【第72回ゴールデングローブ賞】映画『博士と彼女のセオリー』主演男優賞を含む、2部門受賞!

(c)UNIVERSAL PICTURES

(c)UNIVERSAL PICTURES

“車椅子の天才物理学者”スティーヴン・ホーキング博士の半生と、彼を支え続けた妻との純愛を描く感動のヒューマン・ラブストーリー『博士と彼女のセオリー』(原題:The Theory of Everything)。1月11日(現地時間)に発表された第72回ゴールデン・グローブ賞にて主演男優賞を含む2部門で受賞した。

第72回ゴールデン・グローブ賞 受賞部門
主演男優賞(ドラマ部門):エディ・レッドメイン
作曲賞:ヨハン・ヨハンソン

受賞者のスピーチ
★エディ・レッドメイン(主演男優賞/ドラマ部門

Oh my God!! なんてすごいことが起こっているんだろう…ここにいられる事を心より感謝します。主演男優賞にノミネートされた事自体が僕にとってすごい事でした。これはとても大きな名誉です。(ホーキング家族は)私たちを信頼し、彼らのストーリーを描くことを受け入れてくれた。この映画をきっかけに情熱的でユーモアたっぷりのホーキング博士と出会い、過ごせたことが僕の人生の中でかけがえのないものになりました。監督、プロデューサーにお礼を、そしてフェリシティ・ジョーンズ、とても素晴らしい女優が僕を支えてくれた。素晴らしいチームに感謝したい。そして先日結婚したばかりの僕の妻にも。彼女とは今回のLAにくることをハネムーンにしていたんだけど、忘れられないハネムーン最後の夜になったよ。

★ヨハン・ヨハンソン(作曲賞)
この賞をいただけたことを本当に光栄に思います。素晴らしい『博士と彼女のセオリー』という仕事をもらった時、とてもスムーズに仕事をすることができました。それは、素晴らしい脚本と俳優陣のおかげです。監督のジェームズ・マーシュに、僕をこのチームに招いてくれたことを本当に感謝します。そしてこの作品に関わった全ての人、素晴らしいチーム、アイルランドとデンマークにいる家族に感謝したいです。また作曲するにあたり僕を支えてくれたこの喜びを音楽家や技術者たちと分かち合いたいです。本当にありがとう!


映画『博士と彼女のセオリー』(原題:The Theory of Everything)
3月13日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー

原作:ジェーン・ホーキング著『Travelling to Infinity: My Life with Stephen』
監督:ジェームズ・マーシュ『マン・オン・ワイヤー』
主演:エディ・レッドメイン『レ・ミゼラブル』、フェリシティ・ジョーンズ『アメイジング・スパイダーマン2』、チャーリー・コックス、エミリー・ワトソン、サイモン・マクバーニー
配給:東宝東和 124分 (c)UNIVERSAL PICTURES

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST