劇中で描かれない人間関係『さよなら歌舞伎町』ノベライズ版発売中

『さよなら歌舞伎町』ノベライズ

『さよなら歌舞伎町』ノベライズ

新宿・歌舞伎町のラブホテルを舞台に、不器用ながらも懸命に生きていく男と女をリアルで温かく描いた、笑って泣ける大人の群像劇『さよなら歌舞伎町』。官能的な映像で男女の心の機微をすくいとってきた廣木隆一が、人生にもがく人々の姿、その希望と再生をユーモアを交えながら、リアルに温かく描く。脚本は日本映画を挑発する数々の名作を生み出してきた荒井晴彦。

主演の徹役には、若手実力派として『寄生獣』など次々と話題作に出演する染谷将太。相手役・沙耶にはトップアイドルから本格派女優の道を歩む前田敦子。そして群像劇を彩るのは、大森南朋、村上淳、田口トモロヲ、松重豊、南果歩など豪華俳優陣。

この度、劇中では描かれない部分を垣間見ることができるノベライズ版が発売された。

著者・相田冬二氏コメント

登場人物それぞれを公平に描くというよりも。そもそも「時間」というものが、だれに対しても公平に降り注いでいるのではないかと考えました。これは、なによりもフェアに生きている主人公=「時間」に出逢ったひとびとの物語。想い出や希望は大切ですが、わたしたちは、過去でもなく、未来でもなく、いまを生きるしかありません。その意味で、どんな生命もまっさらで公平なのです。気がつけば、「時間」になりきって小説を書いていました。朝も昼も夜も次の 朝もぜんぶ大切で、愛おしい。人生に無駄はありませんね。ありがとう、『さよなら歌舞伎町』。

『さよなら歌舞伎町』ノベライズ
定価:¥580(税抜)

好評発売中【2015年1月20日(木)発売】
原作:荒井晴彦/中野太
小説:相田冬二
企画:リンダパブリッシャーズ
発行:泰文堂


映画『さよなら歌舞伎町』
テアトル新宿ほか全国大ヒット公開中

新宿・歌舞伎町のラブホテル。愛が見つからない大人たち、男と女が交錯する、かけがえのない1日
一流ホテルマンと周囲に偽るラブホテルの店長・徹。彼は有名ミュージシャンを目指す沙耶と同棲しているがちょっぴり倦怠期。ある日、徹は、勤め先の歌舞伎町のラブホテルでいつもの苛立つ1日を過ごすはずだった。そこに集まる年齢も職業も違う訳アリな男と女たち。彼らの人生が鮮やかに激しく交錯した時にあらわれる欲望や寂しさ、そして秘密とは―。

出演:染谷将太、前田敦子、イ・ウンウ、ロイ(5tion)、桶井明日香、我妻三輪子、忍成修吾/大森南朋、田口トモロヲ、村上淳、河井青葉、宮崎吐夢、松重豊、南果歩
監督:廣木隆一 脚本:荒井晴彦、中野太
(C)2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会 R15+

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST