西田敏行、まさかの一言に松坂桃李も「まさか西田さんからその言葉が…」

(左から)小林聖太郎監督、西田敏行、松坂桃李、miwa、辻井伸行

(左から)小林聖太郎監督、西田敏行、松坂桃李、miwa、辻井伸行

さそうあきら原作、謎の指揮者と負け組楽団員が巻き起こす笑いと涙の本格的音楽エンタテインメント『マエストロ!』の公開直前イベントが都内にて行われ、主演の松坂桃李とmiwa、そして西田敏行、小林聖太郎監督、エンディングテーマを担当した辻井伸行が登壇した。

ちょ、待てよ(西田)

松坂、miwaの挨拶に続いた西田は「こんなにお客さんの顔が見れて嬉しい。試写会…試写会です」と公開前のイベントであることを暗に強調し、早くも会場を笑わせつつも「自信を持ってお薦めできる一級の娯楽映画となりました」と作品の完成度をしっかりアピール。監督の小林は「まだフワフワしています。いろんな思いがあってなかなか言葉に出来ない」と胸の内を語った。

5日の撮影期間で撮ったというコンサートシーン。そこには世界的な指揮者の佐渡裕氏の姿も。佐渡の印象を聞かれた西田は「情熱という形を人間にするとああいう形になるかなと思うくらい。日本人は割と表情が乏しいと言われるけど、豊かな人です。佐渡裕(さどゆたか)です」とまさかのダジャレを披露し、会場は大爆笑。松坂は「大木のような人。オーケストラのメンバーの前に立つだけで、一瞬にして“森”になる」と興奮気味に語れば、miwaは「すごく熱くご指導いただいて。本当は吹けないのに、“フルートやってたんだよね”と言われたのは大変光栄なこと。最高の褒め言葉」と当時を振り返る。

MCから「今日は佐渡さんはいらっしゃいませんので、みなさん、西田さんの指揮を見たいですよね?」と振りが来ると会場からは大きな拍手。これに反応した西田は「ちょ、待てよ(笑)」とどこかで聞いたことのある名台詞を発すると、松坂はすかさず「まさか西田さんからその言葉が…」と応じ、またまた会場を沸かせた。

指揮棒を松坂自ら西田に手渡す

指揮棒を松坂自ら西田に手渡す

緊張の面持ちの西田。果たして成功するのか…?

緊張の面持ちの西田。果たして成功するのか…?

謎の指揮者“天道”を演じている西田が、劇中演奏曲であるベートーヴェン「運命」の指揮を生披露!見事、弦楽四重奏(ヴァイオリン二人とヴィオラ、チェロ)をまとめ、誰もが知る「運命」の出だし<ジャジャジャジャーン>を成功させることができるのか!? ということだったが…この大事な場面に「プレッシャーですけど頑張ってみたいと思う」と西田。緊張の面持ち中、見事一発で指揮すると会場からは大きな拍手が。西田は「素晴らしいプレイヤーの皆さんのお陰で恰好がつきました」と謙遜してみせるが「背筋がピンとなりますよね。フルートを構えたくなる。あの瞬間を思い出した」(miwa)とコメントが飛び出すほど、生ならではの迫力が会場を包んだ。

西田の指揮の余韻もある中で、さらにもう一つのサプライズが観客を沸かせる。エンディングテーマを担当しているピアニスト・辻井伸行が登場し、生演奏を披露。観客はその繊細なピアノの音と弦楽四重奏の演奏に酔いしれた。

辻井の繊細な演奏に会場が酔いしれる。

辻井の繊細な演奏に会場が酔いしれる。

演奏を終えると、会場からはこの日一番の拍手が送られ、辻井は「『マエストロ!』という素晴らしい映画のエンディングテーマを書かせていただいて、感謝している。前から音楽に関わる仕事がしたかったので光栄に思っている」とコメント。演奏を聞いた三人は「感動しちゃって。涙が出て。素晴らしかった」(西田)、「鳥肌が立ちました。背中をそっと押してくれるような音で。癒されたし、勇気をもらいました」(松坂)、「この曲を聞くといろんなことを思い出します」(miwa)と三者三様に思いを語った。

楽曲への想いを聞かれると「みんなでひとつの音楽を作る喜びはすごくあって、みなさんと一つになって演奏していると幸せな気持ちになる。音楽への優しさ、楽しさ、をイメージした」と話す辻井は、現場にも訪れたという。「とても温かい現場で。みなさん楽器を一生懸命練習していて、こんなに弾けるなんて思っていなかったので、びっくりしました。みなさんが熱心に練習しているのを見て、この映画に関わることができて嬉しい気持ちでいっぱい」

感想を語る辻井と、演奏に感動し目元が潤む西田と松坂

感想を語る辻井と、演奏に感動し目元が潤む西田と松坂

「実は辻井さんと同い年で…」と話し始めた松坂。「同い年の人が素晴らしい物を生み出していると思うと…すごい元気をもらえます。違う畑の人達がこういう関わり方ができるのってなかなかない。今回僕たちは音楽という一つのものに引き寄せられたんだなとつくづく実感している」と辻井や映画との出会いを改めて振り返り、「改めて音楽の力は偉大なものだと実感している。みなさんにも置き換えられる部分があるとおもうのでぜひそういったことも感じていただければ」と語り、舞台挨拶を締めくくった。

  • 松坂桃李
  • miwa
  • 西田敏行
  • 小林聖太郎監督
  • TVカメラに手を振る三人

映画『マエストロ』
2015年1月31日(土)全国ロードショー

原作:さそうあきら「マエストロ」(双葉社刊)漫画アクション連載
監督:小林聖太郎(『毎日かあさん』)
脚本:奥寺佐渡子(『八日目の蝉』)
出演:松坂桃李、miwa、古舘寛治、大石吾朗、濱田マリ、河井青葉、池田鉄洋、モロ師岡、村杉蝉之介、小林且弥、中村倫也、斉藤暁、嶋田久作/松重豊/西田敏行
指揮指導・指揮演技指導:佐渡裕
音楽:上野耕路
エンディングテーマ:辻井伸行「マエストロ!」(エイベックス・クラシックス)
配給:松竹、アスミック・エース
(C)2015『マエストロ!』製作委員会(C)さそうあきら/双葉社

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

さそうあきら

生年月日1961年2月9日(57歳)
星座みずがめ座
出生地兵庫県宝塚市

さそうあきらの関連作品一覧

関連サイト

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST