TSUTAYAユーザーが選ぶ、2014年の洋画・邦画No.1が決定!

2014年12月20日の中間発表から1ヵ月。この度、毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催の映画コンクール「毎日映画コンクール」の部門の一つ、「TSUTAYA映画ファン賞」の最終順位が発表され、TSUTAYAユーザーが選んだ洋・邦それぞれNo.1作品が決定した。

※最終投票総数12,740票

邦画TOP10

(C)和月伸宏/集英社 (C)2014「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」製作委員会

(C)和月伸宏/集英社 (C)2014「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」製作委員会

集計期間:2014年11月11日(火)~2014年12月24日(水)

最終 (中間)
1 (1) るろうに剣心『京都大火編』『伝説の最期編』(2014年8月1日/9月13日公開)
2 (2) 永遠の0(2013年12月21日公開)
3 (3) STAND BY ME ドラえもん(2014年8月8日公開)
4 (4) テルマエ・ロマエII(2014年4月26日公開)
5 (6) 紙の月(2014年11月15日公開)
5 (5) 超高速!参勤交代(2014年6月21日公開)
7 (7) 思い出のマーニー(2014年7月19日公開)
8 (8) ホットロード(2014年8月16日公開)
9 (9) 蜩ノ記(2014年10月4日公開)
10 (-) 相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ(2014年4月26日公開)

中間発表からの変動は、紙の月が6位から一つ順位を上げ、5位に。また、10位に「相棒」の劇場版第三弾『相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』がランクインした。上位4作品の強さに揺るぎはなく、1位のるろうに剣心が中間発表からそのまま逃げ切る形となった。

洋画TOP10

(C)Disney

(C)Disney

最終 (中間)
1 (1) アナと雪の女王(2014年3月14日公開)
2 (2) マレフィセント(2014年7月5日公開)
3 (3) GODZILLA ゴジラ(2014年7月25日公開)
4 (4) オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年7月4日公開)
5 (5) トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年8月8日公開)
6 (6) エクスペンダブルズ3(2014年11月1日公開)
7 (7) ホビット 竜に奪われた王国(2014年2月28日公開)
8 (-) ガーティアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年9月13日公開)
9 (8) 猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014年9月19日公開)
10 (9) ジャージー・ボーイズ(2014年9月27日公開)

こちらも上位陣はそのまま最後まで変わらず。8位に『ガーティアンズ・オブ・ギャラクシー』がランクインし、10位につけていた『ノア 約束の舟』が押し出される形となった。

毎日映画コンクールの表彰式は、2月10日(火)にミューザ川崎シンフォニーホールで開催予定。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST