『アーティスト』のミシェル・アザナヴィシウス最新作、邦題&日本公開日決定

(c) La Petite Reine / La Classe Américaine / Roger Arpajou

(c) La Petite Reine / La Classe Américaine / Roger Arpajou

2011年、現代の白黒無声映画『アーティスト』でアカデミー賞作品賞、監督賞ほか全5部門を受賞し、その比類なき才能を全世界に知られることになったミシェル・アザナヴィシウス監督。彼が1946年にアカデミー賞4部門ノミネートされたフレッド・ジンネマン監督『山河遥かなり』から着想を得て製作された映画『THE SEARCH』(原題)の邦題が『あの日の声を探して』に、さらに公開日も4月24日(金)に決定した。

『アーティスト』でのアカデミー賞助演女優賞ノミネートなど、実力派女優のベレニス・ベジョがミシェル監督と再タッグ。また、主人公の少年ハジはオーディションで選んだ素人のチェチェンの少年が務める。両親を亡くし、失意の中で声までも失うが生きることは決してあきらめない、切なくもピュアな少年を堂々と演じきっている。

全編手持ちカメラでグルジアロケを敢行し、徹底したリアリティを追求。“私が監督として立ちたい場所にある作品”という監督の力強い意思が感じられる衝撃の映像は、観る者の魂をゆさぶる、涙なくしてはみられない感動作。

<STORY>
1999年、ロシアに侵攻されるチェチェン。両親を殺され、声を失った9歳の少年ハジ。
一人放浪する彼はEU職員キャロルに拾われる。彼が伝えたかったこととは?
生き別れた姉弟と再び会うことはできるのかー?


映画『あの日の声を探して』
4月24日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開

監督・脚本:ミシェル・アザナヴィシウス『アーティスト』
出演:ベレニス・ベジョ(『アーティスト』)、アネット・ベニング(『キッズ・オールライト』)、アブドゥル・カリム・ママツイエフ、マキシム・エメリヤノフ
原題:THE SEARCH/2014年/フランス・グルジア合作/135分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/字幕翻訳:寺尾次郎
原案:フレッド・ジンネマン『山河遥かなり』
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
配給:ギャガ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST