【洋画名品館】洋画収集家が名画をご紹介! 戦慄コーナー『ローズマリーの赤ちゃん』

ローズマリーの赤ちゃん

あらゆる洋画を知りつくす館長(城下貴光MD)が、オススメの作品を展示。今月は、時を経ても色あせない、鬼才監督によるホラー映画をピックアップ。

ミア・ファローが妊婦の狂気を体現

ロマン・ポランスキー監督が、悪魔崇拝者たちに狙われた主婦の恐怖を描いたサイコホラー(妊婦の方にはオススメできません。すみません)。何といっても、妊娠による情緒不安定と周囲の人物への不信感から、恐ろしいくらいにどんどんやつれていくミア・ファローの演技が圧巻です。監督の波瀾万丈の半生を知ると、恐怖がより一層増すかもしれません。


ローズマリーの赤ちゃん

『ローズマリーの赤ちゃん』

【STORY】
マンハッタンのアパートに引っ越してきた新妻が、悪夢を見た直後に妊娠が発覚。やがて彼女は周囲で起きる奇妙な出来事や住人たちの過剰な心遣いに恐怖を抱き、追い詰められていく。

製作年:1968年 製作国:アメリカ
監督・脚本 ロマン・ポランスキー
出演 ミア・ファロー、ジョン・カサヴェテス

Copyright © 1968 Paramount Pictures Corporation and William Castle Enterprises, Inc. All Rights Reserved. TM, ® & Copyright © 2004 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ロマン・ポランスキー

生年月日1933年8月18日(85歳)
星座しし座
出生地仏・パリ

ロマン・ポランスキーの関連作品一覧

ミア・ファロー

生年月日1945年2月9日(73歳)
星座みずがめ座
出生地米・ロサンゼルス

ミア・ファローの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST