溝端淳平「手編みのマフラーをもらってとても感激した」

グレイに扮していたのは溝端淳平

グレイに扮していたのは溝端淳平

50ヵ国以上で翻訳され、全世界で累計1億部(電子書籍を含む)を超える大ベストセラー小説「Fifty Shades of Grey」を実写映画化した『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。先日、日本版のコラボポスターとそのメイキング映像が解禁され、その登場人物が謎とされていたが、ついに本日お披露目となった。

目隠しをして登場した黒沢かずこにドッキリを仕掛ける側として登場した溝端淳平。感激した黒沢から歌を贈られると「生歌が聞けて嬉しい」と感想を述べると、お返しに50本の赤いバラを贈り頭ポンポンのコンボで黒沢を虜に。さらに「髪が綺麗ですね」と言ったまでは良かったが、黒沢が「ズラです」とまさかの回答に会場が大爆笑。

黒沢がグッとくる異性の仕草を再現する溝端

黒沢がグッとくる異性の仕草を再現する溝端

溝端がグッとくる異性の仕草は「落ちたものを拾う所作」だそうで、黒沢も実践してみると「いいですね、そういう感じ」とコメント。逆に黒沢がグッと来るシチュエーション「車のバックの時の男性」を実演する溝端に黒沢も「ありがとうございます!」と恐縮しきり。

今回のコラボポスターでの苦労を聞かれると「髭が濃くないので、胸毛もそうですけどセクシーさを出すのが大変だった」と反省してみせるが、女性陣からは「全然ない方がいいですよ」とフォローが。

溝端が扮したグレイ

溝端が扮したグレイ

映画の中では女性を引っ張っていくグレイ。溝端は「僕も引っ張って行きたいと思っているタイプ」と明かし、「食べることが好きなので、時間があればネットで調べて行く。美味しいところに自分が連れていければなというのが理想」と続けると黒沢も「男性はいろんなパターン行ける方がいいですよね」ノリノリ。

バレンタインの思い出を聞かれると「昔、調子に乗ってチョコレートをあまり好きじゃないと言ったら、本当にくれなくて。でも手編みのマフラーをくれる子がいて、とても感激した思い出があります」とコメント。すると「一つ一つ念がこもってるんですよ」と突っ込む黒沢に「黒沢さん、そういうとこ!」と切り返した。

最後に「男性が観てもすごくドキドキして、男も惚れる男がグレイ。参考になるので、むしろ男のほうが勉強になる映画だと思う。終始キュンキュンする映画です」とアピールし、会見を締めくくった。


映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
2015年2月13日(金)<バレンタイン>全国ロードショー

監督:サム・テイラー=ジョンソン 『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』
原作:「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」(著者:ELジェイムズ、発売:早川書房)
出演:ジェイミー・ドーナン『マリー・アントワネット』、ダコタ・ジョンソン『ソーシャル・ネットワーク』
配給:東宝東和 (C)2014 Universal Studios

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST