絵心ない芸人・徳井画伯の強烈な三連発! 映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』イベント

サー・ランスロット役の徳井義実

サー・ランスロット役の徳井義実

ベン・スティラーやロビン・ウィリアムスほか出演、深夜の博物館を舞台にした『ナイト ミュージアム』シリーズ最終章となる、映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』 の公開アフレコイベントが開催され、サー・ランスロット役(ダン・スティーヴンス)を担当したチュートリアルの徳井義実が登場した。

前回までのあらすじ

失われた石版の力を取り戻すため、第一弾アフレコイベントに登場した渡辺直美は生アフレコだけでなく、「見たいですか?」と訴えながら、担当した警備員姿への生着替え、さらには飛び入りしてきた本物の警備員に極意を伝授されるなどまさにハプニング満載。少し力を取り戻した石版を手に、「次回! 私の事務所の先輩も声優されているので、その方に託したい」と次へバトンを託していたのだ。

前回のイベントで少し力を取り戻した石版

前回のイベントで少し力を取り戻した石版

ランスロットが僕の中に入ってきて、彼に喋らされた

徳井は本作について「まさに誰もが楽しめる娯楽映画。どんなシチュエーションでも観られる。CGもすごくて、なんなら無音でも楽しめるんじゃないかと」と絶賛アピールでイベント開始。配給会社がプロと間違えるほどだったというアフレコは「探り探りながやるうちに、ランスロットが僕の中に入ってきて、彼に喋らされたというか、後半台本すら見ていない」と自身の出来に満足していることを明かした。

またサー・ランスロット役のダン・スティーヴンスから「ランスロットにはハンサムすぎる」とメッセージを送られると「ダンはどう思ってたんですかね? でもダンから見てもそうなんでしょうね」とハンサム芸人の一面もアピール。気を良くした徳井がいざ公開アフレコに挑むが、「正直、マスコミの皆さん…波打ったように静かな状況になっているなと」結果本人も不納得の出来に、せっかく取り戻した石版の力が失われてしまった。これを挽回すべく徳井が“画伯”に変身し、キャラクターの魅力を解説することに。

【お題1】トリケラトプスの骨格標本
徳井は「あの骨のやつ? 何にもわからへん…」と言いつつ描き進める。出来上がった絵には、MCを務めたBコースのタケトも「体の部分が…ほっけを書いたのかっていう…」と指摘。

お手本こちら

お手本はこちら

徳井画伯この日の一枚目

徳井画伯この日の一枚目

【お題2】エジプトのスフィンクス
「スフィンクス…」と呟きながらも、先程より明らかにスイスイ描き進める徳井。タケトも「上手すぎてウケないかもしれない」と中継。出来上がった作品は「側はいいですけど…顔!」とまたまたタケトにツッコまれる。

お手本はこちら

お手本はこちら

筆が進んだ二枚目

筆が進んだ二枚目

【お題3】前作に登場するモアイ像
再び手こずる徳井だが、なんとか描き上げると今度は見本を見るなり「あぁ、そのタイプ?」と不吉なコメントを。「これは酷いですよ! 顔だけですよ! 何か履いてるんですか? これ…」とタケトも笑いながら三度目のツッコミ。

お手本はこちら

お手本はこちら

画伯、まさかのモアイ仁王立ち。やっぱり“履いてます”

画伯、まさかのモアイ仁王立ち。やっぱり“履いてます”

さらに次回に続く…

そしてこの絵を書き終えると…なんと! 失われてしまった石版の力が再び戻り徳井も一安心。そこへタケトから「徳井画伯が書いたイラストを明日(2月3日)よりオフィシャルホームページで掲載、さらに週末から銀座のTOHOシネマズ日劇で展示します!」と報告されると「マジで? TOHOシネマズの人も苦笑いで飾るんやろ?」と嬉しさ半分、複雑さ半分の徳井。

力を取り戻しつつある石版を手に、「再度渡辺直美に石版を託します!」とコメントし、イベントは終了した。

力が戻って一安心

力が戻って一安心

次回、どうなる?

再び石版は託される…


映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』
3月20日(金) TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー

監督:ショーン・レヴィ
出演:ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、オーウェン・ウィルソン、ダン・スティーヴンス、ベン・キングズレー
配給:20世紀フォックス映画

ナイト ミュージアム2

ナイト ミュージアム2

出演者 ベン・スティラー  エイミー・アダムス  ロビン・ウィリアムズ  オーウェン・ウィルソン  リッキー・ジャーヴェイス  クリストファー・ゲスト  ハンク・アザリア  アラン・シャバ  ビル・ヘイダー  スティーブ クーガン
監督 ショーン・レヴィ
製作総指揮 トーマス・ハーメル  ジョシュ・マクラグレン  マーク・ラドクリフ
脚本 ロバート・ベン・ガラント  トーマス・レノン
音楽 アラン・シルヴェストリ
概要 ベン・スティラー主演の大ヒット・ファンタジー・コメディの続編。今回は、ワシントンDCにある世界最大の博物館スミソニアンへ舞台を移し、“魔法の石板”でまたしても大混乱となった博物館の事態収拾に奔走するラリーの活躍を描く。ニューヨークの自然史博物館で起きた展示物たちの大騒動から数年後、元警備員のラリーは息子との絆も取り戻し多忙な日々を送っていた。一方、自然史博物館の改装により、“魔法の石板”の効力で毎晩自由に動き回っていた展示物たちはワシントンのスミソニアン博物館へ移送されることに。しかし、石板も一緒に運ばれてしまったため、今度はスミソニアンの展示物まで甦る事態となってしまい、ラリーのもとにSOSの電話が入るが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ベン・スティラー

生年月日1965年11月30日(52歳)
星座いて座
出生地米・ニューヨーク

ベン・スティラーの関連作品一覧

エイミー・アダムス

生年月日1974年8月20日(44歳)
星座しし座
出生地

エイミー・アダムスの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST