4人を束ねてきた研究員。あらゆる化学に精通した法医学者。しかし“対人恐怖症”でガッキー君という謎の人形と共に自宅に引きこもっている。

★青山翔(あおやましょう) as 志田未来
米の大学院を飛び級で卒業、犯罪心理学の博士号を持つ。しかし“秩序恐怖症”。髪型がなんとなく不自然?

★結城翠(ゆうきみどり) as 芦名星
千里眼ならぬ千里耳、そして絶対音感の持ち主。しかし“閉所恐怖症”格好が過激なのはそのため…?

★山吹才蔵(やまぶきさいぞう) as 三宅弘城
警視庁の職員でありながら、実家の寺の仕事もこなしている。しかし“睡眠恐怖症”。黒崎とは「警視庁に入らなければ、ゆくゆくはノーベル科学賞も期待できたコンビ」と評される。

★黒崎勇治(くろさきゆうじ) as 窪田正孝
嗅覚が異常に鋭く、格闘も強いが“先端恐怖症”。言葉にも棘を感じるようになって以来、言葉すら発さなくなる。例外は山吹のみ。

SPドラマの“勝手に所見”

STメンバー5人 vs百合根+警視庁という構図で、視聴者ならきっと百合根目線になって同情するだろう。また、専門用語も多く飛び出す事件の解説がひとつひとつ丁寧、かつ画面をフル活用した文字使いも今っぽくて面白い。細かいところではガッキー君って●●出来るのかと驚愕!(というかガッキー君とは何だ…?) したり、結城はこの美貌で●●だったり、意外すぎる設定なども楽しめる。

SPドラマから「ST」は連続ドラマへ!

舞台はSPドラマから一年後、「ST 赤と白の捜査ファイル」で再びこの6人が帰ってくる(ちなみに赤=赤城、白=百合根の“百合”)。そしてSPドラマを観た人であれば、まずこの写真を見れば驚かずにはいられない。

あれ…赤城…さん? 対人恐怖症だったんじゃ…?

あれ…赤城…さん? 対人恐怖症だったんじゃ…?

自宅に厳重すぎる三重ロックをして引きこもっていた赤木が捜査現場にいる!!!! SPドラマでは最重要人物だった赤城が連ドラでは外に出まくる! これは赤城ファンにとって一番の朗報だろう。さらには一話目から早々にあるものとも決別する。これも驚き。そして連ドラならではの各メンバーにスポットを当てた話があり、実は青山は●●●だったとか、赤城が黒崎にだけ打ち明けることとか、ガッキー君の身長は●●●cmだとか、主題歌を歌うファンキー加藤もある役で出てるよ、とか新発見が多く非常に楽しめる。

タイポグラフィなどのテロップもさらに進化。今では普通になっているSNSやケータイの文字表現だけでなく、パトカーだけの場面にも付いていたときにはさすがに笑ってしまった。役者だけでなく画面全体で魅せてくるのがやはりこのドラマの真骨頂とも言える。

突然やってくる衝撃の結末から映画へ

連続ドラマの最終回、事件も解決してめでたしめでたしと…思いきや、エンドロールも終わったラストカットで赤木が突然逮捕され幕を閉じる。なぜ赤城は逮捕されてしまったのか、そして映画のコピーにもあるとおり、なぜこれがST最後の事件なのか?(これはドラマを観ていれば理由が分かる)。「ST」はSPドラマのときから時間軸もすべて繋がっているので、ここまで観てきた人なら彼らの行く末が気になるに違いない…というかこれを観ずにSTが終われるか! と声を大にして言いたい。

赤城がこうなってしまった理由は…

赤城がこうなってしまった理由は…

STメンバーと対決しなければならないのか…

STメンバーと対決しなければならないのか…

(文:ニュース編集部)


映画『ST 赤と白の捜査ファイル』
2015年1月10日(土)全国東宝系にてロードショー

(C)2015 映画「ST 赤と白の捜査ファイル」制作委員会

(C)2015 映画「ST 赤と白の捜査ファイル」制作委員会

キャスト
藤原竜也 岡田将生
志田未来 芦名星 窪田正孝 三宅弘城 柴本幸 水上剣星
ユースケ・サンタマリア・安達祐実 鈴木梨央/田中哲司
林 遣都 瀬戸朝香 渡部篤郎

スタッフ
主題歌:「太陽」ファンキー加藤(ドリーミュージック・)
原作:今野 敏「ST警視庁科学特捜班」シリーズ(講談社文庫刊)
脚本:渡辺雄介
音楽:木村秀彬
監督:佐藤東弥
企画・制作幹事:日本テレビ放送網
制作プロダクション:日テレ アックスオン
配給:東宝
製作:映画「ST赤と白の捜査ファイル」製作委員会

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

藤原竜也

生年月日1982年5月15日(36歳)
星座おうし座
出生地埼玉県

藤原竜也の関連作品一覧

岡田将生

生年月日1989年8月15日(29歳)
星座しし座
出生地東京都

岡田将生の関連作品一覧

志田未来

生年月日1993年5月10日(25歳)
星座おうし座
出生地神奈川県

志田未来の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST