『第9地区』『エリジウム』の監督が贈る最新作の日本公開日が決定

難民エイリアンと人類の対峙を描いて全世界で大ヒットした『第9地区』(2010)、未来の格差社会を鋭く描いた『エリジウム』(2013)と、全世界の映画ファンを未知の体験に誘い続ける監督ニール・ブロムカンプ。彼が新たに挑むのは、2016年のヨハネスブルグを舞台に成長するAIを搭載した人型ロボットを主人公にした監督の原点的野心作だ。

 

僕は……
…人を傷つけてしまう「兵器」
……搭載された人工知能は「こども」‥………パパとママは「ギャング」
…………僕の名前は……チャッピー

2016年―犯罪多発地区、南アフリカヨハネスブルグに世界でただ一体の“感じ、考え、成長する”AI(人工知能)を搭載したロボットが誕生する。彼の名はチャッピー。開発者のディオン(デーヴ・パテル)は極秘でAIを彼に搭載させていた。起動したばかりのチャッピーはまっさらな、まるで子供のよう。ディオンとともにストリートギャングにさらわれたことで、そのAIにはギャングによって生きるための術が叩き込まれていくチャッピー、急速なAIの成長は彼自身のバッテリーが残り5日間だと知るとともに、死への恐怖をも感じてしまう。

チャッピーを演じるのは、『第9地区』『エリジウム』とニール・ブロムカンプ監督の盟友ともいえるシャールト・コプリー。そして、ヒュー・ジャックマン、シガニー・ウィーヴァー、デーヴ・パテルら、演技派俳優たちが顔を揃えている。

“人工知能が知力で人類を上回るようになるかもしれない”(スティーヴン・ホーキング博士)

“我々は、人工知能に非常に注意する必要がある。場合によっては、核兵器より危険だ”(イーロン・マスク/テスラモーターズCEO)

“私も人工知能を恐れている人間の1人だ”(ビル・ゲイツ)


映画『チャッピー』
5月23日(土)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー

監督:ニール・ブロムカンプ
出演:シャールト・コプリー(チャッピー/声など)、ヒュー・ジャックマン、シガニー・ウィーヴァー、デーヴ・パテル
全米公開:3月6日
FACE BOOK:https://www.facebook.com/Chappie.JP

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ニール・ブロムカンプ

生年月日1979年9月17日(39歳)
星座おとめ座
出生地南アフリカ共和国・ヨハネスブルグ

ニール・ブロムカンプの関連作品一覧

ヒュー・ジャックマン

生年月日1968年10月12日(49歳)
星座てんびん座
出生地豪・シドニー

ヒュー・ジャックマンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST