2015年8月、あの中年テディベアが帰ってくる!『テッド2(原題)』では“あまちゃん”も?

(C)Universal Pictures

(C)Universal Pictures

一体今度は何をやらかす!?

見た目は愛くるしいテディベア、でも中身は下品な中年オヤジ。日本でも一大ブームを巻き起こしたテッドがこの夏、帰ってくる!

解禁となった場面写真には、おなじみジョンとテッドの姿が。水上でウエットスーツに身を包んでいる二人。しかしテッドの手にはスコップ…? 世界一オヤジなテディベアがまさに“あまちゃん”状態だがこの二人にいったい何が??

物語の全貌はこれから明らかになっていくが、セス・マクファーレンが再びメガフォンをとり、テッドの親友ジョン・ベネット役としてマーク・ウォールバーグが続投、そして新ヒロインをアマンダ・セイフライドが演じることがわかっている。


『テッド2』(原題)
8月28日(金)、再出没。

監督:セス・マクファーレン
脚本:セス・マクファーレン、アレック・サルキン
出演者:マーク・ウォールバーグ、アマンダ・セイフライド 他
北米公開:2015年6月26日

テッド

テッド

出演者 マーク・ウォールバーグ  ミラ・クニス  ジョエル・マクヘイル  ジョバンニ・リビジ  パトリック・ウォーバートン  マット・ウォルシュ  ジェシカ・バース  エイディン・ミンクス  ビル・スミトロヴィッチ  ノラ・ジョーンズ
監督 セス・マクファーレン
製作総指揮 ジョナサン・モーン
脚本 セス・マクファーレン  アレック・サルキン  ウェルズリー・ワイルド
音楽 ウォルター・マーフィ
概要 少年時代に奇跡が起こって以来、喋るテディベアと無二の親友として育った主人公が、今や立派な不良エロオヤジと化した相棒に手を焼くさまを、過激な下ネタギャグ満載で描いた大人向けの痛快コメディ。主演はマーク・ウォールバーグ、共演にミラ・クニス。監督はこれが長編デビューのセス・マクファーレン。1985年。クリスマスの夜に奇跡が起こり、孤独な少年ジョンの大好きなテディベア“テッド”が人間のように動いて喋り出す。以来、片時も離れず友情を育んだジョンとテッド。27年後、ジョンはすっかりダメ中年オヤジに成長し、一方のテッドは見た目は変わらずも中身はジョンに輪を掛けて不良で下品なエロオヤジになっていた。そんなテッドの存在に、ついにジョンの恋人ロリーの怒りが爆発し…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

マーク・ウォールバーグ

生年月日1971年6月5日(47歳)
星座ふたご座
出生地米・マサチューセッツ

マーク・ウォールバーグの関連作品一覧

ミラ・クニス

生年月日1983年8月14日(35歳)
星座しし座
出生地ウクライナ・チェルニウツィー

ミラ・クニスの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST